2009年02月28日

あしたは天気に♪

雨が上がれば 
やさしくなるの 
空も風も 
私だって 
空は色づいて 
風は温もりを 
私はあなたに 
逢いに行く 
雨雨今だけ 
降ってもいいわ 
照る照るあしたは 
天気になあれ  

雨に流され 
きれいになるの 
空も風も 
私だって 
空は曇りなく 
風は澄み渡り 
私は切なさ 
抱きしめる 
雨雨今だけ 
許してあげる 
照る照るあしたは 
天気になあれ  

雨のあとには 
輝きだすの 
空も風も 
私だって 
空はうれしくて 
風は楽しくて 
私は喜び 
噛み締める 
雨雨今だけ 
降ったら終わり 
照る照るあしたは 
天気になあれ  


朗読はこちら

わぎゅうさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:02| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

風邪ひいちゃった

立ち上がれば 拍動痛 
自分の頭じゃ ないみたい 
よろけて見せれば 同情買える 
丈夫そうな 見た目が邪魔する 
体温測定 知らないほうが 
幸せかな 元気に動ける 
風邪ひいちゃった 風邪ひいちゃった 
こんな辛いのなんて ひさしぶり  

飲み込めない 咽頭痛 
自分の喉では ないみたい 
かすれた声なら 心配される 
無口すぎて 気づいてくれない 
食欲減退 食べないほうが 
幸せかな 少しは痩せれる 
風邪ひいちゃった 風邪ひいちゃった 
いつも熱だけ出ない 何でかな  


more…
posted by to_ma_to at 06:50| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

変われるかしら

震える心 抱きしめながら 
ひとりが好きと つぶやいた 
傷つくことが 怖くなる 
泣くことばかり おきるから 
どこまでなら どれだけなら 
心開いて いいのかな 
伝わる優しさ 飛び込めたら 
変われるかしら いつの日か  

甘えることも 知らずにきたの 
ひとりが好きと 言い聞かせ 
ガラスのような 心でも 
裸のままで いられたら 
どこまでなら どれだけなら 
心開いて いいのかな 
伝わる優しさ 受け入れたら 
変われるかしら 私でも  


more…
posted by to_ma_to at 06:52| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

おひさまだいすき(第3話)♪

おはよう にっこり わらって 
おはよう たくさん あそぼう 
おひさま だいすき あおいそら 
あなたが くるのを まっている  

おやすみ ぐっすり ねむって 
おやすみ あしたも あそぼう 
おひさま だいすき ゆめのくに 
あなたが くるのを まっている  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:10| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

君は天使だよね(第2話)♪

唇触れたら 合図のように 
可愛い口が 動き出す 
泣いて起きて 始まる一日 
飲んで眠る 君は天使だよね 
粉ミルクイヤイヤ わがままお嬢さん 
母恋乳恋 船はもう沖に浮かぶ 
港で手を振る 祖母に気づけば 
君恋張り出す 胸が痛い  

つばくろみたいと 面白がって 
小指をそっと 吸わせたり 
泣いて起きて 夜泣きにクタクタ 
飲んで眠る 君は天使だよね 
粉ミルクイヤイヤ わがままお嬢さん 
温度か味かな 哺乳瓶嫌わないで 
仕事も終らぬ 船は港へ 
君恋染み出す 胸が濡れる  

命の源(みなもと) 吸い出す強さ
生き抜く力 感じてる
泣いて起きて おしめはかえたよ 
飲んで眠る 君は天使だよね 
粉ミルクイヤイヤ わがままお嬢さん 
ベテラン子守も 腹ペコな君に負ける 
港に着く船 響く泣き声 
君恋抱きしめ 胸が熱い  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

君が笑った

今にも泣きそうな 空の色映して 
曇ったままの 君の顔 
何を言っても 素通りしてる 
君の心に 響かない 
君が笑った やっと笑った 
晴れた空みたいに どうして笑った 
僕よりも よく効く言葉 
君に言ったの 誰だ    

いつから曇り空 それさえもわからぬ 
黙ったままの 君の顔 
僕の冗談 空振りしてる 
君の心は 動かない 
君が笑った やっと笑った 
晴れた空みたいに どうして笑った 
僕よりも よく効く呪文 
君にかけたの 誰だ  


more…
posted by to_ma_to at 06:16| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

今だけは(BlogPet)

とまとの「今だけは」のまねしてかいてみるね

ドアが開いてもろいのは誰に声もなく抱きしめていいよ今だけ座りこんだうしろ姿に似たのは自信なく抱きしめていいよ今だけ座りこんだうしろ姿に声も涙拭って物音だけは全部流していいよ今だけ泣いてもろいの失敗なんて笑い話に似たのは全部流して君何度や二度見ていいよ今だけ座りこんだうしろ姿に似たの困ったわね一度の困った一度見てもなく抱きしめてもろいの困った一度見て物音だけ泣いて君の涙拭っていいよ今だけ座りこんだうしろ姿に変わるけど泣くだけは自信なくして君何度や二度見ていたの困った一度や二度見てもろいの困った一度の困ったわね一度の失敗なんて笑い話に似たのは

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:46| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今だけは

ドアが開いて 物音だけ 
座りこんだ うしろ姿に 
声もなく 抱きしめて 
君の涙 拭っていた 
一度や二度の 失敗なんて 
笑い話に 変わるけど 
泣くだけ泣いて 想いは全部 
流していいよ 今だけは  

自信なくして うつむく君 
何度見ても 涙あふれる 
やさしくて もろいのは 
誰に似たの 困ったわね 
一度や二度の 失敗なんて 
笑い話に 変わるけど 
悔しさ辛さ 想いは全部 
流していいよ 今だけは  


more…
posted by to_ma_to at 06:04| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

雪が降る

遊び足りない 雪が降る 
春が来るのに とどまって 
地面に降りたら とけるから 
泡雪粉雪 風に飛ばされた 
積もれば最初に 足跡つけて 
歩きたいね 君と並んで 
そういったのは いつのこと 
思い出すのも 遠い日  

思い残した 雪が降る 
春が来るのに 冬のまま 
あなたの心に 積もりたい 
泡雪粉雪 風に運ばれて 
雪球転がし 大きくしたら 
ふたつ並べ 写真撮ろうよ 
そういったのは あなたかな 
忘れかけてた 遠い日  


more…
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

春の風が

春の風が 吹いてきました 
あなたよりも ひと足早く 
雪がまだ 隠しているの 
固いつぼみ 見つけられない 
春になったら もう一度 
あなたは私に 逢いに来る 
夢が膨らむ うそでもいいの 
色づく時を 待っている  

春の風が 吹いてきました 
飛んで行くわ あなたの元へ 
雪がまだ 溶けないのなら 
熱い心 もって行くから 
春になったら もう一度 
あなたは私に 逢いに来る 
夢に見るのよ 待ちきれなくて 
色づく時を 運びたい  


more…
posted by to_ma_to at 06:05| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

僕の朝♪

君の笑顔と おはようから 
始まる朝は 心が軽い 
温かいご飯 味噌汁から 
元気をもらう 僕の朝 
ご飯粒は 残さない 
いただきますと ごちそうさま 
僕のエネルギー 充電完了 
行ってくるよ 張り切ってね  

今日はご機嫌 斜めみたい 
曇った空は 喧嘩のせいか 
お代わりはないの 足らないのに 
こっちを向いて 僕を見て 
熱いお茶が おいしいよ 
謝るからさ ごめんなさい 
僕のエネルギー 充電不足で 
倒れそうさ 助けてくれ  

君と一緒に 迎える朝 
幸せなんだ いわないけれど 
増えていく家族 語らいから 
元気になれる 僕の朝 
今日の予定 わかってる 
記念日だって 覚えてるよ 
僕のエネルギー 充電完了 
行ってくるよ 見送ってね  


pipブンちゃん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

恋のダンス♪

恋の終わりは そっとあなたに 
想いを告げ それだけでいい 
何も知らない あなたの顔を 
見つめるのも 今日で最後ね 
泣いて笑って 夢見て踊った 
恋のダンス 片想い 
踊り狂った 踊り子は 
壊れたように 眠るの  

恋の始まり そっと私に 
気づいた時 遅すぎただけ 
胸が苦しい あなたの声を 
聞いてるのも 今日で最後ね 
泣いて笑って 夢見て踊った 
恋のダンス 片想い 
踊り明かした 踊り子は 
すべてを忘れ 眠るの  

恋の終わりに そっと開いた 
扉を閉じ 消えていくのよ 
逢えば逢うほど 寂しさだけが 
膨らむのも 今日で最後ね 
泣いて笑って 夢見て踊った 
恋のダンス 片想い 
踊り疲れた 踊り子は 
目覚める日まで 眠るの  


pipブンちゃん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:43| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

逢えたね(第1話)♪

もうすぐね もうすぐよ 
逢いたい 逢いたい 
静かな夜は 雪に変わって 
感じる痛み 命の痛み 
この目で見つめ この手に抱いて 
温もりと 君の香り 
逢えたね 逢えたね 
離さない  

もうすぐだ もうすぐさ 
逢いたい 逢いたい 
流れる季節 天に祈って 
見守るだけの 時間は終わり 
この目に映し この手で包み 
あどけない 君の寝顔 
逢えたね 逢えたね 
守りたい  

もうすぐね もうすぐよ 
逢いたい 逢いたい 
指折り数え 無事を願って  
見覚えあるわ 小さな口も 
小さな鼻も つながる命 
光さす 君のあした 
逢えたね 逢えたね 
ありがとう  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:28| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

星の記憶♪

静かに夜を 
照らす光は 
時を旅する 
星の輝き 
懐かしさが 
こみ上げるなら 
それはあなたの 
ふるさとだから 
遠い昔の 
記憶の欠片 
星の光が 
ふりそそぐ  

静かな夜も 
耳を澄ませば 
いつか聞こえる 
星のささやき 
胸の中で 
響き合うなら 
それはあなたの 
ふるさとだから 
忘れかけてた 
記憶の海に 
星がささやき 
呼び起こす  

静かに夜が 
朝を迎えて 
空にとけだす 
星の儚さ 
知らず涙 
流れ出すなら 
それはあなたの 
ふるさとだから 
忘れないでと 
記憶の底に 
星はいつでも 
呼びかける  


朗読はこちら

夢有眠さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

心配されたみたい(BlogPet)

トーマがさくらで行列しないです。
だけど、きょうとまとと、心配されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:41| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うれしいときも

悲しくないのに 
涙が出るの 
胸の奥から 
こみ上げる 
見つめてくれる 
あなたのそばで 
寂しくないのに 
変ね変ね 
うれしいときも 
涙になるのよ 
心までも 
あふれ出ぬように  

泣きたくないのに 
涙が出るの 
胸が熱くて 
たまらない 
あなたの笑顔 
見つめていれば 
寂しくないのに 
変ね変ね 
うれしいときも 
涙になるのよ 
熱い胸が 
燃え尽きぬように  


more…
posted by to_ma_to at 06:03| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

チョコレート

甘くとろける チョコレート 
恋する心 形にして 
誰に渡すの 結んだリボン 
優しく開けて くれる人 
包みこんだ せつない心 
熱い想いで 溶かせばいい 
渡せないまま 時が過ぎる 
夢見るだけで 溶けていく  

甘くささやく チョコレート 
恋する心 届けたくて 
遠く見つめる あなたの姿 
ときめきいつも くれるから 
包みこんだ 香りに心 
誘い誘われ 溶かせばいい 
渡せないまま 時が過ぎる 
夢見るだけで 溶けていく  


more…
posted by to_ma_to at 05:56| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

恋のレッスン

見つめるだけの 
私なら 
変わってないわ 
何ひとつ 
膨らませたり 
しぼんでみたり 
ひとりよがりな恋は 
もう止めにして 
動き出さなきゃ 
何も始まらない 
恋のレッスン 
最初は何から  

見つめて終わり 
いつもそう 
臆病すぎる 
恋ばかり 
存在さえも 
知られぬうちに 
消えて残らぬ恋は 
もう止めにして 
動き出そうよ 
心ときめくなら 
恋のレッスン 
想いにまっすぐ  


more…
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

手品みたいに

ねえどうして 
わかったの 
誰にも言って 
ないはずなのに 
いつもいつでも 
ほしいもの 
あなたはくれる 
手品みたいに 
泣く暇ないわ 
瞬きすれば 
すぐ目の前に 
あなたが笑ってる  

ねえどうして 
わかったの 
心の奥に 
隠してたのに 
いつもいつでも 
見えてるの 
あなたに心 
手品みたいに 
私の顔に 
出てるのかしら 
抵抗無用 
あなたが笑ってる  


more…
posted by to_ma_to at 07:26| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

君と来た街♪

ガタゴト鈍行 長い時間待ち 
この駅降りたら 右に曲がって 
横断歩道を 渡れば見える海 
君は潮風に 駆け出したね 
一度だけ 君と来た街 
覚えてる 君のふるさと 
駅の裏には ビルが建ち 
変わって行く この街も  

見渡す限りの 青い空と海 
並んだ小船が どこか懐かしい 
焼きつく風景 何をしていたか 
僕は君さえも 忘れていた 
一度だけ 君と来た街 
覚えてる 君のふるさと 
店が増えたね にぎやかに 
変わって行く この街も  

小さな庭には 君の好きな花 
垣根の向こうで 風に揺れてる 
静かな海沿い 沖に浮かぶ島 
君はこの海を 見つめてたね 
一度だけ 君と来た街 
覚えてる 君のふるさと 
変わらないのは 心だけ 
変わって行く この街も  


pipブンちゃん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 05:59| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする