2006年12月31日

伝えたい言葉

ありがとうって 
何回言ったかな 
いくら言っても 
足りない気がして 
涙止まらぬときも 
笑顔になれたのは 
あなたがいたから 
だから何度でも 
言いたいの  

ありがとうって 
思うだけじゃなく 
声に出して 
伝えたい言葉 
包み込むやさしさで 
甘えさせてくれた 
あなたがいたから 
だから何度でも 
言いたいの  


more…
posted by to_ma_to at 07:23| Comment(24) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

小さな雪

青い空から 
小さな雪が 
風にのって 
舞い落ちる 
ふわりふわり 
冬の贈り物 
私の心に 
舞い降りる  

白い雪の子 
どこまで行くの 
風にのって 
舞い上がる 
ふわりふわり 
冬の贈り物 
あなたの心を 
探してる  


more…
posted by to_ma_to at 07:23| Comment(15) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

切れそうな糸

切れそうな糸 
泣きながら 
結び直すたびに 
膨れ上がる不安 
切れてしまったら 
どうしたらいい 
この涙 
止まらなかったら 
どうしたらいい  

切れそうな糸 
見つめてる 
壊れそうな心 
あなたはわからない 
切れてしまったら 
もう結べない 
この涙 
止まることなく 
溺れてしまう  


more…
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(20) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

日々は意地悪で(BlogPet)

こないだ、とまとが
日々は意地悪で あなたに逢える その日まで 舞い散る枯葉 寂しく積もる 凍える日々にも 負けないでだよ♪*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 12:56| Comment(2) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

意地悪な

昨日は笑って 
今日は泣いてる 
心はいつも 
留まることなく 
動いているわ 
あの空のように 
意地悪な雲が 
やってくるから  

昨日は晴れて 
今日は雨降り 
青空隠れ 
心まで暗い 
雲が広がる 
あの空のように 
意地悪なあなた 
どこにいるの  


more…
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

戻らぬ返事

いつもと同じ 
わかってたはずなのに 
過ぎてしまった時間 
涙がこぼれる 
少しだけ期待して 
待ちわびてた心 
戻らぬ返事 
それが答え  

いつもと同じ 
あなたにとってはきっと 
いつもと変わらない 
日々が過ぎただけ 
少しだけ期待した 
満たされない心 
戻らぬ返事 
それが答え  


more…
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

夜回り

拍子木の音に 
子供達の声 
気をつけてね 
確かめてと 
声を張り上げ 
夜の街を歩いた 
遠い日が浮かぶ 
楽しそうな 
私がいた  

遠くまで響く 
拍子木叩いて 
いつもよりも 
大きな声 
怖いはずだった 
夜をみんなと一緒に 
歩いた冬の日 
空の星が 
輝いてた  


more…
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

君は今

生まれる前から 
勝ち抜いてきた 
君の命は 
勝利の証 
たくさんの愛を 
受け取るために 
たくさんの愛を 
与えるために 
君は今 
生きているんだ  

生まれた瞬間 
聞いた産声 
小さな声は 
命の呼吸 
たくさんの愛を 
感じるために 
たくさんの愛を 
届けるために 
君は今 
生きているんだ  


more…
posted by to_ma_to at 06:28| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

クリスマスツリー

大きな大きな 
クリスマスツリー 
天井まで 
届きそうよ 
お父さんが 
切ってきたの 
緑が香ってくるよ 
雪のような白い綿 
いっぱいのせましょう  

きらきら灯りが 
点いては消えて 
暗い夜の 
星のように 
お母さんが 
飾りつけ 
心が躍りだすよ 
サンタさんの赤い靴 
いっぱいぶらさげて  


more…
posted by to_ma_to at 07:42| Comment(16) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

暗い空を

暗い空の中なら 
光っていられるのに 
あなたの前だと 
白く浮かぶ月 
誰の目にも 
映らないまま 
いつも泣きそうで  

暗い空にいたんじゃ 
あなたに逢えなくて 
青空の中へ 
飛び出したくなった 
誰の目にも 
見つめられずに 
消えたくはなくて  


more…
posted by to_ma_to at 08:49| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

その声は

その声は 
私を呼んで 
その指は 
私を探し 
その瞳 
私を見つめ 
だからこの手で 
守ろうと 
思ったんだ  

その声は 
私を求め 
その指は 
私を掴み 
その瞳 
私を映し 
だからこの手で 
守ろうと 
決めたんだ  


more…
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(15) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

窓の外は

窓の外は陽だまり 
やさしい日差しが 
降り注いで 
まるで春みたい 
冷たい風 
吹いていても 
私の心のように 
温かい  

窓の外は青空 
薄雲のカーテン 
いっぱい広げ 
まるで春みたい 
空に滲む 
飛行機雲 
私の心のような 
想い雲  


more…
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

その日まで(BlogPet)

広い枯葉とか、大きい枯葉や、冷たい枯葉とかをBLOGしなかった
日々は、ネットで枯葉とかをBLOGしたかった?
日々は枯葉などをBLOGしなかった?
日々はネットで あなたに逢える その日まで 舞い散る枯葉 寂しく積もる 凍える日々にも 負けないで
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 10:37| Comment(3) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早く

何気ない言葉でも 
やさしさが滲み出てる 
あなたからのメール 
届くたびに 
沈んでた心 
浮かんでくるの 
いつものメロディ 
早く鳴らしてね  

耳に馴染んだ声に 
笑顔が浮かんでくるわ 
あなたから電話 
かかるたびに 
寂しかった心 
温かくなる 
いつものメロディ 
早く聞かせてね  


more…
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

逢えた時は

逢えた時は笑顔で 
泣き顔なんか 
きっと見たくない 
心の中まで 
見つめないでね 
涙隠して 
あなたに笑顔 
見せてるのだから  

時には泣きたくなって 
甘えたくなる 
弱い私も 
わかってほしいのに 
顔に出せない 
空元気出し 
あなたに涙 
見つからぬように  


more…
posted by to_ma_to at 06:22| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

冬が来ても

風にのって 
この想いが 
遠くあなたまで 
伝わるなら 
どんなに風が 
強くても 
我慢するわ 
木枯らし吹く 
冬が来ても  

雨になって 
この想いが 
あなたの上にも 
落ちるのなら 
冷たい雨が 
降ってきても 
我慢するわ 
凍りそうな 
冬が来ても  


more…
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(17) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

冬の夜は

冬の夜は長く 
寂しさが募る 
心まで暗くして 
涙がこぼれそう 
もう眠ろうか 
悲しい言葉 
思い出す前に  

さようなら太陽 
こんにちは月よ 
やさしい灯りでそっと 
心を照らしてよ 
もう眠るから 
瞳閉じても 
怖くないように  


more…
posted by to_ma_to at 07:08| Comment(12) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

何だか

晴れた空が 
青く輝いて 
白い雲が 
ふわりおいしそう 
日差し浴びた 
風がやさしくて 
何だか良い事 
ありそうな気がした  

白い月が 
ぽっかり浮かんでる 
飛行機雲 
どこまでも伸びて 
雲の隙間 
こぼれる日差しに 
何だか良い事 
ありそうな気がした  


more…
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

誰よりも

誰の言葉も 
聞こえない 
心に蓋して 
閉じこもって 
ほらほらまた 
泣いてるの 
涙の乾く 
暇がないね  

何があろうと 
泣かないで 
心を開いて 
上向いて 
ほらほらまた 
泣き顔で 
涙こぼれて 
濡れてしまう  


more…
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(10) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

いつも

雨に濡れる大地 
空の悲しみすべて受け 
どこへ流れていく 
いつかは海に 
そしてまた空へと 
私の涙はどこへ 
あなたの笑顔を求めて 
流れていくの  

心まで濡らして 
沈みこむ小さな心 
雨はいつかは止む 
そう言い聞かせ 
暗い空見上げる 
あなたの笑顔のような 
広くてやさしい色した 
空が見たくて  


more…
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(8) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする