2010年08月31日

揺れたまま♪

木漏れ日風に 揺れる夏 
まどろむ午後の 腕の中 
ほのかな香り 僕を誘う 
眠る君が 愛しくて 
永久(とわ)に続く 夢はないと 
気づくのが 遅すぎた 
散り行く緑 秋の風 
君の心 揺れたまま  

心を焦がす 燃える夏 
夕立さえも 恋しくて 
鮮やかすぎる 夏の罠に 
落ちる僕が 見え隠れ 
永久に続く 夢はないと 
気づくのが 遅すぎた 
夕暮れ早く 秋の空 
君の心 揺れたまま  

和らぐ日差し 終る夏 
ふたりの心 すきま風 
夜空に浮かぶ 月の光 
君の心 見せてくれ 
永久に続く 夢はないと 
気づくのが 遅すぎた 
恋しさ募る 秋の声 
君の心 揺れたまま  


pipブンちゃん作曲 Kohjiさん歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:17| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

いいよね

どこまでいっても 一方通行 
悲しいだけの 恋だから 
優しさに 揺れるのを 
止められなくても いいよね  
涙がひと粒 零れるたびに 
あなたを忘れても いいよね  

憧れだけなら 笑っていたはず 
募らせすぎて 怖くなる 
受け止めて ほしいなら 
あなたじゃなくても いいよね 
涙がひと粒 零れるたびに 
温もりもらっても いいよね  

誰にもあなたの 代わりはできない 
わかっていても 苦しくて 
安らぎが あるのなら 
もたれてみたって いいよね 
涙がひと粒 零れるたびに 
心が痛くても いいよね  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

疑心暗鬼

見えない心 疑えば 
どこまでも きりがない 
声に出すたび 暗い雲に 
覆われて 抜け出せなくなる 
君の心は どこに行くの 
君の笑顔は どこにあるの  

さまよう心 迷宮に 
いつまでも とらわれて 
何を言っても 鉄の扉 
あたっては 跳ね返されてる 
君の心は どこに行くの 
君の笑顔は どこにあるの  

信じてほしい 君だけは 
沈黙に 終わっても 
胸の奥には たったひとつ 
真実の 明かりが灯るよ 
僕の心は 君の中に 
僕の笑顔は 君の笑顔  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:54| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

今日も君に

優しすぎるよ君は いつでも誰にでも 
初めて会ったときから 春の風が吹いていた 
泣き顔を笑顔に 変えてくれた 
あの日の温もりを 忘れない 
君の声を聞くだけで 優しくなれる 
だから今日も君に 逢いに行くよ  

ピエロみたいに君が おどけて見せるから 
泣いてることも忘れて いつのまにか笑ってた 
キラキラと瞳が 輝いてた 
あの日の君の顔 忘れない 
君と逢えた喜びを 抱きしめている 
だから今日も笑顔 忘れないよ  

空を見つめる君は 景色にとけこんで 
優しく時が流れる 春の風になって行く 
夏色の空でも 春に変わる 
あの日の爽やかさ 忘れない 
君のそばにいられたら 幸せだろう 
だから今日も君に 愛を告げる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

移ろう季節

日差しは強い ままなのに 
どこか違ってる 空の色 
いつもと同じ はずなのに 
悲しくなる あなたの言葉 
夏から秋へと 移ろう季節 
変わって行くのは 誰の心  

肌には熱い 風なのに 
秋を呼んでいる 虫の声 
いつもと同じ はずなのに 
寂しくなる あなたの瞳 
夏から秋へと 移ろう季節 
とどまれないのは 誰の心  

想いは今も 夏なのに 
そっと忍び寄る 夕暮れが 
いつもと同じ はずなのに 
切なくなる あなたの笑顔 
夏から秋へと 移ろう季節 
離れて行くのは 誰の心  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

言い聞かせます

あなたの今が 笑顔なら 
離れていたって かまわない 
逢いたい思い 募らせて 
泣くことよりも きっとうれしい 
何度も何度も 言い聞かせます 
私もいつか 変われるように  

あなたと夢を 見ることは 
いつまで待っても 叶わない 
焦がれる思い 抱きしめて 
燃え尽きるのも きっと寂しい 
何度も何度も 言い聞かせます 
私もいつか 忘れるように  

あなたがいつか 振り向いて 
見つめてくれると 信じたい 
切ない思い もてあまし 
壊れるよりも きっと楽しい 
何度も何度も 言い聞かせます 
私もいつか 笑えるように  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

片恋花

花から花へと 飛ぶチョウチョ 
探しているのは どんな花 
甘い香りの 赤い薔薇 
それとも澄ました ゆりの花 
誰にも見えない 花は私 
小さな小さな 名もなき花  

昨日はあのこと 飛ぶ噂 
探しているもの 見つかった 
日差し映した ひまわりも 
いつしかうなだれ 枯れて行く 
誰にも見えない 花は私 
見つけてくれる日 夢見る花  

明日はどこまで 飛ぶチョウチョ 
いつかはここまで きてくれる 
願い遥かな 空の上 
流れる星へと 届けたい 
誰にも見えない 花は私 
あなたを見つめる 片恋花  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

ドキドキが

何気ない やりとりにも 
どこか温かい 言葉遣い 
いつのまにか あなたが 
優しくなった 気がする 
ドキドキが 聞こえますか 
ドキドキが 止まりません  

なんとなく 感じさせる 
どこか近づいた 心の距離 
いつのまにか あなたも 
気づいてくれた 気がする 
ドキドキが 聞こえますか 
ドキドキが 止まりません  

勘違い かもしれない 
どこかあやふやな 態度だけど 
いつのまにか あなたに 
見つめられてる 気がする 
ドキドキが 聞こえますか 
ドキドキが 止まりません  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:22| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

燃えて

焼けつく日差しが 
みんな悪いのよ 
どこにいても熱くなる 
冷やす間もなく 
あなたを誰にも 
渡したくない 
私だけを見て 
よそ見しないで 
燃えて燃えて燃えて 
この身を滅ぼしても 
燃えて燃えて燃えて 
愛してる  

さえぎる雲など 
ありはしないのよ 
何をしても感じてる 
いつもジェラシー 
私を抱いてよ 
もっと激しく 
あなただけでいい 
もっと愛して 
燃えて燃えて燃えて 
この身を滅ぼしても 
燃えて燃えて燃えて 
愛してる  

祝福されない 
ふたりだろうと 
愛に生きるなら 
今がすべてよ 
燃えて燃えて燃えて 
燃え尽き果てようとも 
燃えて燃えて燃えて 
愛してる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:14| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

お父さんお母さん

君を連れ去った あの日から 
動き出した 二人の時間 
空白を 埋めるように 
心まで 寄り添いあう 
男の子だった 僕はお父さん 
女の子だった 君はお母さん  

今は懐かしい 思い出を 
語り明かす 時間もいつか 
あどけない 笑顔見つめ 
心まで とろけてゆく 
男の子だった 僕はお父さん 
女の子だった 君はお母さん  

瞳輝かせ 駆け寄って 
笑う子らは デジャブのように 
男の子 女の子さ 
心まで そっくりだね 
男の子だった 僕はお父さん 
女の子だった 君はお母さん  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

男の子女の子

卒業してから何年 
ばったり出会った街角 
君は彼氏と腕を組んで 
微笑みながら歩いてた 

男の子 女の子 
あの頃には戻れないけど 
男の子 女の子 
心はタイムスリップ  

忘れていたのにどうして
ばったり出会ったあなたに 
胸はときめき時は戻り 
泣き出しそうになっていた 

男の子 女の子 
あの頃には戻れないけど 
男の子 女の子 
心はタイムスリップ  

その手をつかんで駆け出す 
ばったり出会ったふたりは 
映画みたいなラストシーン 
瞳に映し出していた 

男の子 女の子 
あの頃には戻れないけど 
男の子 女の子 
心はタイムスリップ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:08| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月19日

ウイークポイント

さよならといえば それで終わり 
胸の奥にずっと 秘めたまま 
顔を見れば いえないで 
そばにいたいと 思ってしまう 
あなたが好き 誰よりも 
それが私の ウイークポイント  

募らせてみても 届かないと 
泣いてしまう今も 切なさに 
声を聞けば ときめいて 
離れられずに あふれてしまう 
あなたが好き いつまでも 
それが私の ウイークポイント  

あなたが好き みんな好き 
それが私の ウイークポイント  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

ちょっと

ちょっとからかっただけさ 
君があまりにもむきになるから 
泣き出してしまうなんて 
思いもしなかった 
零れ落ちる大粒の涙 
きれいだなんて思ってた 
君の笑顔をまだ 
知らなかった頃さ 
涙が真珠に 
変わるわけじゃないけど 
君の涙を 
受け止めたくなってた  

ちょっと気になっていたさ 
君があまりにもそばにいたから 
からかわれたくはなくて 
抵抗してたんだ 
髪に残るシャンプーの香り 
似合っていると思ってた 
君の素顔をまだ 
知らなかった頃さ 
きれいに伸ばした 
髪が風に揺れては 
君の想いを 
僕へと届けていた  

ちょっと戸惑ってたんだ 
君があまりにも素直すぎてさ 
独り占めできるなんて 
夢見ているようだ 
君がくれるばら色の笑顔 
見続けたいと思ってる 
君のすべてをまだ 
知りたくなる僕さ 
抱きしめたくなる 
いつも離れたくない 
君と歩いて 
行こうと誓ったんだ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:18| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

好きだといって

甘く優しい声や 
包み込むような笑顔 
ほしくても無理だもの 
私には何もない 
ひとり泣いてるのが 
お似合いね 
泣きはらしたまぶた 
重くてまた泣くの 
好きだといって 
好きだといって 
世界で一番 
私が好きだといって  

言葉並べてみても 
ありきたりにしかならず 
ほしくても無理だもの 
あなたには届かない 
ひとり泣いてるのが 
お似合いね 
気づいてくれないと 
気づいてまた泣くの 
好きだといって 
好きだといって 
誰より一番 
私が好きだといって  

好きだといって 
好きだといって 
何より一番 
私が好きだといって  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:19| Comment(1) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

いえばいいの

どうしても涙 
止まらない止まらない 
あふれ出る涙 
誰か止めて止めてよ 
一番ほしいもの 
一番遠く離れて 
あきらめきれずに 
心が騒ぐ 
好きだっていえばいいの 
あなただけだっていえば 
何もできずに泣いてる 
私が一番悪いのよ  

もう泣かないって 
言ったけど言ったけど 
あふれ出る涙 
しかたないのないのよ 
誰より信じても 
なぜだかわからなくなる 
揺れてしまうのよ 
心が痛む 
好きだっていえばいいの 
あなただけだっていえば 
できもしないで泣いてる 
私が一番悪いのよ  

なくしちゃったものは 
戻らない戻らない 
あふれ出る涙 
かれるはずもないのに 
見つめていただけの 
報いがやってきたのね 
後悔するたび 
心が軋む 
好きだっていえばいいの 
あなただけだっていえば 
踏み出せないで泣いてる 
私が一番悪いのよ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:18| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

いいじゃないの

募らせながら 
泣いている 
辛い恋なら 
しなけりゃいいのに 
振り向いて 
くれなくても 
いいじゃないの 
好きな人がいるだけで  

一番ほしい 
ものなんて 
手には入らぬ 
仕組みになってる 
知らないで 
いた頃より 
いいじゃないの 
好きな人を見てられて  

幸せな時 
だってある 
ほんの小さな 
出来事だろうと 
夢を見る 
優しい時 
いいじゃないの 
好きな人と過ごせたら  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

君を抱きしめて

何度も振り返った街は 
小さくかすんで行く 
君がいたとしても 
見分けがつかないくらい 
何もいわないで出てきたよ 
君は気づいていただろう 
きっと無理して笑ってたと 
僕にだってわかるさ 
さよならは嫌いなんだ 
できるならまた またあしたと 
笑顔で言いたかった 
君を抱きしめて  

何度もとどまろうとしたさ 
小さく震えている 
君をおいてなんて 
この身を切られるようで 
何も聞かないでいてくれる 
君に甘えていたんだね 
きっと今頃泣き出してる 
僕にだってわかるさ 
さよならは嫌いなんだ 
できるならまた またあしたと 
キスしてあげたかった 
君を抱きしめて  

何度も振り返った街は 
どこにも見えなくなり 
君のこともいつか 
忘れてしまうのだろう 
何も持たないで出てきたよ 
君の思い出だけもって 
きっと後悔するのだろう 
僕にだってわかるさ 
さよならは嫌いなんだ 
できるならまた またあしたと 
何度も言いたかった 
君を抱きしめて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:30| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

ストレートに

あなたはいつでも 尻切れトンボ 
もっと聞きたいのに 終わっちゃう 
知りたいことに 答えをください 
迷い込むのは 私なんです 
途切れたまま 消えてゆく 
もう二度と 戻れはしない 
ストレートに 言ってくれなきゃ 
私の疑問は 止まらない  

あなたはいつでも はぐらかすのよ 
何も決められずに 行き止まり 
それとも何も わかっていないの 
悩み深まる 私なんです 
知らぬふり してるなら 
これ以上 聞けないじゃない 
ストレートに 言ってくれなきゃ 
私の不安は 止まらない  

あなたはいつでも 曖昧すぎる 
何が言いたいのか わからない 
はっきりさせて くれればいいのに 
中途半端な 私なんです 
オブラートに 包んだら 
解けるまで 時間がかかる 
ストレートに 言ってくれなきゃ 
私の涙は 止まらない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:44| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月12日

今夜も少し

今夜も少し 飲みすぎたのね 
夢のように 膨らむ話 
実現できたら うれしいけど 
酔いが醒めたら 忘れてるよね 
期待しては 涙で終わる 
そんなことの 繰り返し 
待っているより 動き出す 
飛んでいくわ どこにだって  

今夜も少し 飲んでるのよね 
同じことを 話しているわ 
お酒の力を 借りなければ 
口にできない 夢物語 
期待してた 子供のように 
そんなことは 無理なのに 
待っていたって 来ないなら 
飛んでいくわ 私だって  

今夜も少し 飲んでるはずね 
夢もいつか 叶うのならば 
一緒に見るわ 信じたいの 
酔いが醒めても 忘れないでね 
期待しては 涙で終わる 
そんなことは もう嫌よ 
待っているのも 限界ね 
飛んでいくわ すぐにだって  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:27| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

逢いたいの

どこかちぐはぐな メールのあとで 
泣いていたのを 感じたのかしら 
かかってきた電話 あなたの声で 
思わず笑顔に 戻ってたの 
わがままばかり 困らせてばかり 
恋に走り出したら 止まらないのよ 
逢いたいの 逢いたいの 
ねえあなたに 逢いたいの  

いつも気にかけて くれてることを 
知っているのに 確かめたくなる 
かければいいのにね あなたに電話 
なぜだかしり込み してしまうの 
甘えてみたい すねたふりしたい 
恋に走り出したら 止まらないのよ 
逢いたいの 逢いたいの 
ねえあなたに 逢いたいの  

抱きしめていて ずっとそばにいて 
恋に走り出したら 止まらないのよ 
逢いたいの 逢いたいの 
ねえあなたに 逢いたいの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする