2009年11月30日

待ってください

鏡に映る 
あなたの姿 
真実だけを 
映し出してる 
笑顔の向こう 
困っているの 
もうすぐあなた 
切り出すのかな 
待ってください 
待ってください 
心の準備 
まだできてない  

鏡に映る 
私の姿 
揺れてる心 
見えないように 
笑顔を見せて 
気づかぬふりを 
あなたに機会 
与えたくない 
待ってください 
待ってください 
泣きたくなるわ 
まだ信じたい  

鏡に映る 
二人の姿 
心はすでに 
離れているの 
笑顔でどうか 
終わりにしてね 
あなたを憎み 
たくはないのよ 
待ってください 
待ってください 
時間を止めて 
まだ終れない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:20| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

仮想空間

窓辺にもたれて 
君を想う 
小さな雲にも 
君を重ね 
まだ見ぬ人よ 
仮の名の 
君を呼んでも 
届くのか 
仮想空間 
すべてを隠し 
漂いながら 
何を求める  

しかくい窓から 
君に逢えた 
小さな世界の 
僕を変えた 
まだ見ぬ人よ 
いつわりも 
君の心を 
隠せない 
仮想空間 
心と心 
行き着く先に 
何を求める  

窓辺に広がる 
空を見つめ 
小さな夢でも 
君と見たい 
まだ見ぬ人よ 
そのままで 
君の温もり 
感じてる 
仮想空間 
つながる世界 
ひとつになれる 
きっといつかは  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

ただぼんやりと

ただぼんやりと 
空を見つめて 
ただそれだけで 
一日が終わる  
それでもきっと 
いいと思う 
それでもきっと 
満ち足りる 
心が青く 
染まるなら 
僕は笑顔に 
戻れるだろう  

ただぼんやりと 
雲を見つめて 
ただそれだけで 
一日が終わる 
それでもきっと 
いいと思う 
それでもきっと 
満たされる 
心は雲と 
旅に出る 
僕は笑顔で 
帰れるだろう  

ただぼんやりと 
風に吹かれて 
ただそれだけで 
一日が終わる 
それでもきっと 
いいと思う 
それでもきっと 
満ちて行く 
心は風と 
踊りだし 
僕は笑顔に 
出会えるだろう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:52| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

私を止めて♪

冷たくなった 風に揺れる 
枯葉が一枚 落ちていく 
いつからか わかっていたの 
こんな日が くることは 
言葉はいつも 優しさまとい 
心隠して 惑わせる 
燃えていく 私を見つめ 
あなたは冷めて いったのに  

愛していたの 風の中に 
言葉は儚(はかな)く 消えていく 
いまもまだ 信じたくない 
さよならは いわないで 
心はいつも 温もり探し 
闇の中でも 祈ってる 
燃えていく 私を残し 
あなたは冷めて いったのに  

泣いてるような 風の音に 
心が震えて 濡れていく 
気づかない ふりしていても 
切なさが あふれでる 
想いはいつも 戻っていくの 
夢の続きを 描(えが)いてる 
燃えていく 私を止めて 
あなたは冷めて いったのに  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:27| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

ゆーうつな夜には♪

ゆーうつな夜には 
おまえの顔が 
浮かんで消えない 
冷たいからだを 
抱きしめ 
温めあった 
夜が恋しい 
泣きたくなるのさ 
俺は  

ゆーうつな夜には 
酒でも飲んで 
夜明けを待つのさ 
ひとり寝のつらさ 
忘れて 
おまえのことも 
思い出さずに 
酔いたくなるのさ 
俺は  


うらしまさん作曲/とまと&ひらみぃさん歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:13| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

ねえねえ

ねえねえあなた 今頃くしゃみ 
してるかしら してるよね 
ねえねえ私 思い出してた 
あなたのこと あなただけ 
心の中 いっぱいに 
広がるのは 優しい気持ち 
あなたに逢えて よかった 
あなたに逢えて よかった  

ねえねえあなた 少しは元気 
でてきたかな でてないの 
ねえねえ私 何もできない 
悲しいけど できないの 
夢でもいい 抱きしめて 
あげたくなる せつない気持ち 
あなたに逢いに 行きたい 
あなたに逢いに 行きたい  

ねえねえあなた 強がらなくて 
いいのいいの そのままで 
ねえねえ私 頼りないよね 
弱虫だし 泣き虫だ 
あなたがいる それだけで 
幸せなの 素敵な気持ち 
あなたに逢えて よかった 
あなたに逢えて よかった  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

空を(BlogPet)

とまとの「空を」のまねしてかいてみるね

いくら伸ばして近づけたらあきらめたくないそれでも一歩ずつ前に空を見つめます朗読は遠くてつかめない心はこちらへ

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 07:58| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

空を

いくら伸ばしても 
届かない 
心は遠くて 
つかめない 
それでも少しずつ 
気持ちだけでも 
近づけたら 
あきらめたくない 
昨日よりも今日が 
今日よりもあしたが 
輝くように 
空を見つめます  

いくら望んでも 
得られない 
心はどこかへ 
逃げて行く 
それでも一歩ずつ 
前に進んで 
近づけたら 
あきらめたくない 
昨日よりも今日が 
今日よりもあしたが 
微笑むように 
空を見つめます  

いくら恋しても 
高望み 
心はどこにも 
探せない 
それでも好きだから 
思い続けて 
近づけたら 
あきらめたくない 
昨日よりも今日が 
今日よりもあしたが 
高鳴るように 
空を見つめます  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:42| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

雨が降る

雨が降る 君の心に 
雨が降る 僕の心に 
寂しくないよ 悲しくないよ 
雨音は幸せを 奏でてるんだ 
耳を澄ませば 喜びの 
大地の声が 聞こえるよ  

雨が降る 君の心に 
雨が降る 僕の心に 
涙を拭いて 笑顔になって 
雨音は幸せの リズムに弾む 
耳を澄ませば にぎやかな 
草木の声が 聞こえるよ  

雨が降る 君の心に 
雨が降る 僕の心に 
海へと流れ 空へと帰る 
雨音は幸せを 運んでるんだ 
耳を澄ませば 君の声 
いつでも僕は 聞こえるよ  

耳を澄ませば 僕の声 
君にもきっと 聞こえるよ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:10| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

バレバレ

いつもと違う まじめな顔して 
いつもよりも 怒ったふりした 
でもでもでもでも 知らんぷりするのは 
なぜなぜなぜなぜ 気にしてほしいのに 
私が何をしても バレバレバレバレ 
あなたはいつも知ってる バレバレバレバレ 
降参するわ あなたのことなら 
何でもすぐに 許しちゃう  

いつもと違う 悲しい顔して 
いつもよりも 悩んだふりした 
でもでもでもでも 晴れ晴れとした顔 
なぜなぜなぜなぜ 心配してないの 
私が何をしても バレバレバレバレ 
あなたは全部知ってる バレバレバレバレ 
わかっているわ あなたがいるから 
泣くことなんて 何もない  

いつもと違う 返事もしないで 
いつもよりも 気のないふりした 
でもでもでもでも とびきりのスマイル 
なぜなぜなぜなぜ 物足りないはずよ 
私が何をしても バレバレバレバレ 
あなたは見えているのね バレバレバレバレ 
素直になるわ あなたが好きなの 
あふれてしまう この想い  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

燃え尽きたい♪

火をつけたのは あなたよ 
あとは燃え上がる だけなの 
今更慌てて どうする 
後悔なんて しないわ 
心のままに 燃え尽きたい 
このままどうか 消さないで  

火に油まで そそいで 
あとはどこまでも 燃えるわ 
今頃気づくの あきれる 
元には戻れ ないのよ 
心のままに 燃え尽きたい 
私をどうか 見守って  

火は広がって いくのよ 
あとは情熱へ 変わるの 
今までおさえて いただけ 
誰にも止められ ないのよ 
心のままに 燃え尽きたい 
あなたのすべて 巻き込んで  


朗読はこちら

ナオさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

ある朝

ある朝目覚めたの 
私の中の何か 
心が動き出す 
募って行くのは何 
時の流れに 
逆らうこともせず 
過ぎて行ったわ 
何もかもが 
捨てきれないで 
閉じ込めてた 
この情熱を 
もう隠せはしない  

誰にも胸の奥 
小さくそっと抱いて 
守ってきたものが 
あるはずよね私も 
残された日々 
いつまであるのかは 
誰も知らない 
今を生きて 
忘れられずに 
こがした胸 
この瞬間を 
もうのがしはしない  

我慢をしてたのね 
私の中でずっと 
扉を開け放ち 
今こそ飛び出したい 
時の足音 
気にすることもなく 
夢を見るのよ 
遅くないわ 
心ゆくまで 
愛するなら 
このときめきを 
もう離しはしない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

今度こそ♪

男)
昔の夢よ 今一度 
悪友誘って 遠距離バンド 
思うにまかせず 飛び込んだ場所 
それが運命と 今ならわかる 
夢のかけらを 拾い集めて 
僕を誘う 君の言葉 
広がる世界 膨らむ想い 
会いに行くよ 今度こそ  

女)
誰にもいえぬ ひとり言 
伝えてみたくて つづった言葉 
歌ってほしいと 飛び込んだ場所 
それが運命と 今ならわかる 
想い重ねて 心奏でる 
夢は弾み 走り出した 
広がる世界 膨らむ想い 
待っているわ 今度こそ  

男)初めてなんて 思えない  
女)イメージ通りの 優しい笑顔 
男)緊張すると 思ってたのに 
女)これが運命と 今でも思う 
男)会えて良かった 君に乾杯 
女)うれし涙 止まらないわ 
男女)広がる世界 膨らむ想い 
男女)永遠(とわ)にふたり 今度こそ  


ナオさん作曲・歌 とまと歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:16| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ここよ

日が昇れば 
隠れてしまう 
月は白く 
あなたの影に 
逢いたくて 
逢いたくて 
待っているのに 
誰も気づかない 
私はここよ 
ここにいる 
あなたの光が 
眩しすぎる  

日が落ちれば 
輝きだすの 
月は赤く 
姿を変える 
逢いたくて 
逢いたくて 
待っているのに 
いつもすれ違い 
私はここよ 
ここにいる 
あなたの光で 
輝いてる  

日を追いかけ 
近づきたくて 
月はそっと 
心に決める 
逢いたくて 
逢いたくて 
待っているのに 
なぜにそっけない 
私はここよ 
ここにいる 
あなたの光に 
焦がれている  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:14| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

白い冬に♪

風が揺らす 枯れ葉のように 
今にも散って しまいそうな願い 
最後の一枚が 落ちてしまうのは 
きっと誰にも 止められない 
もう少しだけ あと30分 
待ってみるわ あなたのことを 
白い冬に 変わっていく 
景色が心に 染みてくる  

風が泣くの 私のように 
信じていたい 凍りついた願い 
最後の約束が 悲しすぎるのは 
きっとあなたが 優しいから 
もう少しだけ あと30分 
待っていたい 私のために 
白い冬に 変わっていく 
景色が心を 埋め尽くす

もう少しだけ あと30分 
待っていても いいでしょあなた 
白い冬に 変わっていく 
景色が心も 変えていく  

景色が心も 変えていく  


夢有眠さん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:29| Comment(3) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

朗読(BlogPet)

きのう、シロは朗読するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 07:49| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今でも

記憶の中の 
あなたの笑顔 
いつまでたっても 
褪せたりしない 
初めてだった 
恋した心 
今でもときめき 
忘れない 
小さな胸に 
抱きしめて 
輝くの 
いつまでも  

最後の言葉 
私の願い 
どんなに待っても 
戻らぬふたり 
初めてだった 
切ない涙 
今でもあふれて 
止まらない 
約束したの 
この指で 
赤い糸 
いつまでも  

季節はいつも 
やさしく過ぎて 
寒さに震える 
心に積もる 
初めてだった 
燃え立つ想い 
今でも温もり 
想い出す 
小さな灯り 
見守って 
忘れない 
いつまでも  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:13| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

眠ってるの

静かな夜には 心が騒ぐ 
ひとりぼっちに なった気がして 
風の音は いつから途絶えたの 
鼓動だけが 響いてる 
みんなみんな 眠ってるの 
きっときっと 眠ってるの  

静かな夜には 灯りをつけて 
待っているのも 寂しすぎるね 
ひとりきりの 部屋には不安だけ 
広がるのよ いつだって 
みんなみんな 眠ってるの 
きっときっと 眠ってるの  

静かな夜には 逢いたさ募る 
こぼれ落ちては 濡らす心に 
月も星も 答えてくれないの 
夢の中で 逢いましょう 
みんなみんな 眠ってるの 
きっときっと 眠ってるの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:20| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

月夜に泣いた

いつから君は そこにいたのか 
なりたくても なれない狼 
僕に力を 与えてくれ 
この世界を 生き抜くために 
夢の中で生まれた 君は僕の化身 
何でもできる力の 象徴だった 
月夜に泣いた 狼が泣いた 
力なんて どこにもないと  

黙って見てた そこにいたのに 
なりたくても なれない狼 
声の限りに 叫んだはず 
この世界を 救ってくれと 
夢の中で笑った 君は僕の化身 
ひとりで生きていけると 誓った証 
月夜に泣いた 狼が泣いた 
力よりも 愛してくれと  

いつから僕は 見失ったの 
なりたくても なれない狼 
ほかの誰でも なかったんだ 
この世界を 生きていくのは 
夢の中で見つめる 君は僕の化身 
強がるだけの幻影 偶像だった 
月夜に泣いた 狼が泣いた 
ほしいものは 愛だと泣いた  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:24| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

覚えてますか♪

澄み渡る空に 
浮かぶ白い雲 
君ならなんて 
呼ぶのだろう 
鯨みたいって 
いったなら 
君はどんな顔 
するのかな 
覚えてますか 
あの日の雲を 
覚えてますか 
君の言葉を  

キラキラと瞳 
輝かせていた 
君なら駆けて 
行くのだろう 
雲を追いかけて 
どこまでも 
君は行きたいと 
笑ったね 
覚えてますか 
あの日の空を 
覚えてますか 
君の笑顔を  

夢見てるように 
空を見つめてた 
君なら今も 
呼ぶのだろう 
鯨だらけって 
いいながら 
君ははしゃいだり 
するのかな 
覚えてますか 
あの日の夢を 
覚えてますか 
君の世界を  


朗読はこちら

solacielさん作曲
ひらみぃさん歌
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする