2010年12月31日

ありがとう〜2010♪

無常な宣告に涙して 
流れ流れて行き着いた場所 
一年も過ぎれば古巣のごとく 
ふんぞり返って音楽三昧 
家族の白い目何のその 
好きなことして何が悪いなんて 
叫んでみたいが心の中で 
つぶやくのが精一杯 
それでも好きなこと続けてきたよ 
きっと来年も変わらないはずさ 
世の中ごちゃごちゃあったけれど 
終わりよければすべてよし 
終わりよければすべてよし  

鳥インフルエンザに口蹄疫 
えさもなく人里に出てきた熊に猿 
被害にあったのは人ばかりじゃなく 
自然界まで狂って来てる 
陣地取りばかりに熱をいれたって 
地球が壊れたんじゃ元も子もないだろうに 
いまさらのように自然保護と叫んでも 
遅いような気もするが 
それでもできることからやっていこうよ 
きっと来年も同じこといってるかもな 
世の中ごちゃごちゃあったけれど 
終わりよければすべてよし 
終わりよければすべてよし  

ありがとう2010年 
皆様良いお年を 
終わりよければすべてよし 
終わりよければすべてよし  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:48| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

輝きながら♪

もう少しで丸くなる 
月を見ながら歩いたね 
ふざけ半分でつないだ手が 
温かくてうれしかった 
小さな欠片がひとつずつ 
増えて行くよ 
心の中できらきらと 
輝きながら  

もう少しで欠けて行く 
月を見ながら探したね 
星が見えないとすねてる君 
そっと僕は笑ってた 
小さな欠片も集まれば 
星になるよ 
心の中できらきらと 
輝きながら  

もう少しで消えて行く 
月を見ながら話したね 
星がきらめいた静かな夜 
寄り添う君を抱きしめてた 
二人の思い出ひとつずつ 
増えて行くよ 
心の中できらきらと 
輝きながら  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:48| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

不機嫌

ご機嫌不機嫌 
顔見りゃわかる 
隠しておけない 
君だから 
言い過ぎたよ 
夕べはね 
お酒の勢いは 
恐ろしい  

ご機嫌不機嫌 
話せばわかる 
言葉の端々 
とげだらけ 
わかってくれ 
これだけは 
覚えていたんだ 
本当に  

ご機嫌不機嫌 
空気でわかる 
凍える寒さが 
身にしみる 
愛してるよ 
心から 
何度もいうから 
笑ってよ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

おこた

窓の外はビュービュー 凍えそうな冬色 
何もかも飛ばされ 空も暗いの 
おこたに入り ほわんほわん 
暗い気分も ほわんほわん 
からだがあったまれば なおのこと 
寂しい冬でも 笑ってます  

足元からホカホカ 潜り込んでそのまま 
何も考えずに 眠りたくなる 
テレビを見ても ウツラウツラ 
本を読んでも ウツラウツラ 
お腹がいっぱいなら なおのこと 
眠りの世界に 行って来ます  

足先からコツコツ あっちこっち当たるわ 
何も邪魔されずに 入りたいのに 
左に寄せて こつんこつん 
右に寄せても こつんこつん 
家族がたくさんなら なおのこと 
ひとりのときだけ 夢を見ます  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:20| Comment(4) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

いまさらよね

隙間風に震えて 温もり探したのに 
待ってもあなたは 来なかった 
優しい言葉の ひとつでも 
あればきっと 違ってた 
いまさらよね 愚痴いうなんて 
おかしいよね 泣いてるなんて  

楽しかった日々まで なくしてしまったのに 
自分のことだけ 見つめてた 
優しい心の かけらでも 
あればきっと 違ってた 
いまさらよね 言い訳なんて 
おかしいよね 泣いてるなんて  

思い出せば心を つなげていられたのに 
目先のことしか 見なかった 
優しい灯りの ひとつでも 
あればきっと 違ってた 
いまさらよね 戻れはしない 
おかしいよね 泣いてるなんて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

ツバキ♪

四畳半でも 灯(とも)した夢を 
雪に埋(うず)めて 消えた足音 
ヒュルルリ ヒュルルリ 
風が泣いてる  

白い空だけ 映した月日 
呼べど戻らぬ 春は幻 
ユラララ ユラララ 
雲が流れる  

涙凍らせ 散るなら赤く 
雪に抱かれて 眠るしるべに 
シトトン シトトン 
雪がこたえる  

流れ流れて 届いた花に 
名前呼ぶ人 春はもうすぐ 
シャラララ シャラララ 
春が聞こえる  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

二人の♪

触れたらすぐに 溶けてしまう 
淡雪のような 恋だから 
溶けないくらい 重ねましょう 
二人の時間 重ねましょう 
ふわりふわりと 遊ぶ雪も 
いつかしんしんと 降り積もる 
白く染まった 心には 
二人の足跡 残しましょう  

見つめるだけじゃ 物足りない 
思い出のような 恋だから 
あきないくらい 加えましょう 
二人の色を 加えましょう 
色をなくした 暗い空も 
いつか青々と 輝ける 
虹に変わった 心には 
夢見る二人を 描(えが)きましょう  

ささいなことに 揺れてしまう 
初めてのような 恋だから 
揺れないくらい 信じましょう 
二人の絆 信じましょう 
遠く離れて 見えなくても 
伝え合うことで 深くなる 
強く結んだ 心には 
二人のあしたが 見えるでしょう  


朗読はこちら

ひらみぃさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:17| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

おやすみのキスを♪

地上に星が またたく夜は 
君の心が かがやくよ 
その胸に 染みて行く 
温もりを 忘れないで 
メリークリスマス 
メリークリスマス 
静かな夜に 
おやすみのキスを  

夢見る心 膨らむ夜は 
君の笑顔が まぶしいよ 
時を越え 見つめてる 
星空を 忘れないで 
メリークリスマス 
メリークリスマス 
優しい夜に 
おやすみのキスを  

清らな願い あふれる夜は 
君のあしたに ときめくよ 
大空に はばたける 
君の夢 忘れないで 
メリークリスマス 
メリークリスマス 
愛しい夜に 
おやすみのキスを  


朗読はこちら

ひらみぃさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:14| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

笑っていてね♪

心と心の狭間で 揺れ動くのが 
愛だけなら いいのだけれど 
愛は憎しみを 連れてくる 
知らず悲しみを 連れてくる 
この手の中から すり抜けたとしても 
いいのいいのよ 行く場所があるのなら 
笑っていてね いつまでも 
それだけが 望みです  

心と心がふれあい 重なり合えば 
愛育(はぐく)み 膨らむけれど 
時にすれ違い 消えてゆく 
知らず傷つけて 憎みあう 
この手の中から とび出したとしても 
いいのいいのよ 見守っていられたら 
夢見ていてね いつまでも 
それだけが 望みです  

この手の中には 残らないとしても 
いいのいいのよ 思い出は消えないわ 
笑っていてね いつまでも 
それだけが 望みです  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

今日の君は

今日の君は 
輝く笑顔 
何があったの 
青空がまぶしい 
見つめてる僕は 
つられて笑う 
心は晴れ晴れ 
晴れ渡る  

今日の君は 
涙で濡れて 
何があったの 
雨雲が広がる 
心配な僕は 
抱きしめたいよ 
心は雨雨 
雨が降る  

今日の君は 
優しい瞳 
何があったの 
星空がきらめく 
見とれてる僕は 
永遠(とわ)にと願う 
心は春春 
春が来る  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

風が吹いた♪

風が吹いた それだけさ 
肩と腕が ふれただけ 
振り返って 君が謝って 
思わず僕が 苦笑い 
泣き出しそうな 大きな瞳に 
吸い込まれて しまいそう 
風が吹いた それだけさ 
胸の中が 熱かった  

風が吹いた それだけさ 
君の帽子 飛んだだけ 
振り返って 僕が追いかけて 
思わず君が 泣き笑い 
飛び出しそうな 大きな瞳に 
映りたくて 動けない 
風が吹いた それだけさ 
胸の音が 弾んでた  

きらめくような 大きな瞳に 
見とれすぎて 夢を見た 
風が吹いた それだけさ 
恋の予感 しただけさ  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月20日

見つけたよ♪

いくら呼んでも 誰も来ない 
泣き叫んでも ひとりぼっち 
夢を見てたんだ いつもいつも 
暗闇の中で 震えてた 

そばにいるのに 感じられず 
触れたくても 通り抜ける 
夢を見てたんだ いつもいつも 
消えたって誰も 気づかない 

信じられる何かが ほしかった 
何があっても 輝くものが 
星を見つけたよ 君の中に 
星を見つけたよ 僕の中に  

ひとりぼっちじゃ ないと言って 
泣き叫んだら すぐに来ると 
夢を見てたんだ いつもいつも 
暗闇の中で 探してた 

確かめてもすぐまた 揺れ惑う 
弱い心を 支えるものが 
星を見つけたよ 君の中に 
星を見つけたよ 僕の中に  

信じられる何かが ほしかった 
何があっても 輝くものが 
星を見つけたよ 君の中に 
星を見つけたよ 僕の中に  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

一番好きな♪

耳元でそっと ささやいて 
一番好きな あなたの声で 
あふれだす優しさに 包まれて 
私の心はもう とけてゆく 
風が吹いても 雨が降っても 
聞こえているから 大丈夫  

さりげなくそっと つないでね 
一番好きな あなたの指で 
ホッとする温もりに 守られて 
私の心はもう 迷わない 
風が吹いても 雨が降っても 
信じているから 大丈夫  

青空をそっと 映し出す 
一番好きな あなたの笑顔 
底抜けの明るさに 照らされて 
私の心はもう 笑ってる 
風が吹いても 雨が降っても 
見つめているから 大丈夫  


朗読はこちら

北極星さん作曲 とまと歌
posted by to_ma_to at 07:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

どうして…♪

最後の一枚が 枝から落ちた 
あれから一年が 過ぎたのにね 
今でも涙が 枯れないまま 
名前を見ただけで こぼれ落ちる 
どうして… 問いかけても 
むなしく耳に 響くだけ  

春には芽を出して 緑が戻り 
季節は繰り返し 過ぎるのにね 
今でもあの日で 止まったまま 
あなたに逢いたくて 動けないの 
どうして… 問いかけても 
答えは誰も わからない  

もうすぐ雪が降る 凍える冬に 
心も凍てついて 眠りにつく 
今でもあなたを 信じたまま 
呪いを解く魔法 待っている 
どうして… 問いかけても 
空へと消えて しまうだけ  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

一人芝居

誰もが気づく 
あふれる想い 
あなただけ 
わかってない 
泣いたり笑ったり 
すべて空回り 
哀しいだけの 
一人芝居  

募らせすぎた 
逢いたい想い 
私だけ 
まだ飛べない 
泣いても笑っても 
すべて絵空事 
むなしいだけの 
一人芝居  

優しい嘘で 
隠した想い 
ふたりだけ 
抜け出せない 
泣くのも笑うのも 
すべて夢模様 
寂しいだけの 
一人芝居  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:27| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

春を心に♪

青い空には幾筋の 飛行機雲 
このどれかを辿れば あなたの所へ 
行ってみたいな いつかはなんて 
思っていても できないまま 
滲んで広がって 消えて行く 
小さな夢まで 逃(のが)さぬように 
追いかけて つかまえて 
きっときっと 春をこの手に  

暗い空には明日への 道しるべが 
あの灯りを辿れば あなたの所へ 
幾度濡らした 今度はなんて 
募らすことも 永遠(とわ)の夢か 
あふれてふくらんで 落ちて行く 
切ない涙で 流れぬように 
追いかけて つかまえて 
きっときっと 春をこの手に  

ゆっくり染み込んで 満ちて行く 
優しい温もり 忘れぬように 
追いかけて 抱きしめて 
きっときっと 春を心に  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

天気になあれ

お腹すいてちゃ 
だめよだめだめ 
朝からきちんと 
食べてお願い 
怒りっぽいのは 
きっとそのせい 
心まで満たして 
優しくなあれ  

笑顔忘れちゃ 
だめよだめだめ 
気持ちの切り替え 
してねお願い 
しかめっ面だと 
きっと不細工 
心まで笑って 
可愛くなあれ 

泣いてばかりじゃ 
だめよだめだめ 
後悔するのは 
やめてお願い 
忘れっぽいのも 
きっといいこと 
心まですっきり 
天気になあれ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

鳴り響くのは♪

最悪なシナリオ 組み立てて 
準備してきた はずなのに 
予想通りと 余裕で笑ってる 
予想は見事に 大外れ 
雨が降る 雨が降る 
心の中は ずぶ濡れさ  

わかってたことでも 現実に 
なればやっぱり 衝撃に 
吹っ飛ばされて 打ち付けられたら 
心は痛みに 泣き叫ぶ 
雨が降る 雨が降る 
溺れるような 洪水さ  

期待してたのなら お手上げさ 
信じたかった お人好し 
どこにぶつけて いいのかわからない 
格好つけてる 暇もない 
雨が降る 雨が降る 
鳴り響くのは 警報さ  


朗読はこちら

FUJIMOTOさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:15| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

強くなれ

幾重にも積もった 想いの欠片 
捨ててしまえば どこにでも行ける 
心は重く 暗すぎて 
泣くだけなら それもいいね 
背伸びせず ゆっくりと 
歩いて行こう 笑いながら  

離したくないのは 儚い望み 
叶うはずなど ないものをバカね 
心はいつか 耐え切れず 
壊れるだけ それもいいね 
決めるのは ゆっくりと 
待つのもいいよ 歌いながら  

心はきっと わかってる 
夢見ること それもいいね 
強くなれ ゆっくりと 
また来る春を 信じながら  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:19| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

僕のクリスマス

歯磨きしたよ 顔を洗ったよ 
好き嫌いせずに たくさん食べた 
いい子にしてたら サンタさんが 
きてくれるって ママが言ったから 
ツリー飾って 灯りをつけて 
待っているんだ 僕のクリスマス  

宿題したよ 予習復習も 
お片づけだって きちんとできた 
いい子にしてたら サンタさんが 
きてくれるって ママが言ったから 
雪が降っても 来てくれるかな 
待っているんだ 僕のクリスマス  

お願いしたよ 僕のほしいもの 
ひとつだけ書いて 地図まで描いた 
いい子にしてたら サンタさんが 
きてくれるって ママが言ったから 
忘れないでね 約束したよ 
待っているんだ 僕のクリスマス  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:16| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする