2008年08月31日

新月

膨らみすぎた 風船は 
壊れてしまう 運命と 
知るのはいつも 泣いたあと 
後悔しても 遅いのに 
欠けていく 月のように 
満ちていく 時を待って 
静かに静かに 温める 
誰にも知らせず 温める 
消えないように 抱きしめて 
泣いたりしない 秋が来ても  

思いもかけぬ エネルギー 
受け止め切れず 流されて 
得意じゃないの 泳ぐのは 
気づいた時は 溺れてた 
欠けていく 月のように 
満ちていく 時を待って 
静かに静かに 温める 
負けない力を 温める 
青空いつも 抱きしめて 
泣いたりしない 秋が来ても  


more…
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

花火

今年はどこから 見たのでしょうか 
ふたりで眺めた あの日の花火 
邪魔する人も いない屋上 
大きな音に 耳を塞いで 
上がった花火に 歓声上げたのが 
遠い昔の 夢のようです 
最初で最後の 花火の夜が 
今年も静かに 過ぎて行きました  

あれから何年 経ったのかしら 
ふたりで眺めた あの日の花火 
初めて歩く 夜の道でも 
ふたりでいれば 怖くなかった 
夜空に花咲く 光が眩しくて 
遠い昔の 夢のようです 
最初で最後の 花火の夜が 
ふたりの思い出 刻み付けました  


more…
posted by to_ma_to at 05:15| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

私の涙♪

降り出した雨は 私の涙 
願いかけた糸が 音をたてて切れた 
気付かないでいたかった できることならば 
不安抱えたままでも 痛みよりはよかった 
繰り言並べても 元には戻らない 
変わり行く心は 誰にも止められない 
降れよ雨 涙の代わりに 
流してよ 心の痛みを  

降り止まぬ雨は 私の涙 
ふたりつなぐ糸が 音をたてて切れた 
そっと結び直しては 怯えてた日々の 
思い全てを流して 欠片さえも残さず 
聞きたくないはもう 元には戻らない 
変わり行く心は 誰にも止められない 
降れよ雨 私の涙よ 
流してよ あなたの思い出  

降り続く雨は 私の涙 
頼りすぎた糸が 音をたてて切れた 
きっとこれは私への 思いやりかしら 
思いきれない苦しさ 知っていたのあなたは 
静かに見送って 元には戻らない 
変わり行く心は 誰にも止められない 
降れよ雨 涙と一緒に 
流してよ 悲しい想いを  


朗読はこちら

天空昭雄さん作曲ひらみぃさん歌
「私の雨」(改題)
posted by to_ma_to at 06:11| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

雨が降る

雨が降る 雨が降る 
濁った川は 怒りの色か 
君を泣かせた 昨日の僕に 
襲いかかって くるようだ 
ごめんねと 君に言っても 
今更さ もう遅いよね 
いつかはわかる 僕の気持ちが 
隠したままで いられなくて 
泣いて泣いて 気の済むまで 
泣いて泣いて 僕を責めていいよ  

雨が降る 雨が降る 
曇った空は 悲しみ色か 
君を泣かせた 冷たい僕が 
空の光を 消したのか 
ごめんねと 君に言っても 
今更さ もう遅いよね 
気付いていたの 君はいつから 
気付かぬ振りで 恐れてたの 
泣いて泣いて 気の済むまで 
泣いて泣いて 僕を責めていいよ  


more…
posted by to_ma_to at 06:28| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

真っ直ぐな道を 
歩いたら 
巡り会うことも 
ないだろう 
路地裏小道 
別れ道 
選んだ時に 
変わって行く 
切り開く道は 
君だけの道 
泣いても笑っても 
進んで行け  

決められた道を 
歩くなら 
悩むことなんて 
ないだろう 
脇道小道 
曲がり角 
選んだ時に 
変わって行く 
掴みとる道は 
君だけの道 
泣いても笑っても 
進んで行け  


more…
posted by to_ma_to at 06:07| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

思い出して

黙ったままの あなたが怖い 
このまま消えて しまいそうで 
ノックをしても 静かな扉 
叫んでみても 響かない 
思い巡らし 嵌る落とし穴 
右も左も わからなくなる 
思い出して ふたりの時間 
思い出して 扉を開いて  

笑顔はいつか 見たのが最後 
このまま消えて しまいそうで 
涙も枯れる 乾いた扉 
願いは遠く 届かない 
思い巡らし 嵌る落とし穴 
泣くも笑うも わからなくなる 
思い出して あの日のことを 
思い出して 扉を開いて  


more…
posted by to_ma_to at 06:43| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

心配(BlogPet)

きょうは、心配したかも。

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:12| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おひさま

何を見てたの 
さっきまで 
すまし顔で 
いたくせに 
誰があなたを 
変えたのか 
みるみる赤く 
染まる空  

何があったの 
さっきまで 
笑顔見せて 
いたくせに 
誰があなたを 
泣かせたの 
大粒涙 
落ちる空  


more…
posted by to_ma_to at 06:16| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

変わったのは♪

夏の前に 切った髪が 
頬にうるさく かかる頃 
熱い風も 変わる季節 
なびく髪が 気持ちいい 
変わったのは 風の色 
変わったのは 心の色 
このままこのまま 風と遊ぼう 
あしたもあしたも 笑顔のままで  

雨に濡れた 長い髪も 
切ってしまえば 軽やかに 
夏の光 青い空に 
跳ねた髪が 伸びていく 
変わったのは 空の色 
変わったのは 心の色 
このままこのまま 空を見つめて 
あしたもあしたも 笑顔のままで  

肩に届く 黒い髪が 
時の流れを 気付かせる 
風に揺れる 花の香り 
そっと髪に 移ってる 
変わったのは 花の色 
変わったのは 心の色 
このままこのまま 花を咲かそう 
あしたもあしたも 笑顔のままで  


朗読はこちら

夢有眠さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

ふたりの夏

燃えた夏も 秋に変わる 
そんなことも 気付かないで 
いつまでも 夢ばかり 
見てた私が バカだったの 
暑い夏が 恋しいなんて 
きっとあなたは 笑うわ 
秋の風は 冷たくて 
ふたりの夏が 終わる  

燃えた夏が 消えてしまう 
短すぎる 恋だなんて 
あなたとの 明日まで 
見てた私が バカだったの 
暑い夏が 恋しいなんて 
きっとあなたは 笑うわ 
秋の空は 寂しくて 
ふたりの夏が 終わる  


more…
posted by to_ma_to at 05:45| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

タイミング2

少しぐらい 
寝坊しても 
気にしない 
気にしない 
これが今日の 
タイミング 
心配しないで 
笑顔で行こう 
いつもと違う 
時が何かを 
教えてくれる 
かもしれない  

少しぐらい 
逢えなくても 
気にしない 
気にしない 
これでいいの 
タイミング 
くよくよしないで 
笑顔でいよう 
信じていれば 
時が何かを 
与えてくれる 
かもしれない  


more…
posted by to_ma_to at 06:26| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

今日もひとり

見つめても 届かない 
思いさえ 気付かない 
声にならずに 消えていく 
いつも言葉は 頼りない 
切なさに 零れ落ちる 
涙は 今日もひとり 
切なさに 震えている 
心は 今日もひとり  

見つめたら 微笑んで 
近づけば 抱きしめて 
声にするより 飲み込んで 
いつも言葉は 隠してる 
苦しさに 零れ落ちる 
涙は 今日もひとり 
苦しさに 震えている 
心は 今日もひとり  


more…
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

それでいい

聞きたいことは 
たくさんあるの 
知らないことが 
多すぎる 
だけどいつも 
何も聞かずに 
そばで笑って 
いたくなる 
聞かなくたって 
知らなくたって 
あなたはあなた 
それでいい  

言いたいことは 
たくさんあるの 
言わないことが 
多すぎる 
だけどいつも 
何も言わずに 
そばで笑って 
いたくなる 
言わなくたって 
知らなくたって 
私は私 
それでいい  


more…
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

タイミング

追えば追うほど 
遠くなる 
悲しいくらい 
届かない 
いつも外すの 
タイミング 
気づいた時は 
遅すぎる 
立ち止まっても 
変わらないなら 
少し寄り道 
笑顔探そう  

逸る心は 
重くなる 
苦しいくらい 
避けられて 
いつも外すの 
タイミング 
引き際なんて 
わからない 
立ち止まっても 
変わらないなら 
少し寄り道 
笑顔探そう  


more…
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

それできのうは通行された(BlogPet)

トーマがとまとと瞬きされたみたい…
それできのうは通行された!
だけど、とまとの日差しへ身動きされた!
でも、きょうトーマが光空っぽい記憶したかったの♪
でも、きのうはとまとはとまとで準備したかった。

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:35| Comment(2) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私だけの

やさしいけれど 
冷たいあなた 
誰にも同じ 
笑顔を向ける 
見つめないで 
心がないなら 
ときめき感じた 
心が止まらない 
欲しかったのは 
私だけの笑顔 
欲しかったのは 
私だけのあなた  

やさしいけれど 
冷たいあなた 
いつでも同じ 
笑顔になれる 
返さないで 
心がないなら 
温もり触れたい 
心が止まらない 
欲しかったのは 
私だけの言葉 
欲しかったのは 
私だけのあなた  


more…
posted by to_ma_to at 06:26| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

道は開く

何もないのに ゆらゆらゆれて 
重く心に のしかかるのは 
忘れたはずの 記憶のかけら 
暗い影に 怯えているの 
今だけを 抱きしめて 
信じるものを 離さないで 
昨日より 明日へと 
求めるものに 道は開く  

見えぬ心に 戸惑いながら 
悪い方へと なびいてしまう 
ひとりで歩く 迷路のように 
不安ばかり 感じてしまう 
今だけを 抱きしめて 
見えないものを 恐れないで 
昨日より 明日へと 
求めるものに 道は開く  


more…
posted by to_ma_to at 06:59| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

空は灰色

疲れた体 癒すように 
雲が覆った 空は灰色 
あなたのいない 私の心 
寂しいだけの 空の色 
どうして雨は 降らないの 
どうして涙 こぼれない 
わかっているの まだここに 
あなたがいるの 消えぬまま  

全てを枯らす 強い日差し 
雲が隠した 空は灰色 
あなたのいない 私の心 
悲しいまでの 空の色 
どうして雨は 降らないの 
どうして涙 こぼれない 
わかっているの ほんとうは 
あなたがいるの いつまでも  


more…
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

ひまわり♪

光り輝く 
その姿 
熱い日差しに 
魅せられて 
同じ姿に 
なりたいと 
願い叶えて 
燃え上がる 
夏に愛され 
愛し続けた 
花は今でも 
空を見つめてる  

乾く体も 
耐え忍び 
求め続けた 
その心 
枯れることさえ 
恐れずに 
高く伸ばして 
近づいて 
夏に愛され 
愛し続けた 
花は今でも 
空を見つめてる  

恋し焦がれて 
その身まで 
熱く燃やした 
ひまわりの 
想い受け継ぐ 
子供達 
空を仰いで 
夏を待つ 
夏に愛され 
愛し続けた 
花は今でも 
空を見つめてる  


朗読はこちら

天空昭雄さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:57| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

時間

過ぎ行く時間 
静かな時間 
ぽっかり空いた 
寂しい時間 
あなたの声が 
届かない 
忘れられた 
時の狭間 
このまま続いて 
しまいそうな 
不安に心が 
泣いた夜  

帰らぬ時間 
切ない時間 
ぽっかり空いた 
心の隙間 
あなたの声が 
届かない 
悲しすぎる 
時の狭間 
いつかの悪夢を 
見てるような 
不安に心が 
泣いた夜  


more…
posted by to_ma_to at 06:45| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする