2010年02月28日

さよならの足音♪

さよならの足音が 
聞こえたの 
気のせいじゃなかったわ 
あなたから
耳をふさいでも 
戻らない 
ふたりの時間は 
風の中 
今日は晴れって 
天気予報 
私の心は 
雨なのに  

笑ってたあの時も 
感じてた 
温もりが消えていた 
あなたから 
この手のばしても 
届かない 
あなたの心は 
霧のなか 
今日は晴れって 
天気予報 
私の心は 
雨なのに  

さよならの足音が 
鳴り響く 
どんよりと重い雲 
あなたから 
ひとりぼっちでは 
眠れない 
ふたりの思い出 
凍りつく 
今日は晴れって 
天気予報 
私の心は 
雨なのに  


朗読はこちら

muuさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

あしたに向かって♪

人生には たった一人で 
立ち向かう 時がある 
何もできない 子供じゃなく 
もう君は自分で 選べるのだから 
あれこれと 口出ししたって 
聞きたくは ないだろう 
ここから先は 君が決めるんだ 
後悔しないために 
勉強だけが すべてじゃない 
何が必要なのかも 
これから君が 学ぶことさ 
失敗を恐れるな 何度でもやり直せる 
あしたに向かって 笑顔で歩き出そう  

見守るしか 今はできない 
歯がゆくて じれったい 
この手差し出し 支えたいが 
もう君は自分で 歩けるのだから 
何もかも レールを引いても 
不自由な だけだろう 
ここから先は 君が作るんだ 
後悔しないために 
勉強だけが すべてじゃない 
何が大切なのかも 
これから君が 学ぶことさ 
失敗を糧にして 大きくもなれるんだよ 
あしたに向かって 笑顔で歩き出そう  

勉強だけが すべてじゃない 
心潤す何かも 
これから君が 学ぶことさ 
失敗はつきものさ それから先が勝負 
あしたに向かって 笑顔で歩き出そう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:28| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

可能性(BlogPet)

とまとの「可能性」のまねしてかいてみるね

小さな手にはこちらへ

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 08:26| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

可能性

小さな手には 
無限の可能性 
いつでも君は 
つかみ取れる 
描(えが)いた夢を 
あきらめないで 
明るい未来 
描き続けて  

小さな手には 
輝く可能性 
いつでも君は 
探し出せる 
迷ったときは 
心を見つめ 
信じる未来 
守り続けて  

小さな手には 
広がる可能性 
いつでも君は 
選び取れる 
抱(いだ)いた夢を 
希望に変えて 
確かな未来 
作り続けて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:01| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

春はもう

寒い寒いと 震えてる 
君は気づいて ないのかな 
突き刺すような 風じゃなく 
やさしくなでる 風が吹く 
春はもう そこまで来てる 
春はもう 君を待ってる  

辛い辛いと 泣いている 
君は気づいて ないのかな 
暗くて重い 雲じゃなく 
流れるような 雲が行く 
春はもう そこまで来てる 
春はもう 君を待ってる  

夢は夢だと 思ってる 
君は気づいて ないのかな 
想いの強さ 信じれば 
叶わぬものは ないことを 
春はもう そこまで来てる 
春はもう 君を待ってる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

窓を開けたら♪

いつからそこに あったのかしら 
埃を被った かざぐるま 
君が残して いったのね 
眺めて遊ぶ 年でもないから 
小さな口で 息吹きかけて 
笑ってたのは いつのこと 
窓を開けたら 春の風 
回り出した かざぐるま  

教科書ノート 机の上は 
片付けられずに 残ってる 
君が残して いったまま 
いらないのなら 捨てればいいのに 
小さな指で 鉛筆握り 
笑ってたのは いつのこと 
窓を開けたら 春の風 
時が戻る かざぐるま  

今頃何を してるのかしら 
慣れない生活 頑張って 
君が残して いったもの 
思い出浮かぶ 次から次へと 
小さな瞳 輝かせては 
笑ってたのは いつのこと  
窓を開けたら 春の風 
回れ回れ かざぐるま  


朗読はこちら

wadachanさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

雪になれ♪

風よ吹け 
鳥よ飛べ 
雲を呼び 
雪になれ 

あなたがいない 
世界は暗くて 
すべてを白く 
染めてほしいの 

冷たく捨てられた 
子猫なんて嫌よ 
泣いてもすがっても 
何も変わらない  

風よ吹け 
鳥よ飛べ 
雲を呼び 
雪になれ 

思い出なんて 
悲しいだけなの 
すべてをかたく 
閉ざしてほしいの 

あなたを待っている 
子猫なんて嫌よ 
愛されないのなら 
何も残さない  

※風よ吹け 
 鳥よ飛べ 
 雲を呼び 
 雪になれ※  

※繰り返し


Kohjiさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:43| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

届けてあげる♪

気まずい空気 入れ替えたくて 
自転車乗って 飛び出した 
髪を揺らす風が 優しくて 
道に咲いた花が かわいくて 
見慣れたはずの 風景が 
色づく春に 変わってた  

素直じゃないわ そっぽを向いて 
ふてくされては 冬ごもり 
窓を照らす日差し 知らないの 
凍りついた水も とけてるの 
一緒に来れば いいのにね 
色づく春が 待っている  

一回りして 気分を変えて 
扉をそっと たたいたの 
風が背中押して いるみたい 
香るような風を 感じてる 
届けてあげる あなたにも 
色づく春が やってきた  


朗読はこちら

wadachanさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

一緒に帰ろう♪

真っ暗な部屋 冷たい空気 
誰もいなかった 僕の心 
迷子の子猫を 探してた 
泣きそうな君が 住みついた 
どこにいるの 子猫ちゃん 
凍えてしまう 君も僕も 
震えてる君を 抱きしめたい 
一緒に帰ろう マイスィートホーム  

真っ青な顔 唇噛んで 
心細そうな 君の心 
迷子は君だね わかってた 
飛び込んでおいで この胸に 
どこにいるの 子猫ちゃん 
温め合おう 君も僕も 
笑ってる君に 逢いたくなる 
一緒に帰ろう マイスィートホーム  

真っ白い雪 降っては積もり 
埋もれそうだった 心ふたつ 
迷っているより 歩こうか 
ふたりなら出口 見つかるさ 
どこにいるの 子猫ちゃん 
もう決めたんだ 君も僕も 
幸せを僕に 分けてほしい 
一緒に帰ろう マイスィートホーム  


ひらみぃさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:41| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

揺れてしまう♪

わずかな風にも 揺れてしまう 
心は弱くて 儚いもの 
確かにそこに あるはずなのに 
確かめたくて 問いかける 
愛してる 愛してる 
何度でも ささやいて 
愛してる 愛してる 
いつまでも ささやいて  

信じているのに 揺れてしまう 
自分で自分に 負けてるだけ 
見えないけれど 切れたりしない 
心の糸を 捜してる 
愛してる 愛してる 
あなただけ 抱きしめて 
愛してる 愛してる 
いつまでも 抱きしめて  

わかっているのに 揺れてしまう 
誰より優しい あなただから 
困らせたくは ないはずなのに 
ごめんねいつも 揺れている 
愛してる 愛してる 
何度でも ささやいて 
愛してる 愛してる 
いつまでも 抱きしめて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

通学(BlogPet)

きょうトーマは朗読も作曲したかったみたい。
それでとまとは子気は通学する?
でも、きょうは、とまとと目とする?

*このエントリは、ブログペットの「トーマ」が書きました。
posted by to_ma_to at 07:58| Comment(0) | こうさぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠の片思い

通学電車 
いつもの車両 
あなたが待ってる 
駅のホーム 
変わらない笑顔 
見つめてる私 
卒業までの 
三年間 
永遠の片思い 
縮まらない距離に 
つくのはため息 
誰も気付かない  

友達同士 
ふざけてみせる 
あなたの姿が 
眩しすぎる 
向けられぬ笑顔 
望んでも夢ね 
言葉を交わす 
勇気もない 
永遠の片思い 
近づけない距離に 
心で泣いても 
何も変わらない  

イベント過ぎて 
後悔ばかり 
私にチャンスは 
二度と来ない 
過ぎて行く時を 
戻せるのならば 
終止符打って 
幕を閉じる 
永遠の片思い 
色あせない想い 
今でも好きだと 
告げてみたくなる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

負けないで

あなたがくれた 冬色のチョコレート 
口に入れたら 心も溶けていく 
それだけで 私は大丈夫 
微笑んで 待っていられる 
北の大地に 吹きすさぶ風 
凍える寒さに どうか負けないで 
はるかな空見つめて 祈っています 
あなたとまた逢えると 信じています  

あなたがくれた 思い出のチョコレート 
甘く切なく 心にしみていく 
それだけで 元気になれるから 
泣かないで 歩み続ける 
北の春には 遠すぎる風 
冷たくされても どうか負けないで 
はるかな空見つめて 祈っています 
あなたとまた逢えると 信じています  

あなたがくれた 大好きなチョコレート 
白く優しく 心を包み込む 
それだけで あなたの温もりと 
愛しさが 胸にあふれる 
北の大地に 春を呼ぶ風 
届けてみせるわ だから負けないで 
はるかな空見つめて 祈っています 
あなたとまた逢えると 信じています  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

まぼろし♪

いつまでなら そばにいて 
甘えられる あなたには 
教えてよ ふたりには 
時間がない 

友達には 戻れない 
あの頃には 帰れない 
遅すぎた ふたりには 
さよならだけ 

あなたとふたり 夢を見てたの 
叶わぬ夢を 見てただけ 
恋はまぼろし  

さよならなら いわないで 
思い出だけ 残せたら 
それでいい ふたりには 
あしたはない 

あなたとふたり 夢を見てたの 
儚い夢を 見てただけ 
恋はまぼろし  


北極星さん作曲・とまと歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

教えてくれた

暗い空見つめては 
あふれだす涙より 
青い空思い出し 
あふれだす微笑を 
浮かべたら浮かべたら 
心は透きとおり 
あなたの好きな 
空色になる 
風がそっと 
教えてくれた 
春の目覚め 
教えてくれた  

朝はまだ来ないよと 
募らせる不安より 
星空を思い出し 
募らせる願い事 
届けたら届けたら 
心は輝いて 
あなたの好きな 
星色になる 
風がそっと 
教えてくれた 
春の息吹 
教えてくれた  

すれ違い感じては 
増えていく迷路より 
好きな人思い出し 
増えていく愛しさを 
見つめたら見つめたら 
心は満ち足りて 
あなたの好きな 
薔薇色になる 
風がそっと 
教えてくれた 
春の香り 
教えてくれた  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:45| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

小さな春♪

水溜りに張った 氷が解ける 
小さな春が 降り注ぐ 
手をつないで 歩く道 
解けきれないで 残る雪 
冷たい風に 震えても 
凍える寒さ 感じても 
あなたといれば いつも春です  

取り戻した空は 日差しに映えて 
小さな春が 笑ってる 
手をつないで 歩く道 
踏みしめながら どこまでも 
冷たい風が 強くても 
凍える寒さ 続いても 
あなたといれば いつも春です  

冷たい風も 気にしない 
凍える寒さ 耐えられる 
あなたといれば いつも春です  


Kohjiさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

初恋(第21話)♪

何か違う 私の心臓
飛び出しそうに 鳴り響く 
窓から校庭 見てただけ 
あの子が歩いて いただけよ 
どうしてどうして 止まれ止まれ 
こっちを向いて 私に気づいて  

何か変よ 私の心臓
準備もなしに 走り出す 
教室移動で 歩いてた 
あの子が歩いて いただけよ 
どうしてどうして 止まれ止まれ 
こっちを向いて 私に気づいて  

何をしたの 私の心臓
あの子に何か 感じてる 
目と目が合ったの それだけで 
あの子が笑った それだけで 
どうしてどうして 止まれ止まれ 
こっちを向いて 私に気づいて  


ナオさん作曲・歌
出会い・今日子シリーズ第21話

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:41| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

チョコレート

年がら年中 待ってるだけ 
たまには告白 なんてどう? 
胸のときめき 伝えるアイテム 
甘くてとろける チョコレート 
あなたが好き あなたが好き 
一番大事な 想いを込めて  

片想いばかり していたんじゃ 
ストレスたまって しまうよね? 
秘めた想いも 嫌いじゃないけど 
砕けて散っても チョコレート 
あなたが好き あなたが好き 
明日が見えるわ 扉を開けて  

友達どまりに あきてるなら 
もうひと押しする 勇気ある? 
見つめていても 気付かない人に 
特大ハートの チョコレート 
あなたが好き あなたが好き 
あふれる想いを 笑顔に変えて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:09| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

見つめて♪

雲が月を 隠すように 
時々あなたが わからなくなる 
やさしいのは 変わらないし 
忙しいのも わかってる 
あなただけを 見つめていたい 
私だけを 見つめてほしい 
贅沢かしら 欲張りかしら 
月に聞いても 教えてくれない  

月の灯り 頼りすぎて 
少しの陰りも 震えてしまう 
温かさは 変わらないし 
気遣いだって わかってる 
あなただけを 見つめていたい 
私だけを 見つめてほしい 
わがままかしら ヤキモチかしら 
月に聞いても 答えてくれない  

月はいつも そこにあると 
あなたに逢うたび ほっとするのに 
愛しいのは 変わらないし 
信じていいと わかってる 
あなただけを 見つめていたい 
私だけを 見つめてほしい 
おかしいかしら あきれるかしら 
月に聞いても 確かめられない  


朗読はこちら

北極星さん作曲・とまと歌
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

聞こえてくる♪

そろそろ聞こえてくる 
君の足音が響く 
大地を蹴って飛ぶような 
今日の君は弾んでる 
いいことあったのね 
笑顔がこぼれてる 
こんな日は優しく 
見つめてくれるんだ 
通り過ぎる君の風は 
暖かくて大好きだよ 
ゆらゆら揺れてる小さな花 
君に見つめられてまた揺れた  

まだまだ聞こえないよ 
今日はどうしたのだろう 
見知らぬ人が通るたび 
耳を澄ませ確かめる 
寝過ごしたのかもね 
慌てる君の顔 
待っててもいいかな 
楽しみにしてるよ 
通り過ぎる君の風を 
感じたくてわくわくする 
ゆらゆら揺れてる小さな花 
君を思いながらまた揺れた  

ほらほら聞こえてくる 
君の駆けてくる音が 
息せき切って危ないよ 
今日の君はまっかっか 
大丈夫だからね 
そんなに急いだら 
転んでも知らない 
そそっかしいくせに 
通り過ぎる君の風に 
飛ばされたらどこに行こう 
ゆらゆら揺れてる小さな花 
君を見つめながらまた揺れた  


朗読はこちら

北極星さん作曲・とまと歌
posted by to_ma_to at 11:13| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする