2010年07月31日

夜空のmemory

君と歩く道 どこからか 
振り返っても わからない 
気づけばいつも そばに君がいて 
どんなときも 微笑んでいた 
優しい時間 静かな夜 
二人で見つけた 流れ星 
心に浮かんだ あしたに 
夜空がくれた memory  

君と歩く道 どこまでも 
続いていくと 思いたい 
温もりいつも 僕にくれる人 
どんなときも 変わらないまま 
優しい時間 静かな夜 
二人で見つめた 青い月 
心に描(えが)いた あしたに 
夜空がくれた memory  

君と歩く道 いつの日か 
終わりがくると わかっても 
この手をいつも 握り締めてるよ 
どんなときも 出逢えるはずさ 
優しい時間 静かな夜 
も一度見つけた 流れ星 
心に刻んだ あしたに 
夜空がくれた memory  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

フェードアウト

友達 恋人 どっちにもなれない 
逢うたび涙が 零れ落ちるから 
気づかれないように フェードアウト 
そんな心配しなくても 気にもされない
私の何かが 変わったのよ 
またここから 歩き始めるわ  

友達 恋人 どっちならなれたの 
逢うたび揺れては 時を逃(のが)してた 
待っても来ないなら フェードアウト 
こんな幕切れ似合ってる いつもそうだった 
思い出たくさん もらったわね 
またいちから 集め始めるわ  

友達 恋人 どっちでも悲しい 
逢うたび心が もがき苦しむの 
信じることから フェードアウト 
何もわかってなかったの これで自由よ 
ひとつも後悔 してないのよ 
またひとりで 歩き始めるわ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

恋の妄想暴走

好きだといって 
ほしいわけじゃない 
たまには思い出して 
ほしいだけなの 
メールよりも声が聞きたい 
おやすみなさいとささやいて 
小さな小さな私の夢 
恋して恋して膨らむ夢 
空想妄想果てしなく 
心の中はあなたでいっぱい  

好きだといって 
みたいわけじゃない 
たまには話聞いて 
ほしいだけなの 
言葉よりも心触れたい 
優しい瞳で見つめてね 
小さな小さな私の夢 
恋して恋して膨らむ夢 
迷走暴走どこまでも 
心の中はあなたでいっぱい  

そばにいてね心だけでも 
あなたを感じていたいのよ 
小さな小さな私の夢 
恋して恋して膨らむ夢 
妄想暴走止まらない 
心の中はあなたでいっぱい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

僕の夏休み

青い空の まぶしさも 
どこ吹く風と 駆け出した 
少年はどこへ 行ったのだろう 
蝉の声に 心躍らせて 
探していた 遠い日々 
取り戻せない 僕の夏休み  

青い海の 誘惑に 
耐え切れなくて 飛び込んだ 
少年はどこへ 行ったのだろう 
白い肌に 心弾ませて 
泳ぎだした 遠い日々 
忘れられない 僕の夏休み  

青い夏の ひと時を 
流れる汗と 戯(たわむ)れた 
少年はどこへ 行ったのだろう 
熱い風に 怯(ひる)むことなく 
挑(いど)んでいた 遠い日々 
二度とはこない 僕の夏休み  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月27日

逢いたくても

青い空を見つめても 
寂しさがあふれてくる 
逢いたくても逢えないと 
わかっていても逢いたくなる 
ひと粒の涙 零れ落ちる 
こらえきれずに 落ちてゆく  

白い雲を見つけても 
寂しさが隠していく 
逢いたくても呼べないと 
わかっていても求めている 
ひと粒の涙 零れ落ちる 
声も出せずに 落ちてゆく  

熱い風を感じても 
寂しさがかき消してる 
逢いたくても飛べないと 
わかっていても募ってゆく 
ひと粒の涙 零れ落ちる 
胸の中へと 落ちてゆく  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

夏にため息

焼けた大地が 冷える間もなく 
また日が昇り 日差しが突き刺さる 
隠した肌さえ 夏の色に変わり 
心までも 渇いていくのは なぜだろう 
吹き出る汗が ふたりを引き離す 
触れることもできない 夏にため息  

今を盛りと 声を張り上げ 
また鳴く蝉に 日差しが照りつける 
眠りの森さえ 夏の色に焼けて 
心までも せかせていくのは なぜだろう 
流れる汗に 涙が混じり合う 
離れたくはないのに 夏にため息  

誰に向かって 吠えているのか 
またかと犬に 日差しが落ちて行く 
優しい風さえ 夏の色に染まり 
心までも 疲れていくのは なぜだろう 
べたつく汗が 香りを打ち消して 
さめてしまうあなたと 夏にため息  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:11| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

月の光

月の光 浴びたせいよ 
隠してたものが あふれだす 
嫉妬の炎に 追い立てられて 
今にも牙をむいて 襲いかかる 
消し去ってよ 恋する心全部 
あなたを忘れて しまえるように 
誰も傷つけないで 今夜もひとり 
私だけが 泣けばいい  

月の光 まぶしすぎて 
目を閉じた隙に 入り込む 
嫉妬の炎に とらわれたなら 
誰にも止めることは できないわ 
消し去ってよ 醜い心全部 
嫌われたくない あなたにだけは 
誰も知らないままで 眠れぬ夜に 
私だけが 泣けばいい  

月の光 映し出した 
心には影が 浮き上がる 
嫉妬の炎に 身を任せたら 
壊れてしまうだけよ 何もかも 
消し去ってよ 夢見る心全部 
あなたに逢うたび 募ってしまう 
誰も悪くはないの 寂しさ抱いて 
私だけが 泣けばいい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:02| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

いつから♪

あなたが遠くなったのは 
いつからでしょう 
何もいえなくなったのは 
いつからでしょう 
変わってしまったのは 
私? あなた? 
あなたが見えなくなった 
私のほうね 
零れ落ちる涙 
止められなくて 
零れ落ちる恋を 
止められなくて  

別れを感じだしたのは 
いつからでしょう 
胸が震え痛むのは 
いつからでしょう 
耐えられなかったのは 
私? あなた? 
我慢ができなくなった 
私のほうね 
零れ落ちる時間 
止められなくて 
零れ落ちる夢を 
止められなくて  

あなたが怖くなったのは 
いつからでしょう 
何もできなくなったのは 
いつからでしょう 
逃げ出したかったのは 
私? あなた? 
いつでも臆病だった 
私のほうね 
零れ落ちる言葉 
止められなくて 
零れ落ちるあなた 
止められなくて  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:01| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月23日

私はどこへ♪

沖行く船に 揺られてゆれて 
岸辺に波は 寄せては返す 
あなたは何を してるのかしら 
手を振る私 知らないでしょう 
何もいわずに 消えてしまえば 
別れの涙 見なくていいね 
残された 私はどこへ 
行けばいいのよ ねえあなた  

あなたを探し きれないままに 
泡立つ波が 押し寄せてくる 
私は海を 見つめてるだけ 
どこにもあなた いないのだから 
何もいわずに 消えてしまえば 
忘れるなんて 思ってるのね 
残された 私はどこへ 
行けばいいのよ ねえあなた  

何もいわずに 消えてしまえば 
思い出だって 作れないわね 
残された 私はどこへ 
行けばいいのよ ねえあなた  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

夕涼み♪

風のささやき かき消して 
鳴り響く セミの声 
縁側で 夕涼み 
見つめ合うたび 熱い夏  

風に短冊 揺らされて 
鳴り響く 鈴の音(おと) 
触れる指 重なる手 
夕日みたいに 染まる頬  

風もどこかで ひとやすみ 
鳴り響く 胸の音 
宵闇に 飛ぶ蛍 
明かりほのかに 甘い恋  


朗読はこちら

ひらみぃさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

見えない月

明るい月夜の 帰り道 
送ってくれる あなたの手 
離したくなくて 握り締め 
足取り遅くなる 私でした 
気づいていたのか いないのか 
あなたは時々 月を見つめてた  

半分隠れた 月の夜 
あなたの背中 見つめてた 
離れたくなくて 急いでも 
追いつけないままの 私でした 
気づいていたのか いないのか 
あなたは黙って 月を探してた  

明かりの届かぬ 暗い道 
あなたの影も 闇にとけ 
足音が遠く 響くのを 
静かに聴いている 私でした 
気づいていたのか いないのか 
あなたは見えない 月になっていた  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:29| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

風♪

君の髪 揺らす風 
やわらかい 日差しの中で 
君のほほ なでる風 
ほのかに染まる あどけなさ 
誰よりも 大切な 
君を包む 風になりたい  

君の目に 映る風 
ゆっくりと 夢見るように 
君の手と 遊ぶ風 
優しく触れる ぬくもりで 
誰よりも 愛してる 
君を守る 風になりたい  

君の声 乗せる風 
届けたい あしたの笑顔 
君の胸 響く風 
心のままに 追いかけて 
誰よりも 幸せな 
君を願う 風になりたい  


朗読はこちら

ひらみぃさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:52| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

夏祭り♪

浴衣にうちわ 下駄の音 
片袖握り 歩く道 
うれし恥ずかし 夏祭り 
綿菓子よりも 甘い夜  

打ち上げ花火 恋の華 
儚く消えた 夢のあと 
遠い記憶の 夏祭り 
打ち消すように はしゃぐ夜  

明るい月が かくれんぼ 
ささやくような 風の音 
そっと口付け 夏祭り 
喜び胸に はずむ夜  


朗読はこちら

マッキーさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:16| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

恋・恋・来い♪

恋・恋・来い 恋・恋・来い 
韓流ドラマに はまったら 
夢見るように 胸は高鳴り 
いつの間にか 恋する気分 
更年期なんて 怖くない 
心もからだも リフレッシュ 
忘れたような 潤いに 
戸惑いながらも 燃えて行く  

恋・恋・来い 恋・恋・来い 
心は乙女に なりきって 
憧れ胸に いつもときめき 
弾むような 恋する気分 
更年期なんか 蹴散らして 
心もからだも リフレッシュ 
あなたの声を 聞くだけで 
優しい気持ちに なって行く  

恋・恋・来い 恋・恋・来い 
いくつになっても 変わらない 
切なく揺れる 恋に焦がれて 
綴る言葉 恋する気分 
更年期じゃない きっと恋 
心もからだもリフレッシュ 
素直な想い 伝えたい 
今夜もあなたの 夢を見る  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 19:48| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

雷雨

窓を揺らす風 空を覆う雲 
逃げ惑うような 鳥の群れ 
胸騒ぎの 日暮れ時 
肌を濡らす 雨交じりの空気 
気にしてない つもりでも 
心は重く 消せないうわさ 
確かめたいのに できないのは 
どこか冷たいあなたを 感じてるから  

窓をたたく雨 鉛色の空 
どこかへと消えた 鳥の影 
激しくなる 雨音も 
胸の鼓動 掻き消したりしない 
信じていた はずなのに 
心は揺れる 居場所を求め 
確かめたあとに 失うのは 
嘘で固めたあなたの 笑顔なのかな  

窓を突き刺した 光まぶしくて 
目を閉じて耳を ふさいでも 
荒れ狂った 雷鳴に 
悲鳴上げて ただ震えてしまう 
抱きしめても 頼りない 
心はどこへ 逃げたらいいの 
確かめられずに さまようのは 
壊したくない私の ずるさなのかな  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:54| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

星いつか♪

流れる星ひとつ 見つめて願い事 
欲しいものはないけど あなたを思う 
優しく過ぎる時間は いつでもあなたが 
そばにいてくれるから 笑顔になれる 
永久(とわ)に続けと願っても 叶わないのなら 
今を抱きしめて あなたと生きて行く  

輝く星ふたつ 出逢って願い事 
響きあった心に 明日(あした)を思う 
悲しく辛い時間は 空へと帰れば 
温もりに包まれて 笑顔に変わる 
雲に隠れてしまっても 信じられるなら 
今を抱きしめて あなたと生きて行く  

寄り添う星いつか 夢見て願い事 
遠く心飛ばして あなたを思う 
あふれて満ちる時間は ときめき揺れてる 
星屑を集めては 笑顔をくれる 
そばにあなたがいなくても 心ひとつなら 
今を抱きしめて あなたと生きて行く  


ナオさん作曲・歌

ナオさん作曲・歌〜2013バージョン

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

また泣いた

誰にも優しい笑顔を見せる 
そんなあなたが憎らしい 
スペシャルになりたいの 
一番の笑顔が見たいの 

その他大勢の中のひとり 
このまま埋もれて行くのね 
それでもあなたが幸せなら 
遠くで見守るわ 

私だけの寂しさ 
我慢できずに泣いた 
零れ落ちていく 
昨日にまた泣いた  

誰とも気軽に仲良くなれる 
それがあなたの得意技 
スペシャルの見分け方 
教えてくれたらいいのに 

変わらないままの笑顔見つめ 
切なく渇いて行くのね 
それでもあなたが幸せなら 
見守り続けるわ 

私だけの寂しさ 
ひとりぼっちで泣いた 
あふれそうになる 
あしたにまた泣いた  

私だけの寂しさ 
そっと抱きしめ泣いた 
夢を見てしまう 
心にまた泣いた  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

無理でも

いつもいつもいつでも 
気がついたら探してる 
なぜかなぜかなぜだか 
あなたを見つめてる 
視線合わせないように 
そっと隠れる 
声を聞いていたいから 
聞き耳立てる 
偶然みたいに 
ばったり出逢うなんて 
無理無理できない 
ぎりぎりすれ違い  

昨日今日も明日(あした)も 
変わらないわこのままで 
そうよそうよそうなの 
あなたが好きだから 
遠く離れ離れでも 
見つけられるの 
誰の声が邪魔しても 
聞き分けられる 
誰よりあなたを 
わかっているわなんて 
無理やりこじつけ 
ぎりぎり勘違い  

逢える逢える逢えない 
恋占い気にしてる 
当たり外れどっちも 
助けてくれないの 
揺れて揺れて逃げ惑う 
恋は悲しい 
たとえ破れ泣いても 
伝えたくなる 
重なる偶然 
信じてみたいなんて 
無理無理無理でも 
ぎりぎり思い込み  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

恋すごろく

無邪気なメール 心を揺らし 
つまずけば また振り出し 
気まぐれな サイコロ転がし 
行き当たり ばったりな恋 
いつまでも 見えないゴール 
終わらない 恋すごろく  

一回休み 頭を冷やし 
振り向けば また振り出し 
思うまま サイコロ振っては 
操られ 戻される恋 
どこまでも 果てない道を 
歩き出す 恋すごろく  

あなたを信じ 覚悟を決めて 
見上げれば また振り出し 
運命の サイコロ願うは 
温かい やすらげる恋 
あなたしか 見えないゴール 
追いかけて 恋すごろく  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

何処(いずこ)♪

短い夏の ひと時に 
恋して燃えて 果てるまで 
声の限りに 鳴く蝉よ 
想う人は 今何処(いずこ) 
泣いて届くなら 泣きもする 
空を見つめて ため息ひとつ  

遥かな海を 越えて行く 
旅立つ時を 待ち望み 
翼広げて 飛ぶつばめ 
想う人は 今何処(いずこ) 
夢で逢えるなら 眠ろうか 
空を見つめて ため息ひとつ  

まぶしい夏の 終わりまで 
待ちきれなくて 消えた恋 
思い出しては 泣く心 
想う人は 今何処(いずこ) 
願い叶えてと 祈ろうか 
空を見つめて ため息ひとつ  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:18| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする