2011年07月31日

初デートは

初デートは 遊園地 
仰ぎ見た 観覧車 
君と二人で 乗りたかったのに 
高いところは だめだって! 
こわがりな 君のため 
できるもの 捜索隊 
あれこれと あれこれと  

巨大迷路 大丈夫 
そう言った 君なのに 
さっき通った 道と気付かない 
迷い込んだら だめだって! 
わからない 君のため 
出口まで 道案内 
ぐるぐると ぐるぐると  

お化け屋敷 入ろうか 
君だって うなづいた 
悲鳴あげたり 立ち止まったりと 
暗いところは だめだって! 
震えてる 君のため 
手を握り ナイト気取り 
ゆうゆうと ゆうゆうと  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:03| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

夏の朝

蝉しぐれを 伴奏に 
調子はずれの カラスの歌声 
にぎやかな 夏の朝 
起きないのは 君だけ 
目覚まし時計も 止めちゃって 
いつまで寝てる気 昼になっちゃう 
時間は待って くれないんだ 
何もしなくても 過ぎて行く  

開け放った 窓からは 
風がやさしく 手招きしてるよ 
さわやかな 夏の朝 
涼しいのは 今だけ 
昨夜は何時に 帰ったの 
待ちきれないから さきに寝ちゃった 
心配しても しかたないと 
君の親離れ 見つめてる  

眠たそうな 顔をして 
寝癖頭で 黙って起きだす 
遅すぎる 夏の朝 
のんきなのは 君だけ 
カラスはあきれて いなくなり 
日差しの強さに 風も逃げ出した 
夏色してる 空のように 
笑う君の顔 待っている  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

隠れています

薄絹さえ まとわない 
はだかの心 見えますか 
あふれだす 言葉には 
私がそっと 隠れています 
いつかあなたが 見つけてくれる 
その日がくるのを 待っています  

口紅さえ つけてない 
飾らぬ心 見えますか 
つむぎだす 言葉には 
私の夢が 隠れています 
いつかあなたが 叶えてくれる 
その日がくるのを 待っています  

足音さえ 響かない 
はだしの心 見えますか 
温める 言葉には 
優しいウソも 隠れています 
いつかあなたが 気づいてくれる 
その日がくるのを 待っています  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:38| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

闇が笑う♪

偽りだけの 月の光に 
照らされても 輝けない 
忘れさられた 星の欠片を 
抱きしめたら 闇が笑う 
泣いても わめいても 
この手は空(くう)を つかむだけ  

心を揺らす 風のざわめき 
迷い込めば 抜け出せない 
思い出せない 夢の後先 
仰ぎ見れば 闇が笑う 
信じて いたいのに 
この手は空(くう)を つかむだけ  

漂うだけの 恋の儚さ 
募らせても 報われない 
止まることない 時の足音 
追いかけたら 闇が笑う 
あなたが ほしいのに 
この手は空(くう)を つかむだけ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:38| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

夏の声に

夏の声に 誘われて 
脱ぎ捨てたら 軽くなれた 
未練なんて 重いだけ 
抱きしめる 価値もない 
草原に踊る 白い蝶 
かろやかに 飛んで行く  

潮の香り なつかしく 
吸い込んだら 消えて行った 
わだかまりも なにもかも 
とらわれる 意味もない 
ひまわりを揺らす 夏の風 
さわやかに 駆け抜ける  

青い空が まぶしくて 
目を閉じたら 楽になれた 
比べようも ないことを 
気にしても しかたない 
大空に遊ぶ 白い雲 
ゆうゆうと 浮かんでる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:51| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

任せとけ

いつも陽気なおまえが 
沈み込んでるなんて 
明日は雨か雪が降る 
それとも嵐の前触れか 

何があったか話してみなよ 
少しでも軽くなるのなら 
夜通しだっていいさいいさ 
おまえの笑顔が戻るなら 

ひとりよりはふたり 
頭の数だけ 
良い知恵浮かぶさ 
任せとけ  

いつも元気なおまえが 
食欲もないなんて 
明日は何が起きるのか 
おいらも不安になってくる 

悩み相談受付中さ 
いつだってあけて待ってるよ 
どんなことでもいいさいいさ 
おまえの笑顔が戻るなら 

ひとりよりはふたり 
怖くはないだろ 
頼っていいのさ 
任せとけ  

抱え込んでる荷物はここに 
少しでも置いて行くがいい 
軽くなるならいいさいいさ 
おまえの笑顔が戻るなら 

ひとりよりはふたり 
心の数だけ 
余裕ができるさ 
任せとけ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

ロックオン

ロックビート かき鳴らす 
君の心は 嵐のようさ 
何もかもが 苦しくて 
忘れたいだけ そうだよね 

頭も心も からっぽにして 
リズムに合わせて 踊ればいいさ 
ロックビート 響かせて 
君の心に ロックオン  

ロックビート 吹き荒れる 
君の心は ガラスのようさ 
何もかもが 突き刺さり 
砕け散るだけ そうだよね 

頭も心も からっぽにして 
大声張り上げ 泣いたらいいさ 
ロックビート 響かせて 
君の心に ロックオン  

ロックビート 震えてる 
君の心は 真っ暗闇さ 
何もかもが むなしくて 
閉ざしてるだけ そうだよね 

頭も心も からっぽにして 
あかんぼみたいに 眠ればいいさ 
ロックビート 響かせて 
君の心に ロックオン  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:44| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

私はひまわり

あなたばかり 見つめてる 
私はひまわり みたいです 
風が揺らしても 蝶が誘っても 
空へ空へと 伸びてゆくだけ 
叶わない 夢でもいいの 
この想い あなたに届けます  

あなただけが すべてなの 
私のお日様 みたいです 
風が強くても 蝶が踊っても 
空へ空へと 伸びてゆくだけ 
居場所など なくてもいいの 
この想い あなたに届けます  

あなた以外 見えないの 
ひまわりみたいに 恋してる 
風があきれても 蝶が笑っても 
空へ空へと 伸びてゆくだけ 
まっすぐに ただまっすぐに 
この想い あなたに届けます  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

暇はない

人の噂も すぐ消える 
時間にいつも 追い立てられて 
同じところに とどまってたら 
取り残されて しまうよ 

君は何が したいんだ 
何にもない 空っぽかい 
君が望み 動くなら 
人などかまう 暇はない  

誰の口でも 閉ざせない 
気にしていても しかたがないよ 
同じことして 落ちて行くより 
振り向かないで 歩こう 

君は何が ほしいんだ 
何にもない 空っぽかい 
夢に向かい 飛ぶのなら 
足踏みしてる 暇はない  

みんな違って あたりまえ 
わかっていても 寂しいんだね 
みんな同じで 丸まってたら 
退屈すると 思うよ 

君は何が 怖いんだ 
何にもない 空っぽだろ 
心満たす ためならば 
すり減らしてる 暇はない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:02| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

おにぎり

何もしなくても 汗が流れる 
飲み物ばかりで お腹はパンパン 
食べたくないよ ほしくないよ 
疲れたような 顔をしないで 
おにぎりおにぎり 作りましょ 
味付けシンプル 塩つけて 
暑い夏に 負けないように 
元気な笑顔 見られるように  

どこにいたって サウナ状態 
寝返りばかりで 目覚ましリンリン 
体がだるい 眠れないよ 
疲れたような 声が切ない 
おにぎりおにぎり 作りましょ 
中身は好みの 具を入れて 
暑い夏に 負けないように 
元気な体 目覚めるように  

おにぎりおにぎり 作りましょ 
熱々ごはんに 味付けて 
暑い夏に 負けないように 
元気な明日 望めるように  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:59| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

あなたがいなくても

あなたがいなくても 
私は歩いて行ける 
ひとりぼっちだった 
最初に戻るだけ 
ふたりでいるほうが 
さびしいなんて 
悲しいくらい 
笑ってしまうよね 
私が望みすぎたの 
あなたのせいじゃない  

ハッピーエンドには 
いつでもなれないままで 
やがて夢は覚める 
わかっていたのにね 
いえないことばかり 
増えてくなんて 
悲しいくらい 
笑ってしまうよね 
私がこどもすぎたの 
あなたのせいじゃない  

泣くだけ泣いたなら 
忘れてしまえるはずよ 
涙だけがきっと 
癒してくれるから 
運命感じてた 
なんてねほんと 
悲しいくらい 
笑ってしまうよね 
私が信じすぎたの 
あなたのせいじゃない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

酒はいつでも♪

うれしいことがあった日には 
ちびりちびりと味わって 
悔しいことがあった日には 
ごくりごくりと豪快に 
酒はいつでも俺の味方さ 
どんな時にも寄り添って 
涙も笑いも飲み干せば 
あしたの風に向かって行ける  

楽しいことがあった日には 
ひとりふたりと集まって 
悲しいことがあった日には 
ひとり手酌でしみじみと 
酒が呼んでる声がするのさ 
俺の心を熱くする 
今夜も一杯飲み干せば 
あしたの風に向かって行ける  

酒はいつでも俺の味方さ 
どんな時にも寄り添って 
涙も笑いも飲み干せば 
あしたの風に向かって行ける  


朗読はこちら

あずやんさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:52| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

風にサヨナラ♪

風にサヨナラ 手を振って 
待つのはもう 終わりだと 
どこにでも 行けばいい 
自由な空へ 飛んで行け 
いえたらいいの いいのにね 
いえないままで 泣いている  

風に恋して 泣き濡れて 
笑顔はもう 消えたまま 
おさえても あふれだす 
想いは誰も 縛れない 
いえたらいいの いいのにね 
いえないままで 止まってる  

風に流され さまよえば 
涙がもう しみついて 
どうしても 許せない 
心は弱く 嫌になる 
いえたらいいの いいのにね 
いえないままで また泣くの  


朗読はこちら


石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

あの海で

水着のあとが くっきりと 
焼け付いた夏は 遠く遠く 
好きだった海を 見ることも 
忘れたままの 夏休み 
砂に書いた あなたの名前を 
波が消して いったように 
薄れた悲しみ 今ならきっと 
あの海で 笑えるはず  

やけどのように 心まで 
火照ってた夏は 熱く熱く 
若かった二人 どうしても 
許せなかった 夏休み 
何もかもが 夢色幻 
風が消して いったように 
残った寂しさ 今ならきっと 
あの海で 癒せるはず  

まぶしい空も しなやかに 
包み込む夏は 淡く淡く 
気づかないうちに しみこんで 
優しく見える 夏休み 
嘘のつけぬ 瞳と微笑み 
予感さえも あったように 
輝く夏へと 今ならきっと 
あの海で 変われるはず  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

だよね


よそ見ばかりしてたから 
つまづいたんじゃないの 
自分の足元くらい 
しっかり見つめなきゃ 

憧れるのはいいけれど 
まねしても仕方ないでしょ 
あなたはあなたで 
私は私 だよね  

見た目ばかりつくろって 
笑われたんじゃないの 
自分の心の中を 
しっかり磨かなきゃ 

見栄を張るのはむなしいと 
いいかげん気づかないとね 
あなたはあなたで 
私は私 だよね  

好きじゃないと思うから 
うらやましくなるのよ 
自分のいいとこくらい 
しっかり知らなくちゃ 

誰より好きな自分だと 
いえたなら一番だよね 
あなたはあなたで 
私は私 だよね 
だよね だよね  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

君の夏休み

水着にサンダル 水中眼鏡 
貝カニ小魚 イソギンチャク 
見つけたよ 見つけたよ 
まぶしい日差し 浴びる君 
真っ赤にやける 夏休み  

虫かご虫網 麦わら帽子 
赤青みんみん ツクツクボーシ 
見つけたよ 見つけたよ 
時間も忘れ 遊ぶ君 
真っ黒にこげる 夏休み  

ポスター絵日記 自由研究 
作文工作 ドリルにワーク 
できないよ できないよ 
三日坊主で 嘆く君 
真っ青に変わる 夏休み  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

せめて夢の中

走っても 走っても 
遠ざかる あなたの姿 
目覚めるたびに 思い出す 
胸の痛みと 遠い夏 
聞こえるのは 寄せ来る波の音 
耳について 離れない 
せめて夢の中 あなたがそばにいて 
くれるのなら いいのに  

望んでも 望んでも 
逃げて行く あなたの心 
悲しいくらい 空回り 
焼けた心と 熱い夏 
聞こえるのは せわしいセミの声 
嘆くように 叫んでる 
せめて夢の中 あなたがささやいて 
くれるのなら いいのに  

焦がれても 焦がれても 
立ち尽くす ひまわりだから 
見つめるたびに 重ねてる 
今もあせない 青い夏 
聞こえるのは 私のすすり泣き 
癖になって しまってる 
せめて夢の中 あなたが抱きしめて 
くれるのなら いいのに  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

愛しい夏

波しぶきの中に 
とけてしまいそうな 
白い肌がまぶしいよ 

僕は笑ってるけど 
小麦色なんて 
君に似合わない 
勝手に想像して 
心配してる 

つば広の帽子 
風に飛ばされて 
追いかける君が 
とても愛しい夏  

夢破れた人魚 
泡になって消えた 
青い海へ帰れずに 

君は笑ってるけど 
涙色なんて 
僕は見たくない 
この手で抱きしめるよ 
守ってあげる 

真っ白な帽子 
波にさらわれて 
見つめてる君が 
とても愛しい夏  

悪戯な風に 
何もできなくて 
振り返る君が 
とても愛しい夏  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:44| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

グリーンカーテン♪

話しかけても 浮かない顔 
なんでもないよと いいながら 
すぐに君は 笑顔になったけど 
潤んだ瞳に 心が映ってる 
グリーンカーテン 強い日差しから 
グリーンカーテン 君を守りたい  

誰の心も 突き刺す棘 
抗うすべなど ないけれど 
いつも君は ひとりで我慢して 
切ないくらいに 心で泣いている 
グリーンカーテン 胸に抱きしめて 
グリーンカーテン 君を守りたい  

窓を開けば 緑の風 
朝顔たくさん 咲かせたら 
きっと君の 笑顔は輝いて 
夏空みたいに 心が晴れ渡る  
グリーンカーテン 僕は誰よりも 
グリーンカーテン 君を守りたい  


朗読はこちら

石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

縁結び〜島根〜♪

A) 出雲の神様の 縁結び 
  男女の縁(えにし) だけじゃない 
  互いの幸せ 願うように 
  人と人との 縁を結ぶ 
  たとえば俺と お前みたいにな 
  切っても切れない 強い絆 
  どこにいたって つながっている 
  たまにこうして 逢えたら何よりさ  

B) なんだかご機嫌な 様子だね 
  ワインをもう 飲んだのか 
  赤白ロゼって 種類あるな 
  味見しようか ワイナリーで 
  そうだな俺は 甘いほうがいい 
  お前はどっちも いけるだろう 
  飲んで歌って 語り明かそう 
  積もる話も たくさんあるからさ  

A) 泊まりは玉造 温泉で 
B) ゆっくりまた くつろげる 
A) 宍道湖といったら シジミ汁だ 
B) もっとお酒が おいしくなる 
A) お前と俺と 酒があればいい 
B) つまみは元気な 笑顔だよな 
AB)縁があるなら 旅の空でも 
AB)きっと逢えるさ 飲み交わせるはずさ  


ナオさん作曲・歌 ひらみぃさん歌 難所さん歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする