2012年02月29日

春一番

居座る冬に あきれた風が 
吹きぬけて 窓が揺れる 
ざわめく木々に 止まれぬ鳥が 
あてもなく 飛んで行く 
眠りの時は 終わったと 
気づいても いい頃合いさ 
淡い夢でも 忘れられないなら 
踏み出してみても 悪くない  

寒空ばかり みあきた風が 
吹きあげて 空が笑う 
日差しの中で 輝く雪が 
さよならと とけてゆく 
目覚めの時が 近づいて 
いることを 知ってるはずさ 
待っているのに もてあましてるなら 
動き出したって かまわない  

心の時が 歌いだす 
始まりに 見合った春さ 
先のことなど 考えるよりまず 
飛び込んでみても 面白い  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

春が恋しい

どうしてあなたは 来てくれないの 
どうして私は 待ち続けるの 
愛されているか いないかなんて  
誰もわかりは しないのに 

春に春に 春になったら 
きっときっと きっとあなたも 
春が春が 春が恋しい 
早く早く 春よこい  

どうしてあなたは やさしくしたの 
どうして私は 泣き続けるの 
愛してもそれが えいえんなんて 
誰も信じて いないのに 

春に春に 春に変われば 
きっときっと きっと私と 
春が春が 春が恋しい 
早く早く 春よこい  

春になったら 雪は解ける 
春に変われば 花はひらく 

春に春に 春に目覚める 
きっときっと きっと二人は 
春が春が 春が恋しい 
早く早く 春よこい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:22| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

ひとり相撲

早く早く 見つけなきゃ 
またどこかへ 逃げてゆく 
気まぐれ気分屋 フリーダム 
飛んで行くの どこにでも 
見上げる空で 陽気に歌う 
あなたを私は つかまえられない  

早く早く 隠れなきゃ 
引き戻され 振り出しよ 
きらめく夜空の スターダム 
まぶし過ぎよ いつだって 
見上げる空で ひときわ光る 
あなたを私は あきらめられない  

鬼ごっこも かくれんぼも 
ひとり相撲じゃ なりたたないのに 

見上げる空で 無邪気に遊ぶ 
あなたを私は どうにもできない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:43| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

私だけのポラリス♪

星降る夜は きっとあなたも 
同じ空 見つめてる 
風はまだ 冷たいけど 
名前を呼べば 寒くない 
光り輝く ポラリス 
もう大丈夫 泣いたりしない 
私だけの ポラリス 
あなただけを 見つめてゆく  

星降る夜は いつかあなたと 
遅くまで 見上げたね 
月はまだ 欠けてたけど 
優しく二人 照らしてた 
教え導く ポラリス 
もう大丈夫 迷いはしない 
私だけの ポラリス 
あなただけを 見つめてゆく  

永遠(とわ)の誓いを ポラリス 
もう大丈夫 忘れはしない 
私だけの ポラリス 
あなただけを 見つめてゆく  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

哀しい雨が

哀しい雨が 雪に変わり 
大地を覆い 尽くすなら 
優しい夢で 温めて 
冷たい雪を とかしましょう 
日差しの中で 笑うあなたを 
見たいから 見たいから  

寂しい夜が 闇に変わり 
明日を閉ざし 惑わすなら 
輝く星で 導いて 
あなたの空を 見つけましょう 
暗闇よりも きっと青空 
似合うから 似合うから  

なくした愛が トゲに変わり 
心を刺して とれぬなら 
大きな愛で 抱きしめて 
尽きせぬ痛み 癒しましょう 
あなたの涙 見たくないのよ 
好きだから 好きだから  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

春の便り

春の便りが 聞こえますか 
そろそろですよと ささやいてます 
長い冬には あきあきしてる 
君の顔が 見えるようです 
今か今かと 飛び出す準備 
できていますか 僕と一緒に 
春の便りが 聞こえますか 
もうすぐ君の 笑顔に逢えます  

冬の便りが とけてますか 
そろそろですよと 微笑んでます 
遠い春だと つぶやいている 
君の声が 聞こえそうです 
いつもいつでも 旅立つ覚悟 
できていますか 僕と一緒に 
冬の便りが とけていますか 
もうすぐ君を 抱きしめられます  

何物にも ぐらつかない 
強さがほしいと 思ってた 
でもそれは 君と二人で 
作り上げる ものなんだね 

春の便りが 聞こえますか 
もうすぐ君を 迎えに行きます  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

菜の花畑に

菜の花畑に 吹く風は 
春よ春よと 誘ってる 
お日様色に 染まったら 
あなたが飛んで くるかしら 
泣き虫に 戻りそうな 
私を叱りに きてほしい  

菜の花畑に 見る夢は 
春よ春よと 歌ってる 
心も甘く 香ったら 
あなたが飛んで くるかしら 
温もりを 忘れそうな 
私を迎えに きてほしい  

菜の花畑に 呼ぶ人は 
春よ春よと 笑ってる 
きれいな花を 咲かせたら 
あなたが飛んで くるかしら 
うなだれて しおれそうな 
私を笑顔に してほしい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:45| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

スケープゴート

楽しむための 嘘も方便 
面倒なことに ならないため 
名前ばかりの 肩書きに 
何の意味が あるっていうの 
甘い言葉に 惑わされた 
心は粉々 砕け散る 
哀れな哀れな スケープゴート 
今頃気づくなんて ばかね  

思わせぶりな 嘘も方便 
ぎりぎりでとめて じらせるだけ 
つかみとれない 夢ばかり 
見つめすぎて わからなくなる 
揺れる想いに 疲れ果てて 
心は散り散り 舞い落ちる 
哀れな哀れな スケープゴート 
今更あわてたって ばかね  

疑心暗鬼の 果てはきっと 
心はバラバラ 朽ちてゆく 
哀れな哀れな スケープゴート 
今どきどこにいるの ばかね  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:06| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

心の雪

今よ今よ 少しだけ 
扉が開いた 気がするの 
冷たい言葉の 向こうへと 
温かい風が 吸い込まれた 

そこは白い 雪の世界 
触れたらとける 心の雪 
もうすぐ会えると 春が呼ぶ 
雪解け間近と 春が呼ぶ  

いいのいいの 少しでも 
ほのかな温もり だっていい 
怯える瞳の 向こうまで 
優しさで包み 抱きしめれば 

そこは白い 雪の世界 
脆くて無垢な 心の雪 
怖がらないでと 春が呼ぶ 
明日は晴れると 春が呼ぶ  

そこは白い 雪の世界 
哀しみ積もる 心の雪 
準備ができたと 春が呼ぶ 
雪解け間近と 春が呼ぶ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

笑ってグッバイ♪

どんなに悲しい 雨が降ろうと 
日差しの中に 消えてゆく 
時の流れに 漂いながら 
薄れゆくままに すべて任せて 
バイバイグッバイ あなたにグッバイ 
今ならできる 笑ってグッバイ  

どんなに切ない 雪が降ろうと 
日差しの中に とけてゆく 
夢のひと時 抱きしめながら 
美しいままに 胸に残して 
バイバイグッバイ あなたにグッバイ 
明日のために 笑ってグッバイ  

雨も雪も 青空には勝てない 
暗い雲を 吹き飛ばす風になろう 

バイバイグッバイ あなたにグッバイ 
歩いて行ける 笑ってグッバイ  


朗読はこちら

北極星さん作曲 とまと歌
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

春になったら♪

もうすぐもうすぐ 逢えるって 
あなたが言って くれたから 
冬色の空でも 寂しくないわ 
心の中は 青い空 
つくしがそっと 顔を出す春に 
春になったら あなたに逢える  

もうすぐもうすぐ 足音が 
聞こえてくるね 私にも 
冬色の風でも 冷たくないわ 
心の中は 恋の風 
ウグイスそっと 歌いだす春に 
春になったら あなたに逢える  

もうすぐもうすぐ 叶うのよ 
私の夢が 花開く 
冬色の涙も 乾いてゆくわ 
心の中は 虹色ね 
菜の花畑 蜂が飛ぶ春に 
春になったら あなたに逢える  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:41| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

あなたにSOS

泣きそうになったら 
優しさで包んでくれる 
そんなあなたが 
好きよ 好きよ 大好きよ 

声を聞くだけで 
涙がこぼれる 
だけどだけどすぐに 
笑顔になれるの 

SOS SOS SOS SOS 
今日もあなたに SOS  

落ち込んでいたなら 
温かく守ってくれる 
そんなあなたが 
好きよ 好きよ 大好きよ 

顔を見るだけで 
涙があふれる 
だけどだけどすぐに 
笑顔になれるの 

SOS SOS SOS SOS 
今日もあなたに SOS  

そばにいるだけで 
涙が夢見る 
だからだからいつも 
笑顔になれるの 

SOS SOS SOS SOS 
今日もあなたに SOS  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:43| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

心の感度

いつもならきっと 気にもしないで 
笑っていられる はずなのに 
なぜだかいつまでも 気にかかって 
泣きたい気分に なってくる 
心の感度 下げなくちゃ 
立ち上がれ そうにない 
心の奥は 底なしよ 
どこまでだって 沈んで行く  

何気ない言葉 潜む刃(やいば)に 
笑っていられる わけもなく 
なんども突き刺さり 聞き流して 
いられる気分じゃ なかったの 
心の感度 高すぎて 
傷ついて ばかりいる 
心の奥は もろいのよ 
守らなければ 壊れて行く  

心の感度 いい加減 
前向きに 受け取って 
心の奥は 無限大 
笑える時が 再び来る  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 05:57| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

鬼でも蛇(じゃ)にでも

あなたが誰を 選んでも 
幸せにと 願えばいい 
本当に 好きならきっと 
できるはず できるよね 

心が泣いて 辛くても 
黙ったまま 耐えればいい 
ジェラシーも 好きならきっと 
越えられる できるよね 

鬼でも蛇(じゃ)にでも なりそうな 
愚かな私を どうか許して 
地獄の炎に 焼かれても 
あなたを誰にも 渡したくない  

心が恋し 焦がれても 
受け止めても くれはしない
誰よりも 好きならきっと 
耐えられは しないよね 

なりふり構わず 取り乱す 
哀れな私を どうか許して 
氷の刃を 受けようと 
あなたを誰にも 渡したくない  

鬼でも蛇(じゃ)にでも なりそうな 
愚かな私を どうか許して 
地獄の炎に 焼かれても 
あなたを誰にも 渡したくない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

どうしたらいいの

ひとりで歩いて 行けるように 
強く強く ならなくちゃ 
あなたにばかり 頼りすぎて 
行く先さえも 見えないの 
sweet sweet pain 
誰にでも 優しいあなたに 
sweet sweet pain 
どうしたらいいの  

きらめく星には なれはしない 
熱く熱く 焦がれても 
あなたの笑顔 見つめすぎて 
忘れることも できないの 
sweet sweet pain 
背を向けて くれればいいのに 
sweet sweet pain 
どうしたらいいの  

切っても切っても 結び直す 
遠く遠く 離れても 
あなたをいつも 困らせてる 
素直になんて なれないの 
sweet sweet pain 
誰よりも 愛しているのに 
sweet sweet pain 
どうしたらいいの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:12| Comment(6) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

レイン♪

灰色の空から降るのは 
冷たい雨か優しい雪か 
涙色の景色はかすみ 
何も見えなくなる 

青空を見たのはいつかも 
あいまいすぎて探せやしない 
鉛色の心は重く 
歩き出せなくなる 

レインレイン 
冷たい雨にうたれて 
レインレイン 
熱に浮かされたまま 
レインレイン 
優しい雪に埋もれて 
レインレイン 
忘れられたらいいのに  

雨だれの音には寂しさ 
心に響き笑えもしない 
あなた色のかけらは今も 
そっと抱きしめてる 

レインレイン 
哀しい夢に踊って 
レインレイン 
気づかないふりをする 
レインレイン 
舞い散る雪を追いかけ 
レインレイン 
忘れられたらいいのに  

レインレイン 
冷たい雨にうたれて 
レインレイン 
熱に浮かされたまま 
レインレイン 
優しい雪に埋もれて 
レインレイン 
忘れられたらいいのに  


朗読はこちら

MILKHOUSEさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

今夜だけは

誰が好きかなんて 聞かれても 
答えられるはず ないでしょう 
彼女のことを うれしそうに 
話していたの 聞こえたの 
あなたに渡す つもりだった 
プチプチハートの チョコレート 
切ない夢を 甘くして 
せめてせめて 今夜だけは  

もっと早くなんて 思っても 
何も変わるはず ないでしょう 
ときめく胸の 鼓動までは 
抑えることは できないの 
夢見るように 想い込めた 
ラブラブピンクの ラッピング 
あふれる涙 受け止めて 
せめてせめて 今夜だけは  

それでも好きと 声に出せば 
願いは叶うと 言ってよね 
飲み過ぎたって いいでしょう 
せめてせめて 今夜だけは  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:39| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

乙女チックな夢

早く来ないと 凍えてしまう 
身を切る寒さに 心まで 
待ってるなんて ひと言も 
言ったことは ないけれど 

乙女チックな 夢ばかり 
見たくなるのが 恋ですね 
ひとりで募らせては 泣いてしまう 
あなたが何も 知らないうちに  

今か今かと 待ち望んでる 
優しいあなたの 温もりを 
待ってるなんて 素振りさえ 
見せたことは ないけれど 

乙女チックな 夢ばかり 
見たくなるのが 恋ですね 
ひとりでストーリーを 決めてしまう 
あなたが何も 知らないうちに  

乙女チックな 夢ばかり 
見たくなるのが 恋ですね 
ひとりでピリオドまで うってしまう 
あなたが何も 知らないうちに  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

冬には冬の

フロントガラスに 咲いた花 
小さくて白い 雪の花 
凍える寒さも いいかもね 
白い吐息まで きれいに見える 

辛いことばかり 見つめたら 
見つけられない ものがある 
冬には冬の 楽しみがある 
春に焦がれる あなたにも  

歩けばキュッキュと 霜柱 
踏みしめるたびに 歌いだす 
なんだかうれしく なってくる 
池の氷まで 光って見える 

逃げることばかり 選んだら 
わかりあえない ことがある 
冬には冬の 喜びがある 
春に焦がれる あなたにも  

楽なことばかり 望んだら 
何もできずに 終わっちゃう 
冬には冬の 役割がある 
春に焦がれる あなたにも  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:54| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

哀しみ色のバレンタイン

渡せないまま 仕舞い込んだ 
チョコレートは 今も甘くて 
寂しい夜でも 夢の中で 
優しく優しく とろけてゆく 
哀しみ色の バレンタイン 
いつか虹色に 変わるのかしら 
哀しみ色の バレンタイン 
いつになったなら 渡せるのかな  

赤いリボンに カード添えた 
チョコレートは 今も待ってる 
切ない夜には 夢の中で 
あなたの笑顔を 思い出すの 
哀しみ色の バレンタイン 
いつか踏み出せる その日が来るの 
哀しみ色の バレンタイン 
壁のカレンダー 見つめてしまう  

哀しみ色の バレンタイン 
いつか虹色に 輝くように 
哀しみ色の バレンタイン 
いつになったら 叶うのかしら  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:42| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする