2009年06月30日

後悔(BlogPet)

きのうトーマが、注意報へ我慢したいです。
だけど、とまとは、一緒へ変身されたみたい…
だけど、トーマは後悔したかも。
でも、お貴族さまと子守しなかったよ。
でも、きょうはツケチクと空滝送信♪
でも、ゆうこりん。で味方したかも。
だけど、あたいは返事するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 07:54| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう…

もうひとりじゃないって 
わかってるはずなのに 
どうして寂しくなるの 
泣きたいなんて変よね 
ノックをすればドアは開く 
話しかければ聞いてくれる 
ただ君はそれをしないだけ 
ただ君はそれができないだけ  

もうあの頃みたいに 
縛られていないのに 
どうして寂しくなるの 
心は飛んでいけるわ 
ひとりでいたいのならどうぞ 
変わりたいなら動き出そう 
ただ君はそれをしないだけ 
ただ君はそれができないだけ  

もう心をひらいて 
見せているはずなのに 
どうして寂しくなるの 
ひとりで我慢しないで 
いつでも両手広げてるよ 
胸に飛び込み泣いていいよ 
ただ君はそれをしないだけ 
ただ君はそれができないだけ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:13| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

眠りを

曇りのち雨 時々雷雨 
揺れる心を 映した空 
滝のように 落ちる雨 
起き上がれない もう二度と 
悲鳴あげても 聞こえない 
名前呼んでも 届かない 
涙の海に 沈んでいく 
眠りを覚ます 人はいない  

雲の隙間に 光を求め 
すがりたいのに 探せなくて 
疲れきった 雨の中 
ずぶ濡れのまま 眠りたい 
悲鳴あげても 聞こえない 
名前呼んでも 届かない 
あなたの心 望んだのに 
眠りを覚ます 人はいない  

窓を叩いて 飛び散る雨に 
心重ねて 泣き濡れても 
変わらないの 何もかも 
閉じられた心 開かない 
悲鳴あげても 聞こえない 
名前呼んでも 届かない 
いつかはなんて 待ちわびても 
眠りを覚ます 人はいない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:09| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

注意報

こんなに離れているのに 
どうしてわかるのでしょうか 
空気のように伝わって 
心が震えるのです 
あなたの空(から)元気なんて 
いつでもお見通しよ 
私をだませやしない 
注意報が鳴り始める  

あなたは笑っていたけど 
泣きたくなるのはどうして 
空気のように伝わって 
心が感じるのです 
悩んでいるのならどうか 
聞かせて気になるから 
私をだませやしない 
注意報が大きくなる  

嘘など通用しないわ 
いつでも見抜いてしまうの 
空気のように伝わって 
心に響いてしまう 
不安が広がっていくの 
ひとりにしたくないわ 
私をだませやしない 
注意報が鳴り止まない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 05:59| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

聴いてみる

迷ったときは 聴いてみる 
心にそっと 聴いてみる 
答えはいつも わかってる 
聴かなくても わかってる 
確かめたいだけ 迷わぬように 
逃げ出したい 私を止めるため  

泣きたい時は 聴いてみる 
心にそっと 聴いてみる 
答えはいつも わかってる 
聴かなくても わかってる 
確かめたいだけ 泣かないように 
飛び出せない 私を変えるため  

逢いたい時は 聴いてみる 
心にそっと 聴いてみる 
答えはいつも わかってる 
聴かなくても わかってる 
確かめたいだけ 愛してるのか 
揺らぎそうな 私を試すため  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 05:57| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

夏だから♪

伸びた前髪 
分けもせずに 
濡れた瞳を 
隠してさよなら 
誰のせいでもなく 
季節に逆らい 
冷めていく心 
感じてた 
震えてないわ 
夏だから 
涙だって 
すぐに乾く  

どこに行ったの 
熱い心 
冬の寒さも 
吹き飛ばしたのに 
誰のせいでもなく 
線香花火の 
輝きのように 
消え落ちた 
震えてないわ 
夏だから 
凍りつきは 
しないはずよ  

髪を切っても 
変わらないわ 
いないあなたを 
実感するだけ 
誰のせいでもなく 
運命だったの 
離れていく心 
見つめてた 
震えてないわ 
夏だから 
日差し浴びて 
燃えてみせる  


夢有眠さん作曲・歌
とまと歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:12| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

happy day♪

楽しいの楽しいの 
合言葉のように 
口に出せばいつも 
happy day 

今日は何をしたかな 
好きなことばかり 
できるわけじゃないけれど 
好きな言葉見つけたわ 
好きな歌を歌えたわ 
ほらもうそれで 
今日はhappy day  

楽しいの楽しいの 
合言葉のように 
口に出せばいつも 
happy day 

今日は少し泣いたわ 
我慢できないで 
沈むこともあるけれど 
好きな花を見つけたわ 
好きな雲が浮かんでた 
ほらもうそれで 
今日はhappy day  

楽しいの楽しいの 
合言葉のように 
口に出せばいつも 
happy day 

今日はきっと楽しい 
嫌なことだって 
避けて通れないけれど 
好きなものが見つかるわ 
好きなものに出会えるわ 
ほらもうそれで 
今日はhappy day  

楽しいの楽しいの 
合言葉のように 
口に出せばいつも 
happy day  


ナオさん作曲PinkyBreeze歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:12| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

あなたがほしい♪

狼なんか いらない 
羊のままで いいのに 
この激しさは どこから 
湧きあがる想いは 止められない 
今だけ今だけ 
変身しても 許して 
今だけ今だけ 
あなたがほしい たまらなく  

狼なんか 知らない 
羊のはずよ どうして 
変わって行くの いつから 
気づかずにいたなら 良かったのに 
今だけ今だけ 
暴走しても いいでしょ 
今だけ今だけ 
あなたがほしい 心から  

狼なんか なれずに 
羊のままで いたなら 
あふれる涙 抱きしめ 
見つめてることしか できないのよ 
今だけ今だけ 
素直になるの 愛して 
今だけ今だけ 
あなたがほしい 愛してる  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:12| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

素直になれない

素直になれない 
あなたの前では 
うなづけなかった 
自分が悲しい 
後悔すると 
わかってるのに 
ためらう気持ちが 
わからない 
怖がる私を 
許してね 
いつでもあなたが 
一番なのに  

素直になれない 
あなたの前では 
わがままばかりを 
言ってるみたいで 
後悔すると 
わかってるのに 
優しい言葉が 
出てこない 
甘える私を 
許してね 
いつでもあなたが 
大好きだから  

素直になれない 
あなたの前では 
平気な振りして 
別れの挨拶 
後悔すると 
わかってるのに 
狂った歯車 
みたいだわ 
強がる私を 
許してね 
いつでもあなたと 
一緒にいたい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:09| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

あいあいがさ(BlogPet)

とまとの「あいあいがさ」のまねしてかいてみるね

雨にときめいた顔する君と歩いたね答える口元小さく動き声は傘も持たずに逢いたい傘を話し聞いたこと雨に困った顔する君にときめいたねあの日の僕は今でも忘れない輝きだったんだろう最初で消えは君にときめいたこと雨にときめいた季節のあいあいが降るたび思い出す君と歩いたねあの日の僕はしない君と歩いたんだろう最初で消えは今でも忘れない君に問いかけた季節の中で最後の中で最後の僕はしない輝きだった顔する君と歩いたこと雨が降るたび思い出す君と歩いたんだろう最初で消えは今でも忘れない君と歩いた季節の僕は君と歩いた最初で最後の笑顔に問いかけたね答える口元小さく動き声は君に逢いたい

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:42| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいあいがさ

雨に困った 顔する君に 
僕は傘を さし出したね 
あの日の笑顔に ときめいたこと 
雨が降るたび 思い出す 
君と歩いた 短い時間 
何を話し 聞いたんだろう 
最初で最後の あいあいがさ 
もう一度 君に逢いたい  

傘も持たずに どこまで行くの 
僕は君に 問いかけたね 
答える口元 小さく動き 
声は今でも 忘れない 
君と過ごした 季節の中で 
消えはしない 輝きだった 
最初で最後の あいあいがさ 
もう一度 君に逢いたい  

雨が降るたび 心をよぎる 
僕は君に 逢えないまま 
幻ばかりを 追いかけながら 
雨に後悔 してばかり 
君と別れて 空(むな)しい日々が 
風のように 流れていくよ 
最初で最後の あいあいがさ 
もう一度 君に逢いたい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:14| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

おはよう

おはよう 最初のメッセージ 
おはよう 言葉が続かない 
元気でいるのか 知りたくて 
離れていたんじゃ わからない 
書いては消しての 繰り返し 
送信ボタンが 押せない 
おはよう 心の中で 
おはよう そっとつぶやく  

おはよう いつものメッセージ 
おはよう 天気はどうですか 
こちらは雨です 嫌な雨 
あなたのところは 晴れですか 
返事がなくても いいけれど 
送信ボタンが 押せない 
おはよう 聞こえなくても 
おはよう 空にささやく  

おはよう 出せないメッセージ 
おはよう あなたが好きなのに 
いつからこんなに 臆病に 
なったのでしょうか わからない 
出さなきゃ返事は こないのに 
送信ボタンが 押せない 
おはよう いつかあなたに 
おはよう いつかあなたに  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:02| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

眠れ♪

眠りたいのに 眠れない 
瞼閉じても 眠くない 
頭の中は くたくたで 
何も考えずに 眠りたい 
誰か歌って 夢見るように 
優しくとろける 子守唄を 
眠れ眠れ 夜を味方に 
眠れ眠れ あなたを忘れて  

眠れないのは なぜかしら 
夜になったら 目が冴える 
思い出すのは がらくたで 
重荷ばかり増えて しまうから 
誰か歌って 私のために 
優しく誘(いざな)う 子守唄を 
眠れ眠れ 夜と一緒に 
眠れ眠れ あなたを忘れて  

眠れないのが 辛いのか 
ひとりぼっちが 辛いのか 
あなたの胸に 顔うずめ 
いつも聞いた鼓動 恋しくて 
誰か歌って あなたのように 
優しく波打つ 子守唄を 
眠れ眠れ 夜は寂しい 
眠れ眠れ あなたを忘れて  


夢有眠さん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:29| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

月日貝

月の色と 日の色と 
併せ持った 貝殻に 
残された 伝説は 
ハッピーエンドの 恋物語 
すれ違う 二人にも 
そんな日が 訪れるかな 
暮れ行く空が 赤く染まる 
離れ離れの 心を求めて  

赤い色は 情熱を 
忘れないで いつまでも 
輝いた 月明かり 
ハッピーエンドの 恋物語 
切なさも あなたなら 
この想い 燃やし尽くすわ 
暮れ行く空が 闇に落ちる 
離れ離れの 心を濡らして  

愛に染まり 変われたら 
明かりだけは 消さないで 
月と日の 伝説は 
ハッピーエンドの 恋物語 
運命を 信じたい 
あなただけ 待っているから 
暮れ行く空に 月が浮かぶ 
離れ離れの 心を照らして  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(5) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

やさしい声に

久しぶりに 
鳴った電話 
やさしい声に 
泣きそうになる 
あなたの笑顔 
浮かぶような 
弾ける声に 
つられて笑った 
楽しい時間 
短くても 
そっと頭を 
撫でられた気がした  

いつも元気 
もらうばかり 
やさしい声に 
励まされてる 
逢いたいけれど 
今は我慢 
電話の声に 
あなたを感じて 
寂しい時間 
消えなくても 
そっと心を 
抱(いだ)かれた気がした  

今も余韻 
心地よくて 
やさしい声に 
包まれている 
時間を止めて 
みたくなるわ 
あしたも続く 
夢ならいいのに 
恋しい時間 
抱きしめたら 
そこにあなたが 
いるような気がした  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:03| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

恋の旅

出会いはいつも 突然で 
落ちていくのは 恋心 
喜び震えた ときめきに 
振り回されて 旅の空 
なんでなんでと 嘆いても 
あと戻りできない 切なさに 
覚悟決めたら ひとすじに 
振り返らない 恋の旅  

何度もこれが 最後だと 
思い切れない 恋心 
忘れられないの ぬくもりが 
未練を抱いて 旅の夢 
いつかいつかと つなぐ糸 
進むしかできない この道を 
覚悟決めたら あなただけ 
よそ見はしない 恋の旅  

恋して焦がれ ひたすらに 
捜し求める 恋心 
見つけた青空 やすらぎを 
流してしまう 旅の雨 
長く苦しい 旅路でも 
諦めはしないわ 好きだから  
覚悟決めたら 迷いなく 
心のままに 恋の旅  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

Everything All Right♪

いまは なにもかも 
つらい ことばかり 
だけど いつでも 
あめは ふりやむ 
あしたは やってくる 
Everything All Right 
Everything All Right 
Everything All Right 
じぶんを しんじて 
Everything All Right 
Everything All Right 
あきらめなくていい  

かべに ぶつかって 
まえに すすめない 
だけど いつでも 
みちは ひらける 
あしたは やってくる 
Everything All Right 
Everything All Right 
Everything All Right 
じぶんをしんじて 
Everything All Right 
Everything All Right 
あるいていけばいい  

なにも できなくて 
くじけ そうになる 
だけど いつでも 
ひかり かがやく 
あしたは やってくる 
※Everything All Right 
 Everything All Right 
 Everything All Right 
 じぶんをしんじて 
 Everything All Right 
 Everything All Right 
 あしたがまっている※  

※繰り返し


天空昭雄さん作曲・ひらみぃさん編曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

夕暮れ(BlogPet)

とまとの「夕暮れ」のまねしてかいてみるね

何が灯る窓にあなたの二人の心燃やし尽くしただけ家路を見せる

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:40| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夕暮れ

何も知らずに 夕焼け見つめ 
歩く人の 影が伸びる 
迫(せま)ってくるのは 別れの時間 
顔も見えない 夜が来る 
ぽつりぽつりと 押し出す声に 
重くなるのは 心だけ 
家路を急ぐ 鳥の声に 
我にかえり 涙落ちる  

何があなたを 変えたのだろう 
暮れる空は 赤く赤く 
燃えてたはずなの 二人の心 
燃やし尽くした 夜が来る 
何もいえずに あなたの声を 
聞いていただけ 意味もなく 
明かりが灯る 窓に夜は 
星のような 夢を見せる  

何を急ぐの 夕日は海に 
溶けるように 沈んでいく 
二人のあしたは どこにもなくて 
心隠せる 夜が来る 
重荷おろした あなたの声が 
遠くなるのに 動けない 
迷子のように 帰る場所を 
見つけられぬ 心ひとつ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

恋しいの

トンネル抜ければ 潮風が 
懐かしさ 運んでくる 
静かな海に 日差しが 
跳ねるように 煌くの 
恋しいの 青い海が 
恋しいの 声が聞きたい 
帰りたくても 帰れない 
あの日の海は 遠い  

沖には遊んだ 島々が 
変わらない 姿のまま 
潮吹きあげて 探した 
貝はどこへ 隠れたの 
恋しいの 青い海が 
恋しいの 弾む笑顔が 
思い出しても 戻れない 
あの日の海は 遠い  

見つめていたのに あの海の 
眩しさに 目をそらした 
波立つことも ないのに 
何に怯え 泣いてたの 
恋しいの 青い海が 
恋しいの 夢にまで見る 
忘れないでと 願っても 
あの日の海は 遠い  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする