2006年06月30日

夏に

寂しくて 
零れ落ちてた涙 
止めてくれたのは 
過ぎて行く時間と 
移り変わる季節 
寒さは心まで 
震えさせて 
悲しみを募らせた 
あのまま冬が続いたら 
凍り付いていたよね  

暖かい 
風が吹いてきたから 
心溶け出して 
咲き乱れる花や 
透き通った青空 
目に映る緑が 
そっと心を 
色付かせていくわ 
やさしい春が来なかったら 
気付かないでいたよね  


more…
posted by to_ma_to at 06:24| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

違っていたの

どこが違っていたの 
あなただけを 
見つめてしまったのは 
交わした言葉 
忘れられなくて 
また会いたくなった 
あの時はまだ 
何も知らなくて 
自分の心が 
不思議だった  

何が違っていたの 
あなただけに 
胸が高鳴ったのは 
熱い想いを 
抑え切れなくて 
また会いたくなった 
あの時はもう 
気付いていたのよ 
私の心が 
踊っていた  


more…
posted by to_ma_to at 06:50| Comment(12) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

本当の

いつからだったのか 
心の中の私が 
顔を出したのは 
小さくなって 
隠れていれば 
誰にも知られずに 
笑っていられたのに  

笑顔の下には 
涙をいっぱいにためた 
私がいたのよ 
小さくなって 
泣いていたから 
誰にも知られずに 
強がっていられたの  


more…
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

出会ったときから

出会ったときから 
一人になると 
寂しくなった 
独りの時間 
好きだったのに 
本を読んだり 
ドラマを見たり 
楽しかったはずなのに  

出会ったときから 
二人になると 
うれしくなって 
二人の時間 
待ち焦がれた 
逢いたい想い 
抑え切れずに 
涙こぼしてばかり  


more…
posted by to_ma_to at 06:42| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

どんな色

ピンクの花見ると 
優しい気持ちになれる 
ふわふわした 
恋する心みたい 
ゆらゆら風に 
揺れる花に 
私の想いのせて 
あなたを思い出す  

赤い花があると 
強い気持ちになれるの 
目に焼きつく 
熱い心感じて 
緑の中で 
映える赤に 
私の想いのせて 
あなたに届けたい  


more…
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

抱きしめて

何をしたら 
ほめてくれるの 
何を言えば 
見つめてくれる 
何もできなくて 
何も言えなくて 
ただその手で 
温めてほしかった 
ただ心を 
抱きしめてほしかった  

何をすれば 
笑ってくれるの 
何を聞けば 
答えてくれる 
何もできなくて 
何も聞けなくて 
ただその目で 
見つめててほしかった 
ただ心を 
わかっていてほしかった  


more…
posted by to_ma_to at 07:01| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

あなたとの時間(BlogPet)

前で 子供みたいね 子供みたいね  何も隠すことも
子供をBLOGしなかった?
とまとは、ネットでなく自然など隠すこともなく 自然に笑える あなたの前で 子供みたいね
とまとは、子供とかをBLOGしたかった


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 11:21| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どこで

どこですれ違ったのか 
素通りする言葉 
誰の心にも 
届かないまま 
消えていく 
あなたの心は 
今どこにありますか  

どこへ行けばいいのか 
迷子になった言葉 
閉じられた扉 
開けられる鍵 
探してる 
あなたの心に 
入ってはいけませんか  


more…
posted by to_ma_to at 06:14| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

何が

何がきっかけだったのか 
流れ出した涙 
止めることもできず 
濡れた顔で 
眺める景色も 
降りやまぬ雨で 
びしょ濡れ  

あなたはどこにいるの 
この大地の上で 
私と同じもの 
見つめてるの 
こぼれる涙が 
止まらないように 
雨は降る  


more…
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

ギター

破れたカバーから 
出てきたギター 
かき鳴らしたら 
懐かしい音がした 
狂ったままの 
音色にも 
遠い思い出 
よみがえる  

錆付くことなく 
輝く弦 
爪弾く指が 
切ない調べ鳴らし 
心の中 
残っていた 
あの頃の歌 
流れ出す  


more…
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

旅に出よう

旅に出よう 
行く先も決めずに 
指の向くまま 
気の向くままに 
知らない町へ 
見知らぬ人の 
心にふれるため  

旅に出よう 
方向音痴でも 
迷わず行ける 
小さな箱の 
広い世界へ 
同じ想いの 
友達探すため  


more…
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

たった一人でも

たった一人でも 
信じてくれるなら 
強くなれると 
思いたいけど 
たった一人でも 
わかってくれるのなら 
我慢できると 
思いたいけど  

たった一人でも 
険しい顔をして 
見つめられたら 
泣いてしまうわ 
たった一人でも 
心ない言葉を 
浴びせられたら 
心が痛い  

すべての人に 
わかってほしいなんて 
無理なことだと 
わかっているけど 
すべての人が 
わかりあえるなんて 
夢の夢だと 
わかっているけど  


more…
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

白い雲の上には

白い雲の上には 
青い空がある 
みんなの姿 
見つめていたいけど 
笑顔になれなくて 
雲に隠れて 
泣いている  

白い雲の上には 
泣き虫な空が 
流れる涙 
止めることもできす 
雨に変えてくれた 
優しい雲に 
甘えてる  


more…
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

髪を切ったの

髪を切ったの 
気まぐれな風と 
遊んだ季節は 
いつの間にか 
通り過ぎて 
汗が流れる 
夏がそこまで 
来てるから  

髪を切ったの 
降り続く雨に 
心が重くて 
零れ落ちる 
涙消して 
真っ青な空に 
似合う心に 
なりたくて  


more…
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

明けた空に(BlogPet)

とまとが
寂しいとき どうしたらいいの お酒飲んで 酔えばいいの 酔いつぶれて 眠ってしまえたら 長い夜も 短くなる  寂しくても どうにもできない 飲んでみても 酔えないから 頭の中 自分を見つめる 私がいる さめたなぜして  
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 12:27| Comment(3) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ

ほんの少しでも 
前に進めたようで 
うれしかったの 
だから何度も 
確かめたくて 
なのにどうして 
また後戻りしてる 
この静けさは 
涙を誘うよ 
どこにあるのか 
あなたの心に 
近づけないのはなぜ  

あの日の笑顔は 
私だけのものだと 
思いたくて 
だから何度も 
確かめたくて 
なのに避けてる 
また遠ざかっていくの 
想い伝える 
言葉が途切れ 
不安が募る 
あなたの心に 
近づきたいのになぜ  


more…
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

明けた空に

静か過ぎて 
怖い夜 
明けた空に 
うすぼんやりと 
白い月が 
浮かんでる 
待ってる人は 
まだ来ないの  

雨と一緒に 
泣いた夜 
明けた空に 
ひとすじの雲 
誰のもとへ 
急ぐのか 
強き想い 
空を翔る  


more…
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

あなたとの時間

何も考えなくても 
何も隠すこともなく 
自然でいられる 
あなたとの時間 
泣いたり笑ったり 
そのままの私 
あなたの前で 
子供みたいね  

何も構えることなく 
何も疑うことなく 
自然に笑える 
あなたとの時間 
何も怖いもの 
なくなったみたいに 
あなたがいれば 
強くなれるの  


more…
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(15) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

いつかあなたが

晴れた日は 
暖かい 
思い出の色になり 
薄くほほを染めた 
花になる 
いつかあなたが 
見つめる時 
幸せ色に 
染まっているわ  

雨の日は 
寂しさに 
濡れた心の中に 
青い空映した 
花になる 
いつかあなたが 
ふりむく時 
晴れた心が 
見えるように  


more…
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

言葉たち

声にならない言葉たち 
心の中に隠れたまま 
小さくなって泣いている 
外に出たいのに 
怖くてできない 
聞いてほしいのに 
うまく言えなくて 
だから今日も 
出口を探して 
言葉たちを書きつづる  

声にできない言葉たち 
心の中に溜め込んでは 
疲れ果てて泣いている 
重くて辛いと 
投げ出したくても 
置いていける場所 
どこにも見えない 
だから今日も 
涙ためながら 
言葉たちを書きつづる  


more…
posted by to_ma_to at 06:39| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする