2006年10月31日

歌を教えて(BlogPet)

今、想いとか泣きたくなる
大きい悲しみとか消えていくなら 瞳が濡れる 歌を教えて 苦しいのよ 悲しみが強すぎて 苦しいのよ 想い今も募るの 心の中は 涙でいっぱいだから 流してしまえば 軽くなるのに こぼれて来ない 乾いた瞳 涙でいっぱいだから 流して 心の中の あなたを忘れたくて 心の中は 涙ですべてが 消えていくなら
大きい悲しみとかをBLOGしたかったの  泣きたくなるの あなたを忘れたくなる
大きい悲しみと、悲しみとか乾いたの?
とか思った?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 11:17| Comment(2) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつもそばで

いつもそばで 
笑っていたのに 
二人黙ったまま 
悲しい時間が 
過ぎていく 
出てしまった言葉は 
もう取り戻せなくて 
君の記憶から 
消すことはできない  

手を伸ばせば 
触れられるのに 
二人動けぬまま 
さびしい時間が 
過ぎていく 
突き刺さった言葉は  
まだ心傷つけて 
あなたに会うたび 
涙が流れるの  


more…
posted by to_ma_to at 06:52| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

流れる涙は

絶え間なく 
行き交う言葉に 
胸躍らせて 
流れる涙は 
うれしさに溢れて 
あなたが住みついた 
私の心 
温かくて 
誰にでもやさしく 
なれると思ったのに  

途切れだす 
言葉に不安が 
募る心に 
流れる涙は 
寂しくて止まらず 
あなたが消えそうな 
私の心 
暗く沈み 
誰にも笑えない 
悲しみが強くて  


more…
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

君に

何も言わないで 
君はどこへ 
私の心 
置き去りにして 
いつかこんな日が 
やって来ると 
わかっていたけれど 
笑っていたかった 
君のそばで  

君と一緒にいた 
時間はもう 
戻っては来ない 
想い出だけを 
私に残して 
過ぎていく 
わかっていたけれど 
笑っていたかった 
君といつも  


more…
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

悲しい歌

悲しい歌 
聞きたくなるの 
心の中は 
涙でいっぱいだから 
流してしまえば 
軽くなるのに 
こぼれて来ない 
乾いた瞳 
苦しいのよ 
悲しみが強すぎて  

泣きたくなる 
歌を聞かせて 
心の中の 
あなたを忘れたくて 
涙ですべてが 
消えていくなら 
瞳が濡れる 
歌を教えて 
苦しいのよ 
想い今も募るの  


more…
posted by to_ma_to at 07:01| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

白い鳥

重い心かかえて 
乗り込む電車 
窓に流れる 
風景の中に 
翼広げて飛ぶ 
白い鳥を見た 
いいことあるよ 
そういった君の笑顔 
見ているだけで 
心が軽くなった  

解きほぐされた心 
君の言葉に 
笑顔が浮かぶ 
青空の中に 
浮かぶ白い鳥が 
輝いて見えた 
いいことあるよ 
そういった君がとても 
素敵に見えて 
心がときめいた  


more…
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(7) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

晴れた空から

晴れた空から 
零れ落ちる雨 
泣いているのは 
誰ですか 
隠しても隠しても 
あふれる想い 
止められなくて 
この胸から 
零れ落ちた 

風に吹かれて 
流れてきたのか 
冷たい雨が 
降り注ぐ 
どんなに抱きしめても 
さまよう想い 
誰を探して 
この胸から 
飛び出した  


more…
posted by to_ma_to at 06:27| Comment(18) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

占って

起こったことは 
後戻りできない 
先のことは 
誰にもわからない 
心の中 
見ることはできない 
そんなことは 
わかっているけれど 
明かりが見えるなら 
占ってみたくなる  

あなたに会って 
落ち着かない心 
どんなことも 
気になってしまうから 
心の中 
少しでも知りたい 
近づきたい 
あなたの心に 
道がわかるのなら 
占ってみたくなる  


more…
posted by to_ma_to at 06:20| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

浮かびになれる(BlogPet)

ほんとうは、とまとは
静かに流れていく 時間はとても やさしくて 変わらぬあなたの 浮かびのように 心が温かく なりました  何気ない会話さえ 何もないのに そばにいる それだけでなぜか 浮かびになれる 夢を見てるような 日が過ぎる  
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 11:23| Comment(5) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮かびました

激しい雨が 
嘘のように 
穏やかな日差し 
戻ってきた午後 
青い空が 
泣かないでと 
笑っているようで 
あふれ出てた涙が 
止まりました  

曇り空から 
顔を出して 
輝く太陽に 
やっと会えた午後 
鳥も虫も 
楽しそうに 
歌いだしたから 
硬く閉じた唇 
開きました  


more…
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

やさしい雨

いつの間にか 
雨音が響く 
痺れを切らした 
大地が呼んだのか 
乾いているのは 
心も同じ 
潤い求めて 
呼んでいるのに 
答えてはくれない  

しおれそうな 
緑が喜ぶ 
突然の雨を 
素直になれなくて 
寂しがる心 
乾いてしまった 
心の中にも 
恵みの雨を 
降らせてほしいのに  


more…
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

時間は

静かに流れていく 
時間はとても 
やさしくて 
変わらぬあなたの 
笑顔のように 
心が温かく 
なりました  

何気ない会話さえ 
何もないのに 
そばにいる 
それだけでなぜか 
笑顔になれる 
夢を見てるような 
日が過ぎる  


more…
posted by to_ma_to at 06:51| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

実りの秋

誰にも気づかれぬまま 
寒い冬が来て 
このまま枯れていくより 
あなただけに 
いつの日か 
見つめられたい 
小さな心を 
輝くオレンジに染め 
あなたが来るのを待つわ  

何も寄せ付けぬように 
この身まとったとげ 
心の中には誰も 
知らぬ想い 
隠してる 
甘く心が 
開いたときには 
私の想いの形 
その手で受け止めてね  


more…
posted by to_ma_to at 07:36| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

オジギソウ

そっと触れただけで 
うつむくように 
閉じてしまう 
オジギソウ 
怖がらないで 
この手の温もり 
伝えたかっただけなの 
風に揺れて 
震えていたから  

気まぐれな風に 
見つからぬよう 
閉じてしまう 
オジギソウ 
びっくりしないで 
一緒に遊ぼうと 
誘いに来ただけなの 
独りぼっちが 
寂しくなったから  


more…
posted by to_ma_to at 06:28| Comment(12) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

夢を

ベルが鳴る前に 
目覚めた朝 
ひんやりした空気に 
濡れた頬が冷たい 
夢を見ていたのね 
あなたに逢えて 
うれしかったの 
言葉よりも涙 
流れて止まらなかった  

夜は冷たくて 
寝つけぬまま 
何度も寝返りして 
起きていたはずなのに 
夢を見ていたのね 
あなたが笑って 
待っていたのよ 
笑顔よりも涙 
あふれて止まらなかった  


more…
posted by to_ma_to at 06:27| Comment(12) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

そばにいるよ

そばにいても 
寂しいなんて 
心はどこを 
さまよっているの 
遠くの星は 
輝いて見えるけど 
あなたのすべてを 
温めてはくれない  

そばにいても 
悲しいなんて 
心は何を 
見つめているの 
遠くの月は 
夜を照らしてるけど 
あなたのすべてを 
受け止めてはくれない  


more…
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

きょうは(BlogPet)

きょうは、トーマが俳句を詠んでみようと思うの

 「あの誰か 早く過ぎるの 誰かだね」


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 11:33| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の迷宮

迷い込んだら 
出られない 
心の迷宮 
誰が作ったの 
二人一緒なら 
いつか出口が 
見つかると 
思っていたのは 
私だけなの 
ひとりじゃ前も 
見えないよ  

どこを歩いて 
いるのだろ 
心の迷宮 
先が見えない 
ひとり残され 
どうしたらいい 
溢れ出す 
涙で何も 
見えなくなるの 
止めてください 
この涙  


more…
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

取り扱い説明書

なぜだか気になる 
言葉も態度も 
どういう意味なの 
優しく教えて 
中途半端なの 
どっちかわからない 
いつも迷うのよ 
泣きたくなるほど 
ほしいものがある 
あなたがよくわかる 
取り扱い説明書 
どこにあるか教えて  

何を考えて 
何を思ってるの 
わたしはあなたの 
心にいますか 
少しでも心 
触れていたいから 
少しでもあなた 
感じていたくて 
ほしいものがある 
心がわかるなら 
取り扱い説明書 
あなたをもっと教えて  


more…
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

聞こえてくるのは

聞こえてくるのは 
切ないギターの響き 
懐かしい歌が 
あの人を思い出させる 
長い前髪かきわけて 
歌う姿にあこがれた 
淡い想いに心 
ときめかせた遠い日  

聞こえてくるのは 
哀しい恋の歌か 
流れるメロディーに 
忘れられない思い出が 
浮かんでは涙を誘う 
今もまだ切なくなるの 
はじめて知った心の 
痛みに泣いたあの日  


more…
posted by to_ma_to at 06:29| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする