2010年01月31日

出てこない♪

焼け付く夏は 遠く遠く 
涙をためた 秋は冬へ 
枯れ葉を踏みしめて 歩いた 
道は冷たい 冬の色 
寒がりやの君は かたつむり 
おこたの中に 入ったまま 
誰が呼んでも 出てこない 
春がくるまで 出てこない  

凍える風は 肌に痛く 
あかぎれ指は 涙誘う 
震えが止まらない からだに 
外に出る気も うせていく 
寒がりやの君は かたつむり 
おこたが好きで たまらなくて 
誰が呼んでも 出てこない 
春がくるまで 出てこない  

空から雪が 降ってきても 
窓からそっと 見つめるだけ 
景色が白色に 染まって 
心寂しく なるばかり 
寒がりやの君は かたつむり 
おこたでいつも 冬を過ごす 
誰が呼んでも 出てこない 
春がくるまで 出てこない  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

月夜のダンス♪

妖しく月が輝く夜は 
この血が騒ぐのよ 
月明かりの下で待てば 
同じ匂いが漂ってくる 
ねえ今夜は帰りたくないの 
ねえ一緒に踊り明かしましょう 
丸い月に目覚める狼 
誰が止めても止まらない 
ダンスダンス月夜のダンス 
引っ掻いてもいいかしら  

今夜は仮面脱ぎ捨てるのよ 
心を解き放ち 
月明かりの下にいれば 
何も怖くはなくなるはずよ 
ねえ時間はたくさんあるわ 
ねえ一緒に踊り明かしましょう 
月が赤く染まって行く夜 
誰の心も狼よ 
ダンスダンス月夜のダンス 
噛み付いてもいいかしら  

雲さえ月を隠せぬ夜は 
あなたがほしくなる 
月明かりの下で光る 
瞳見つめて時を忘れる 
ねえ今夜は眠れそうにない 
ねえ一緒に踊り明かしましょう 
赤い月に吸い込まれたって 
誰の助けもいらないわ 
ダンスダンス月夜のダンス 
食べちゃってもいいかしら  


朗読はこちら

北極星さん作曲・とまと歌

北極星さん作曲・ひらみぃさん歌
posted by to_ma_to at 06:47| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

どうしたの

背を向けただけで 寂しそうな顔してた 
君は前よりも 泣かなくなったね 
逢えない時の 君を思うと 
胸が苦しくて たまらなかった 
いつのまに どうしたの 
君に何が 起こったの 
君の笑顔は お日様のように 
僕を照らして 輝いてる  

沈黙の中で 涙ためてうつむいた 
君は儚くて 消えそうだったね 
いつでもそばに 僕はいたくて 
叫びだしそうな 痛み感じた 
いつのまに どうしたの 
君に何が 起こったの 
君の涙は あの雲のように 
青い空へと 吸い込まれた  

離れてた 時間だけ 
君は強く なっていた 
僕の心は お日様のような 
君を見つめて 弾んでるよ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

冬の雨

夜の街を あなた追いかけ 
飛び出したのは 何のため 
振り向きもせずに 出て行った 
冷たい人なのに ばかよね 
冬の雨が からだを濡らして 
震える心に 追い討ちかける 
走っても 走っても 
あなたには 追いつけない  

いつのまにか 心離れて
戻らないのに なぜかしら 
意地を張り過ぎて 嫌われて 
いまさらどうするの ばかよね 
冬の雨が 瞳を濡らして 
視界をくもらせ 追い討ちかける 
探しても 探しても 
あなただけ 見つからない  

冬の雨が あなたを隠して 
泣いてる私に 追い討ちかける 
叫んでも 叫んでも 
あなたには 伝わらない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

遠い春(BlogPet)

とまとの「遠い春」のまねしてかいてみるね

君とわかってる君の春いつかは野の春いつかは野の夢の夢だそれでも待ってる君の口癖切ないよ遠い春今でも信じて何度目の春いつかはまっすぐで遠い春願えば笑顔を見せて何度目の瞳はまっすぐで遠い春願えば笑顔を思うと逢えば笑顔を思うと出会ってくれる君と逢えば叶うだそれでも幸せだそれでも待ってるくせにいつもしおれてしまうそれでも信じてくれる君の花逢いに君と出会って過ぎ去った日々が愛しい逢えた日々が長くなるほど胸が愛しい逢えた日々が長くなるほど胸が痛い返事も行かずささやく言葉騙された冬の瞳はまっすぐで遠い春か雪が咲いて期待に朗読は野の春今でも待ってるくせにも行かずそれでも待ってるくせに君を見せているの瞳はつかめるなんて夢だと出会って期待に秋の花逢いに君を見せてくれる君は野の一途さ我慢できずささやく言葉騙された日々が痛い返事もしない逢いに朗読は野の冷たさ我慢できずそれでも待ってる君の口癖切ないよ遠い春いつかはこちらへ

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:40| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠い春♪

君と出会って 過ぎ去った日々が 
長くなるほど 胸が痛い 
返事もしない 逢いにも行かず 
それでも待ってる 君を思うと 
逢えば笑顔を 見せてくれる 
君の瞳は まっすぐで 
遠い春今でも 信じているの 
夢のまた夢だと わかってるくせに  

秋の寂しさ 打ち消したかった 
冬の冷たさ 我慢できず 
ささやく言葉 騙されたんだ 
それでも待ってる 君が愛しい 
逢えただけでも 幸せだと 
君の口癖 切ないよ 
遠い春いつかは つかめるなんて 
夢のまた夢だと わかってるくせに  

君と出会って 何度目の春か 
雪がとけたら 花が咲いて 
期待にいつも しおれてしまう 
それでも待ってる 君は野の花 
逢いに行きたい 枯れる前に 
君の一途さ 突き刺さる 
遠い春願えば 叶うだなんて 
夢のまた夢だと わかってるくせに  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:48| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

君に逢いたい

何をすればいいのか わからない 
立っているだけで 精一杯のおいら 
ずぶずぶと沈む 底なし沼のように 
身動きできない 意気地なしさ
群れを成して 飛んで行く
鳥を見つめて うらやんでしまう
待ちぼうけ待ちぼうけ 誰を待っている 
待ちぼうけ待ちぼうけ 君に逢いたい  

何もせずに時間が 過ぎていく 
倒れないために 踏ん張っているおいら 
立っている場所も 危うい崖のように 
身動きできない 意気地なしさ
何も期待 したくない
鳥のようには 飛べるはずもない
待ちぼうけ待ちぼうけ 誰も来ないのに 
待ちぼうけ待ちぼうけ 君に逢いたい  

忘れられて それっきり
飛んで行くのを 止められはしない
待ちぼうけ待ちぼうけ 誰が笑っても 
待ちぼうけ待ちぼうけ 君に逢いたい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

おしくらまんじゅう♪

冬はとても寒いので 
ひとりでいたら凍えちゃう 
そばに君がいるような 
温もりがほしくなる 

それでも寒くて 
震えるのなら 
おしくらまんじゅう 
なんてどうかな 

やわらかい君のからだ 
あたたかい君のからだ 
僕の心は空を飛ぶ 
僕の心は春になる  

冬はいつもどんよりと 
暗くて泣いてしまいそう 
そばに君がいるような 
優しさがほしくなる 

それでも冷たく 
寂しいのなら 
おしくらまんじゅう 
したらどうかな 

弾んでる君のからだ 
香ってる君のからだ 
僕の心は宙を舞う 
僕の心は夏になる  

濡れて行く君のからだ 
熱くなる君のからだ 
僕の心は天高く 
僕の心は燃え上がる  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

好きなのに♪

あなたに見せる 笑顔の影に 
泣きべそかいてる 私がいる 
あなたの中に 住んでる人を 
知らなければ よかった 
比べたって しかたないし 
勝ち負けじゃないと わかってる 
好きなのに好きなのに 私だって 
好きなのに好きなのに 誰よりあなたを  

誰かをねたみ 憎んでいたら 
自分が惨めに なるだけよね 
私の中に 生まれた思い 
育てたくは なかった 
比べたって しかたないし 
選ばれなかった だけなのに 
好きなのね好きなのね 私よりも 
好きなのね好きなのね 誰よりあなたは  

比べたって しかたないし 
かわれるわけなど ないけれど 
好きなのに好きなのに 私だって 
好きなのに好きなのに 誰よりあなたを  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

にらめっこ

あなたと私の 
にらめっこ 
似た者同士の 
にらめっこ 

わかっていても 
歩み寄れない 
あなたと笑って 
いたいのに  

あなたと私の 
にらめっこ 
悲しいだけなの 
にらめっこ 

素直になれば 
それでいいのよ 
あなたの笑顔に 
逢えるのに  

あなたと私の 
にらめっこ 
いつまで続くの 
にらめっこ 

笑えば負けよ 
負けてもいいわ 
あなたも笑って 
くれるなら  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:06| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

好き・嫌い

好き・嫌い 好き・嫌い 

たったひとこと つぶやくだけで 
天国と地獄 どっちがいいの 

聞きたいのは 優しい言葉 
心満たす 愛の言葉 

呪文のように 繰り返し 
あなたの心に 繰り返す  

好き・嫌い 好き・嫌い 

たったひとこと 期待するのは 
ときめきと痛み どっちがいいの 

聞きたいのは うれしい言葉 
心躍る 愛の言葉 

呪文のように ささやいて 
私の心に ささやいて  

好き・好き 好き・好き 
好き・好き 好き・好き 

呪文のように 繰り返し 
私の心に ささやいて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:41| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

雪の子♪

雪の子ふわふわ 
白い空から降ってくる 
誰が一番先に 
見つけてくれるのかな 
誰が一緒に僕と 
遊んでくれるのかな 
さびしがりやの 
だれかさん 
握り締めたら 
ほらほら解けちゃうよ  

雪の子元気に 
白く大地を染めていく 
誰が一番先に 
足跡つけるのかな 
誰が一緒に僕と 
遊んでくれるのかな 
あわてんぼうの 
だれかさん 
はしゃぎすぎたら 
ほらほら転んじゃうよ  

雪の子きらきら 
注ぐ日差しに笑ってる 
誰が一番先に 
気づいてくれるのかな 
誰が一緒に僕と 
遊んでくれるのかな 
泣いてばかりの 
だれかさん 
君の涙も 
ほらほら笑ってるよ  

ほらほら笑ってるよ  


朗読はこちら

ひらみぃさん作曲・たんぽぽしゃん歌
posted by to_ma_to at 06:24| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月20日

愛想(BlogPet)

きょうトーマは、約束したかったの♪
だけど、とまとで愛想を束縛されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:27| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前髪

伸び過ぎちゃったの 
私の前髪 
伸び過ぎちゃったの 
知らないあいだに 
見つめるたびに 
潤んでしまう 
あなたのせいじゃ 
ないのにね 
いくら見つめても 
あなたは知らない 
小さな想いは 
誰も知らない  

切り過ぎちゃったの 
私の前髪 
切り過ぎちゃったの 
おでこが見えてる 
見晴らしよくて 
恥ずかしくなる 
あなたを見つめ 
たいのにね 
いくら見つめても 
あなたは知らない 
小さな想いは 
誰も知らない  

あきらめちゃったの 
私の前髪 
あきらめちゃったの 
短くしたのは 
気づかれぬまま 
終わりにしたの 
あなたのせいじゃ 
ないのにね 
いくら見つめても 
あなたは知らない 
小さな想いは 
誰も知らない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

あんたが消えた♪

あんたが消えた あの日から 
あたしは変わって しまったの 
泣いて泣いて 泣き濡れて 
涙さえも つきてしまった 
うつろな心には 何も響かない 
移ろう季節も 感じない 
冬になっても 春になっても 
あんたがいなけりゃ 変わらない  

あんたが消えた 事実だけ 
あたしは受け入れ 乗り越えた 
笑え笑え 無理にでも 
笑うことで 耐えてきたのさ 
うつろな心には 何も残らない 
移ろう季節も 見えてない 
冬が過ぎても 春が過ぎても 
あんたがいなけりゃ 変わらない  

あんたが消えた あの日より 
あたしは変わって いるだろう 
待って待って 待ち疲れ 
願うことも やめてしまった 
うつろな心には 何も愛せない 
移ろう季節も わからない 
冬の寒さも 春の日差しも 
あんたがいなけりゃ 変わらない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

暮れ行く空が♪

遠くに聞こえる カラスの声に 
時計を見つめて 待ちぼうけ 
約束したよね したはずよ 
いつまで待てば いいのかな 

あなたがきたら 怒らないわ 
笑顔で抱きしめて あげるのにね 
暗くなっても これからが 
ふたりの時間の 始まりよ 

暮れ行く空が 赤く染まって 
ひとりで見るには 寂しすぎる 

吹き抜ける風よ できるなら 
私はここだと 伝えてよ 
待っているのは 慣れてるけど 
ひとりぼっちの 夜は怖いの 

いつまで待たすの 私だけ 
だめならだめと いってくれたら 
行けなくなったと 謝って 
くれるだけで いいのにね 

暮れ行く空が 赤く染まって 
ひとりで見るには 寂しすぎる 
暮れ行く空が 赤く染まって 
ひとりで見るには 寂しすぎる 

いつからふたりは すれ違い 
いやならいやと いってくれたら 
都合が悪くて 行けないと 
それだけで いいのにね 

そうね 私がわがままを 
いっては 困らせたのね 
ごめんね もういわないから 
迎えにきて お願いよ 

いつまで待たすの 私だけ 
だめならだめと いってくれたら 
行けなくなったと 謝って 
くれるだけで いいのにね 

※暮れ行く空が 赤く染まって 
ひとりで見るには 寂しすぎる※ 

※繰り返し


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

大嫌い

一番近くて 一番遠いの 
一番好きでも 一番嫌い 
今夜もふらふら どこにいるの 
あなたの心は 捕まえられない 
私を泣かせる あなたなんか 
嫌い嫌い 大嫌い  

一番優しく 一番冷たい 
一番愛しく 一番憎い 
いつでも誰かに 笑顔向けて 
あなたは私を 見つめてくれない 
私を悩ます あなたなんか 
嫌い嫌い 大嫌い  

一番見つめて 一番キスして 
一番愛して 一番抱いて 
あしたも気ままに 飛んで行くの 
私の知らない 誰かのもとへと 
心を奪った あなたなんか 
嫌い嫌い 大嫌い  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:58| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

優しい夜♪

夕焼け空に 伸びる影ひとつ 
冷たい風が 吹き抜ける 
肩寄せながら 歩いた道 
あなたの温もり 思い出す 
約束したのに 指切りしたのに 
どこにもいない あなたはいない 
最後の笑顔は 星のきらめき 
誰の願いを 叶えるの  

家路を急ぐ 鳥の鳴く声に 
見上げた空が 暮れて行く 
心にいつも 続いていく 
ふたりの未来を 描いてた 
約束したのに 笑っていたのに 
どこにもいない あなたはいない 
最後の言葉は 星のまたたき  
誰の願いを 聞きたいの  

もうすぐ星が 夜を彩って 
恋人達に 微笑むの 
あの日と同じ 優しい夜 
泣いたりしないわ 笑ってる 
約束したのに 信じていたのに 
どこにもいない あなたはいない 
最後の約束 星のゆらめき 
誰の願いを 待ってるの  

誰の願いを 待ってるの  


ひらみぃさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:08| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月15日

涙のように

誰かが作った 雪だるま 
泣きそうな顔 してるのはなぜ 
ポタポタ落ちる 日差しの中で 
ポタポタ落ちる 涙のように 
忘れられたの あなたも 
忘れられたの 私も  

お日様輝く 青い空 
耐え切れなくて とけて行く雪 
ポタポタ落ちる 屋根から雨が 
ポタポタ落ちる 涙のように 
待てなかったの あなたも 
待てなかったの 私も  

春には届かぬ 想いでも 
凍ったままじゃ いられないのね 
ポタポタ落ちる 過ぎ行く時に 
ポタポタ落ちる 涙のように 
苦しかったの あなたも 
苦しかったの 私も  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

ハイエナマン♪

僕らはお腹をすかせた 
ハイエナマン 
三度のご飯を食べても 
ハラヘリマン 
今日のおやつは何かな 
これじゃ足らない足らない 
変身するよ 
ハイエナマン  

僕らのお腹は底なし 
ハイエナマン 
お代わりたくさんしたいよ 
ハラヘリマン 
ポテトチップス発見 
誰が残して行ったの 
変身するよ 
ハイエナマン  

僕らは誰にも負けない 
ハイエナマン 
満腹だったら強いさ 
ハラヘリマン 
ウルフマンよりたくさん 
食べて大きくなりたい 
変身するよ 
ハイエナマン  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・トースター歌
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする