2011年11月30日

埋もれて行くだけ

いつもいつも 見つめてほしくて 
そっとそっと 揺れているのに 
小さな花にも なれない私は 
景色の中に 埋もれて行くだけ 
あなたの歌を 聞きながら 
ひとり涙を 流してるだけ  

いつかいつか 戻ってくるわと 
じっとじっと 耐えているのに 
小さな夢さえ 持てない私は 
時間の中に 埋もれて行くだけ 
あなたの歌を 待ちながら 
ひとり心を 痛めてるだけ  

いいのいいの 逢いたくないなら 
そっとそっと 消えて行くから 
小さな恋でも 切ない私は 
想いの中に 埋もれて行くだけ 
あなたの歌を 道連れに 
ひとり明日に 背を向けるだけ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:18| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

春色に


あなたに抱かれ 落ちて行くも 
きっと幸せ かもなんて 
むなしい夢は もう終わり 
明日の夢を 探すから 

報われないまま 散り行くとも 
抱きしめてきた 恋心 
泣いたりしないわ この先ずっと 
秋風に 吹かれても  

あなたの肩に 落ちてとける 
雪になれたら いいなんて 
哀しい夢は もう見ない 
昨日の夢は 捨てるから 

一緒に歩いて 行けなくても 
温めてきた 恋心 
忘れはしないわ この先ずっと 
冬空に 凍えても  

逢えない辛さ 耐え忍んで 
はぐくんできた 恋心 
後悔しないわ この先ずっと 
春色に 染めたまま  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:47| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

時が来れば♪

今しかないと 焦っても 
何もできずに 落ち込んで 
ため息つけば 幸せが 
逃げて行くよ 駆け足で 
時が来れば かみ合う歯車 
ゆっくりのんびり 待てばいい  

偶然なんて タイミング 
ずれてしまえば 何もなく 
探してみても 幸せが 
落ちてなんて いないよね 
時が来れば 重なる運命 
わくわくどきどき 待てばいい  

苦しいからと 逃げだして 
安らぐ場所を 探しても 
繰り返すなら 幸せが 
遠ざかって いるあかし 
時が来れば ひらける人生 
どっしりゆったり 待てばいい  


朗読はこちら

夢u(ムー)さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:42| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

やっぱりね

相手にしなければ そのうちに 
あきらめるさと 思いながら 
泣いたりしてないか 気にしてる 
イラつく気分 もう最低 

素直すぎる 君だから 
可愛くて たまらない 
素直すぎる 君だから 
やっぱりね かまいたくなるのさ  

よそ見をしていたら すぐ気付く 
勘がいいだけ やっかいだよ 
焼いたりしてないか 気にしてる 
もやもや気分 もう最悪 

素直すぎる 君だから 
そっとして おきたいよ 
素直すぎる 君だから 
やっぱりね 抱きしめてしまうよ  

何がいいのか 俺なんかに 
もったいないほど 君は素敵さ 

素直すぎる 君だから 
守りたく なるんだよ 
素直すぎる 君だから 
やっぱりね 誰にも渡さない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

これからもよろしく♪

人生50年なんて 言ってた頃からみれば 
還暦なんて 気が遠くなるのだろうが 

平均寿命80を 超えた今となっては 
たかだか60は ひよっこかもしれないね 

仕事も終えて どうするか 
まだまだこの先 続きがあるのなら 
楽しんだもの勝ちさ そうだろう  

10代20代なんて 若さで突っ走ってた 
30なんて よく覚えてはいないな 

子育て仕事音楽と 過ぎた時を思えば 
いい事ばかりでは なかったかもしれないね 

苦労もすでに 過去のこと 
まだまだこの先 どうなるどうするか 
笑い飛ばして行こう そうだろう 

おまけのような 気楽さで 
まだまだこの先 ぼちぼちやってくさ 
これからもよろしくな そうだろう  


MILKHOUSEさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:09| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

ウィークエンド

週末は あなたからの 
メールを待って 一日が過ぎる 
来ないって わかってるくせに 
いつまでも あきらめきれない 
もう慣れても いい頃よ 
何もない 週末に 
もう私を 思い出す 
人なんて どこにもいない  

週末は 胸が弾む 
子供のように 楽しみにしてた 
大好きな メロディーが鳴って 
何度でも メールを見つめた 
もう戻れは しないのよ 
ときめきの 週末に 
もうあなたを 思い出す 
ことなんて 起こりはしない  

もう忘れて いい頃よ 
春色の 週末を 
もうふたりを 思い出す 
温もりも 残っていない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

恋のさじ加減

子犬のように 一途な目をして 
見つめていたら 重いよね 
従順な ふりをして 
舌を出してる くらいが 
丁度いいのかも しれないね 

恋のさじ加減 間違えたら 
捨てられる こともある 
塩に砂糖 隠し味まで 
あなた好みに 仕上げましょう  

子猫のように 甘えた目をして 
誘っていたら 軽いよね 
素っ気ない ふりをして 
少し焦らして みるのが 
丁度いいのかも しれないね 

恋のさじ加減 かたよったら 
あきられる こともある 
酒にみりん ダシの素まで 
あなた好みに 仕上げましょう  

好きになれば なるほどに 
コントロールが きかないくせに 

恋のさじ加減 気分次第 
報われぬ こともある 
夢のかけら あふれるほどに 
溶かしこんだら 仕上げましょ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

夢の中の悪夢♪

僕を呼ぶ声が 聞こえた気がして 
振り向いて みたけれど 
アスファルトに 人影はなく  
枯葉が風と 踊ってるだけ 
人恋しさに 募って行く 
こんな季節は 嫌なんだ 
楽しかった 思い出が 
いつまでも僕を 苦しめる  

君を思いやる 余裕もなくして 
振り切って みたけれど 
気が付いたら 温もりはなく 
心に風が 吹き抜けていた 
移ろいやすく 壊れて行く 
こんな季節は ダメなんだ 
君を守り きれないで 
あがいてた僕を 責めたてる  

どこを歩いても 何かが違うと 
わかっては いるけれど 
立ち向かえる 勇気さえなく 
ひとりで風を 見つめてるんだ 
何もかもが 眠りにつく 
こんな季節は 辛いんだ 
夢の中で 目覚めても 
また君の夢を 見続ける  


朗読はこちら

もびぃじゃっくさん作曲・歌


posted by to_ma_to at 07:29| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

愛がほしい

待つことが 辛いなんて 
愛する資格 ないのよね 
泣き疲れ 眠るだけの 
心は空っぽ 誰もいない 
さよなら さよならと 
言えたら いいのにね 
もしかしたら なんてやっぱり 
あなたを待ってる ずるい女です  

疑えば きりがないと 
打ち消すすべも ないのよね 
傷ついて 叫ぶだけの 
心は脆くて 壊れやすい 
信じる 信じると 
言えたら いいのにね 
もしかしたら なんてそれでも 
あなたを許せる ばかな女です  

ひとりでは 寒いからと 
抱かれたわけじゃ ないのよね 
寒空に 忘れられた 
心は粉々 戻りゃしない 
愛して 愛してる 
言えたら いいのにね 
もしかしたら なんて儚い 
あなたの愛でも ほしい女です  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

不思議な夜

満月に 曇り空 
薄明り 見つめたら 
不思議不思議 ぽっかりと 
お月様 ありがとう  

眠れない 夜の空 
何気なく 見上げたら 
不思議不思議 はっきりと 
流れ星 ありがとう  

静けさが 重い夜 
携帯を 開いたら 
不思議不思議 あなたから 
ラブコール ありがとう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:13| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

恋のレシピ♪

淡い恋なら 何度でも 
ときめきで 笑顔になれる 
遠く憧れ それだけで 
燃え立つように 華やぐの 
そっと言葉 交わして 
そっと瞳 合わせて 
夢見るように 眠るだけ 
恋のレシピ さあどうぞ  

募る恋なら ほどほどに 
切なさで 泣いてはダメよ 
つかず離れず それだけで 
燃え尽きたりは しないから 
そっと気持ち 確かめ 
そっと心 信じて 
満ち足りたなら 抱きしめる 
恋のレシピ さあどうぞ  

辛い恋なら 覚悟して 
傷ついて 壊れるかもね 
強く望んで いるのなら 
恐れていては いけないわ 
そっとすべて なげだし 
そっと愛を つかんで 
心のままに アイラブユー 
恋のレシピ さあどうぞ  


朗読はこちら

ALTVENRYさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:26| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

ライバル

何をしても カラカラ空回り 
右に行けば 左へすれ違い 
好き好んで 嫌われる 
そんな奴なんて いないだろ 
どこまで行っても 交わらないのか 
お前とおいらじゃ 無理なのか 
愚痴ってみたって 変わらないなら 
やるだけやって 笑うのさ  

水と油 溶け合えないんだと 
誰も彼も あきらめ顔してる 
好き嫌いで 分けるなら 
好きと答えるさ 心から 
どこまで行っても 敵対するのか 
お前の味方に なれないか 
愚痴ってみたって 変わらないなら 
力の限り 尽くすのさ  

ともに高く 理想を掲げてる 
いつか同じ 心とわかるだろ 
ライバルなら 競い合い 
助け合ったって いいはずさ 
どこまで行っても 堂々巡りか 
お前と歩いちゃ いけないか 
愚痴ってみたって 変わらないなら 
黙って背中 押すだけさ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

幸せにスキップ

石ころにつまずいた 
それはラッキー?アンラッキー? 
そのあとに何が起こるか 
誰にもわからないけど 
とらえ方次第で 
どっちにでもなるよね 
不幸から不幸へ続くことは 
よくある話さ 
自分だけがなんて思うことも 
よくある話さ 
どうせ繰り返すなら 
幸せにスキップしよう  

裏切られ捨てられた 
それはラッキー?アンラッキー? 
長い目で見れば違った 
見方ができるはずだよ 
選び方次第で 
明日が変わるかもね 
不幸から不幸へなんて誰も 
望んでないよね 
自分だけがなんて思うだけで 
荒(すさ)んでしまうね 
どうせ繰り返すなら 
幸せにスキップしよう  

どうせ繰り返すなら 
幸せにスキップしよう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:45| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

温もりの中で

ほほに触れた 指が冷たい 
張り詰めた空気 震えそう 
布団から起き出して みたけれど 
動けそうにない 寒い朝 
思い出すよ こんなときは 
いつでもあったかい 豆炭炬燵 
もぐりこんで 眠りたい 
遠い日の 温もりの中で  

誰もいない 部屋は静かで 
隅っこにひとり うずくまる 
どこからか入る風 心まで 
凍えさせて行く 寒い夜 
思い出すよ こんなときは 
いつでもにぎやかな 練炭火鉢 
やかんおなべ 笑ってた 
懐かしい 温もりの中で  

君に逢える 時が一番 
ホッとするような 気がしてる 
心から滲み出る 優しさに 
いつも見てしまう 夢の日々 
思い出すよ こんなときは 
いつでも安らげる 心の居場所 
甘えさせて 今日もまた 
僕だけの 温もりの中で  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:28| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

旅立ち♪

夜明けに僕は 旅立つよ 
誰にも言わず この街を 
さらばさらば 夢を追いかけて行く 
いつか叶う その日まで  

明日はどこか 旅の空 
電車に揺られ 見る景色 
胸に胸に そっと焼き付けて行く 
いつか戻る その日まで  

希望に燃える 旅立ちさ 
哀しい顔は 似合わない 
君の君の 笑顔抱きしめて行く 
いつか逢える その日まで  


コタローさん作曲とまと歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

月にうさぎ

月にうさぎが いるのなら 
どうして狼は 泣くのだろう 
穴ぼこ探して 見ればいい 
怖くて隠れて いるのだろう 

捨て去ったものに いつまでも 
未練なんて 抱いているから 
大事なものが 見えないんだ 
大地を踏みしめ 立ち上がれ  

月にうさぎは いるものさ 
どうして狼は 気づかないの 
うろつきまわれば 出会えるさ 
ひとりでいる気は ないのだろう 

過ぎ去ったものに いつまでも 
こだわるのは 怖いせいかな 
大切なのは 今このとき 
すべてを受け入れ 歩き出せ  

大切なのは 今このとき 
すべてを受け入れ 歩き出せ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

今日も明日も

おはよう 
おやすみ 
こんにちは 
こんばんは 
心が潤う 
小さな幸せ 
笑顔でひと言 
今日も明日も  

ただいま 
おかえり 
いただきます 
ごちそうさま 
心が触れ合う 
小さな幸せ 
優しいひと言 
今日も明日も  

大好き 
ごめんね 
またあした 
ありがとう 
心をつなげる 
小さな幸せ 
あなたに届ける 
今日も明日も  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

夜が明けるまで

春のような 温もりあれば 
うつらうつらと 漕ぎ出す船で 
夢の国へと 行くでしょう 

月に行った 狼さんや 
泣き虫な ウサギさんに 
逢えたらいいな 逢えるよね 

一緒に星を 眺めたり 
一緒に虹を 探すのよ 
寂しがり屋の夜が 明けるまで  

春のような 優しさあれば 
ふわりふわりと 心を包み 
愛の国へと 行くでしょう 

意地っ張りの 狼さんや 
臆病な ウサギさんと 
行けたらいいな 行けるよね 

手と手をつなぎ どこまでも 
心を重ね いつまでも 
寂しがり屋の夜が 明けるまで  

春のような あなたがいれば 
ほかに何も いらないのに 

震える心 抱きしめて 
儚い夢に しがみつく 
寂しがり屋の夜が 明けるまで  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ポニーテール

前を歩く 君の髪が 
右に左に 踊ってる 
入学したては ベリーショートで 
男の子みたいと 笑ったのにね 
いつのまにか 伸びていた髪 
恋する君の ポニーテール  

前を歩く 彼のあとを 
君は追いかけ ついて行く 
いやでも気づくさ 熱い眼差し 
彼だけにまっすぐ 向けられている 
いつも僕の 前にあるのは 
恋する君の ポニーテール  

前を歩く 彼が僕で 
なんて思うと 胸が鳴る 
ショートもロングも 君に似合って 
見とれてたことなど 知らないだろう 
今日も僕を 振り返らない 
恋する君の ポニーテール  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:59| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

ゆううつな雨

雨音響く 朝のため息 
色をなくした 窓の外 
冬が来ると つぶやいた 
君の瞳に よく似てる  

コスモス揺らす 風を追いかけ 
はしゃぎすぎてた 空はなく 
春はまだと 背を向けた 
僕のゆううつ 降らせてる  

最後のページ 閉じてしまえば 
夢は消え去り 雨の中 
冬はいやと 泣いていた 
君の思い出 仕舞い込む  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:48| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする