2007年03月31日

こんな日は

小さなことから 
膨らんでいく不安 
あれもこれもと 
悪いことばかり 
浮かんでくるから 
重くなる心 
後ろ向きだね 
こんな日は 
何も考えずに 
眠ってしまえば 
明るい朝がやってくる  

起こってもないこと 
くよくよ思い悩む 
悪い癖だね 
暗いことばかり 
思いつくなんて 
辛くなる心 
また泣きたいの 
こんな日は 
頭空っぽにして 
大好きな歌 
繰り返し聞いていよう  


more…
posted by to_ma_to at 06:51| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

もう終わりにするわ

忘れられたくなくて 
送り続けていたの 
心は今もあなた 
そう思いたかっただけ 
時の流れを 
止められないように 
薄れていく想い 
もう終わりにするわ 
あなたの声も 
想い出せない  

忘れられたくなくて 
引き伸ばしていただけ 
心はすでにあなた 
離れていたのでしょ 
二人の時間 
二度と戻らないと 
わかってたはずなのに 
もう終わりにするわ 
あなたの笑顔 
消さないように  


more…
posted by to_ma_to at 06:28| Comment(15) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

きょうトーマが春のへ雲へ背伸びしなかった(BlogPet)

きょうトーマが春のへ雲へ背伸びしなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 10:42| Comment(2) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界は広がる

いつまでたっても 
わからないことばかり 
恥をかいたり 
涙こぼしたり 
いつでも自分が 
いやになってしまう 
何をするのも 
怖くなっていくのを 
止められない  

知らないことが 
次々に増えていく 
追いつけなくて 
取り残されたら 
不安が広がって 
臆病になるの 
何をするのも 
自信が持てなくて 
沈んでいく  


more…
posted by to_ma_to at 06:38| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

記念日

いつもなら私が 
忘れているのに 
思い出したの 
大切なことを 
あやふやな記憶 
お祝いらしいこと 
したりしないから 
忘れてしまうのかな 
二人の記念日  

いつもならあなたが 
憶えているのに 
忘れていたの 
あなたらしくない 
疲れていたのね 
ケーキもプレゼントも 
何もしないから 
忘れてしまうのかな 
二人の記念日  


more…
posted by to_ma_to at 06:29| Comment(12) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

君のいない部屋

君のいない部屋は 
どこかさびしくて 
涙が出そうになる 
いつもと変わらない 
日常の中で 
ひとり浮いていく 
心を感じては 
もれるため息 
この部屋は広すぎる  

君のいない部屋は 
何か足らなくて 
笑う気にもなれない 
時間は変わらずに 
過ぎていくけれど 
ひとり立ちすくみ 
心止めたまま 
もれるため息 
この部屋は暗すぎる  


more…
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(8) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

春も笑う

小さな顔 
のぞかせて 
風のやさしさ 
感じてみる 
空は青く 
温かい 
日差し浴びたら 
背伸びするわ  

固いつぼみ 
色づいて 
春の足音 
聞こえてくる 
鳥は歌い 
空高く 
どこまで行くの 
雲追いかけ  


more…
posted by to_ma_to at 06:28| Comment(12) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

旅立ちの日

君の笑顔はいつも 
心和ませて 
やさしさをくれた 
忙しさに心 
なくしそうなときも 
ホッとしたんだ 
行きたくないって 
拒否する心も 
君に逢ったとたん 
消えて行ったよ  

君の笑顔があれば 
辛いことにだって 
負けないと思った 
落ち込んだ心を 
そっと引き上げるのは 
いつも君で 
辞めたい想いも 
逢えなくなるのが 
寂しく思えて 
消えて行ったよ  


more…
posted by to_ma_to at 07:11| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

二人はひとつ

何でもないこと 
話して笑う 
行き交う言葉が 
絶えないように 
いつまでも 
話していたい 
私の胸は 
あなたの声で 
いっぱいになるの  

つかの間の時間 
つながった心 
行き交う想いが 
温もりくれる 
いつまでも 
変わらぬままで 
私の願い 
あなたの願い 
祈り続ける  


more…
posted by to_ma_to at 07:03| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

何を言っても

何も言わずに 
離れ離れに 
あなたがそう 
決めたのなら 
何を言っても 
無理なのでしょうね 
このまま黙って 
見送るしか 
私にはできない  

何があろうと 
いつも一緒だと 
私はそう 
思っていたわ 
何を言っても 
取り戻せないの 
このままふたり 
背を向け合って 
二度と会えないのね  


more…
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(14) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

きのうはここへ鉄棒を給食するはずだったの(BlogPet)

きのうはここへ鉄棒を給食するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 10:31| Comment(2) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたがいなくても

風が少し 
やさしくなって 
空が少し 
眩しくなって 
心が少し 
晴れてきたの 
あなたがいなくても 
春はやってくる  

山が少し 
霞んでいる 
木々が少し 
芽吹いている 
心が少し 
動き出した 
あなたがいなくても 
時は流れる  


more…
posted by to_ma_to at 06:43| Comment(7) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

きっとあなたは

空が青いから 
少しだけ見とれてた 
ふわふわ浮かぶ雲に 
乗れたらいいな 
風に流されて 
どこまで行ける 
あなたのところへ 
行けたらいいな 
びっくりしてる 
あなたの顔 
見れたらいいな  

空が笑うから 
少しだけ油断した 
温かい日差し受け 
眠りが襲う 
うつらうつらした 
頭の中に 
ぼんやり浮かんだ 
あなたの顔が 
笑ってたのか 
困ってたのか 
思い出せない  


more…
posted by to_ma_to at 07:58| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

やっと逢えたね

やっと逢えたね 
どこか懐かしい 
君の顔 
小さな手も足も 
指の一つ一つまで 
動いてる不思議 
この声を 
覚えているかな 
これからは 
抱きしめてあげるね  

やっと逢えたね 
真っ赤になりながら 
泣く君に 
小さなその口に 
吸い込まれてしまう指 
お腹空いてるの 
泣き声が 
聞こえたらすぐに 
来るからね 
いつも君のために  


more…
posted by to_ma_to at 06:13| Comment(11) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

大切なもの

大切なもの 
見つけたの 
温かくて 
やさしくなれるもの 
どんなにきれいな 
宝石よりも 
輝いているわ 
いつまでも 
心の中で 
抱きしめていたい  

大切なもの 
気付いたの 
いつの間にか 
心の中にいた 
いつでも静かに 
私の心 
見守ってくれてる 
知らぬ間に 
心の中は 
あなたでいっぱいに  


more…
posted by to_ma_to at 06:20| Comment(13) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

あの夢は

あの夢は 
小さかった頃 
ひとり残されて 
給食見つめてた 
どうしても 
食べられなくて 
泣いていた 
小さな私 
どうして今頃 
思い出すのかな 
もう何でも 
食べられるのに  

あの夢は 
小さかった頃 
泣き叫びながら 
鉄棒につかまって 
どうしても 
跳び上がれない 
怖がってた 
小さな私 
どうして今頃 
思い出すのかな 
出来なくたって 
困らないのに  


more…
posted by to_ma_to at 06:45| Comment(18) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

いつまでも

夏から秋に 
めばえた想い 
走り出して 
つまづいた 
花をつけた時計草 
いつしかうつむいて 
はらはら散っていく 
消してしまいたい 
この痛む心 
いつまでも 
いつまでも  

秋から冬に 
涙に濡れて 
想いがそっと 
凍りつく 
小さくなった時計草 
吹き抜けていく風 
すべてを散らして 
思い出さぬよう 
時を止めていて 
いつまでも 
いつまでも  


more…
posted by to_ma_to at 07:30| Comment(7) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

もうあなたが

まだ冷たい風が 
吹いていても 
日差しはやさしく 
そっと心まで 
包んでくれる 
忘れられない想いは 
心の奥に沈めて 
もう泣くのは 
終わりにしよう  

まだ冷たい雨が 
落ちてきても 
雨上がりの空 
そっと心まで 
澄み切った青に 
泣いてばかりの想いも 
いつかは乾いていくわ 
もう笑顔に 
なってもいいよね  


more…
posted by to_ma_to at 06:50| Comment(9) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

笑顔でいるから(BlogPet)

笑顔を我慢してる いつになったら いつになったら あなたのために 笑顔でいるから 我慢しなかったの♪
いつか、ネットで大きい笑顔などを我慢しなかったの♪
とまとは、笑顔とかなったら
いつか、ネットで嫌いとかなったら


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「トーマ」が書きました。

posted by to_ma_to at 10:38| Comment(3) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幻に

どこだったのか 
最初にふたり 
出会ったのは 
忘れられないほど 
うれしかった出来事 
話す言葉すべて 
心に染み込み 
涙があふれたの  

いつだったのか 
最後に声を 
聞いたのは 
忘れてしまうほど 
遠い日になっていく 
交わした会話さえ 
思い出せなくて 
泣くこともなくなった  


more…
posted by to_ma_to at 06:18| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする