2012年07月31日

君の名が

朝の眠りを覚ます 
悲しき蝉しぐれ 
熱き恋をこの胸に 
焼き付けるまで 
君の名を呼べども 
青空に消えてゆく  

募る想いを冷ます 
激しいにわか雨 
淡き恋のままならば 
消え去ったのに 
君の名にせつなさ 
こみ上げて泣き濡れる  

焦がれすぎれば枯れる 
ひまわりうなだれて 
甘い恋じゃいられない 
苦しみの果て 
君の名が愛しく 
いつまでもこだまする  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月30日

君だけの物語

どこかで誰かが虐げられて 
どこかで誰かが助けられてる 
ひとりひとりが織り成す 
たくさんの物語 

君は何がしたいですか 
君は何ができますか 
それはたったひとつだけの 
誰も知らない物語  

つまづき転んで泣いてる人や 
幸せつかんで笑ってる人 
みんなそれぞれ違った 
たくさんの物語 

君は何をするのですか 
君は何を見てますか 
それはたったひとつだけの 
あすを夢見る物語  

たとえば運不運めぐり合わせ 
思い通りにならなくても 

それはたったひとつだけの 
君が描(えが)ける物語  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

ひと夏だけの

焼けた素肌が 白くなっても 
あなたはそばに いてくれるかな 
ひと夏だけの 恋なんて 
いわないでよね 悲しくなるから 
燃え尽きて しまわないように 
木陰でひと休み ひと休み  

熱い吐息が 白くなっても 
あなたはそばで 笑ってるかな 
ひと夏だけの 恋ばかり 
あるわけじゃない 信じているから 
抱きしめて 離さないように 
あなたの腕の中 腕の中  

ひと夏だけの 恋なんて 
思いたくないの せつなくなるから 
いつまでも 変わらないように 
二人で夢の中 夢の中  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

真夏に見る夢♪

陽気に歌い 踊る妖精 
真夏に見る 夢はカーニバル 
指を鳴らせば 憎み合う二人が 
恋に落ちる なんてどう 

すべてを隠す 仮面の下で 
燃える瞳 あなたを見つめ 
焦がれて焦がれて エクスタシー 
秘密の炎に 焼かれたい  

儚い夜の 恋は幻 
目覚めたなら 消えるファンタジー 
片目つむれば 見も知らぬ二人が 
愛を語る なんてどう 

すべてを隠す 仮面をつけて 
今宵だけは あなたの胸に 
抱かれて抱かれて エクスタシー 
秘密の鎖で 抱きしめて  

すべてを隠す 仮面も私 
夢をとわに この手の中に 
愛して愛して エクスタシー 
秘密の扉に キスをして  


朗読はこちら

コタローさん作曲・とまと歌


posted by to_ma_to at 06:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月27日

宮島旅情♪

青き海に 赤い大鳥居 
潮風と 緑なす山
降り立てば いにしえの 
時がめぐる 美しき島  

そぞろ歩き 鹿と戯(たわむ)れて 
島人と 触れ合うもよし 
仰ぎ見る 青空に 
心癒す 清らかな島  

厳島(いつくしま)に 祈り奉(たてまつ)る 
悠久の つわものが夢 
胸熱く 高鳴れば 
時をこえる 神々の島  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

嘘つきな愛

小さな嘘なら 奥歯で噛み砕き 
何もなかったように 笑えばいい 
守ってくれない 約束なんてもう 
ゴミと一緒にすてて しまえばいい 

傷つくのは 私の勝手 
きっとあなたの せいじゃない 
誠実さを 探しても 
きっとかけらも 見つからない  

あやしい素振りも 片目を閉じるだけ 
見たくないものだけを 隠せばいい 
恰好ばかりの 張りぼてなんてもう 
ゴミと一緒に焼いて しまえばいい 

ごまかすのは 私の弱さ 
きっとあなたの せいじゃない 
拠り所を 探しても 
きっとどこにも 見つからない  

信じるのも 私の勝手 
きっとあなたの せいじゃない 
幻想だと わかっても 
きっと誰にも 止められない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

想い出の街

赤レンガの 中通り 
シャッターおろした ままの店 
狭い階段 上がれば喫茶 
今はもう ないのよね 
アイスコーヒー 飲みながら 
二人何を 話してたかしら  

ガタガタ道 自転車で 
送ってくれたね いつだって 
急な坂道 上がれば職場 
今はもう 変わってる 
花火眺めた 屋上で 
二人何を 思ってたかしら  

想い出だけ 残る街 
おもかげどこかに 探しても 
見つけられない 迷子のようね 
今はもう わからない 
駅のホームで 手を振った 
二人何を なくしたのかしら  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

それは風

肌を焦がす日差しに 
熱い吐息もらして 
風鈴鳴らしたのは 
誰ですか 

それはわたし 
それともあなた 
気まぐれな 
風かもしれない  

滲む汗にいらだち 
じっと時計見つめて 
あのこが待ってるのは 
誰ですか 

それは彼女 
それとも彼氏 
背中押す 
風かもしれない  

月の光さえぎり 
星の歌を消し去り 
私を泣かせたのは 
誰ですか 

それは孤独 
それとも不安 
悪戯な 
風かもしれない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:34| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

愛の彼方へ

さまよい歩く 闇の中にも 
仄かに浮かぶ あなたの姿 
遠く離れた 心はもう 
届かないと いうのに 
わずかに残る 炎はゆらめき 
時の彼方へ 消えてゆく  

悲しいまでの 愛に漂い 
溺れてしまう 私のすべて 
夢は儚く 心はもう 
何もないと いうのに 
砕けて散った かけらは静かに 
空の彼方へ 溶けてゆく  

狂おしく あふれでるのは 
ただあなたの 愛しい名前  

せつない響き 心を震わせ 
愛の彼方へ 飛んでゆく  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

もう一杯♪

月を肴に 一杯やれば 
叫びだしたい 誘惑に 
もう一杯 もう一杯 
心に全部 流し込む  

星を肴に 一杯やれば 
飛んで行きたい 衝動に 
もう一杯 もう一杯 
心に時を めぐらせる  

夢を肴に 一杯やれば 
掴み取れない むなしさに 
もう一杯 もう一杯 
心に風が 吹き抜ける  

お前肴に 一杯やれば 
ほっと一息 温もりに 
もう一杯 もう一杯 
心に笑顔 取り戻す  


朗読はこちら

Godinさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

打ち上げ花火♪

打ち上げ花火 高く高く 
空のかなたで 花開け 
あなたに逢えた 喜びに 
高鳴り続ける この胸のように 
思い出して あの日の二人 
思い出して 口づけを  

打ち上げ花火 きらりきらり 
夢のまたたき つかまえて 
あなたのそばに いるだけで 
笑顔でいられた あの頃のように 
忘れないで あの日の二人 
忘れないで 温もりを  

打ち上げ花火 消えて消えて 
闇に残るは 夢のあと 
せつなさ胸に 願うなら 
再び逢えるわ あの時のように 
離さないで あの日の二人 
離さないで もう二度と  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

プレゼント♪

タバコを吸いだして かれこれ何十年 
身体に悪いと わかっていても 
値上がりばかりで 困っていても 
やめられない 止まらない 

どこに行っても 冷たい視線あびて 
それでもおいらにゃ なくてはならない 
親友と一緒さ 勘弁してくれ 
老後の楽しみに 残してくれ  

お酒を飲みだして かれこれ何十年 
飲まれてヘベレケ わかっていても 
どこかで寝過ごし 困っていても 
やめられない 止まらない 

家に帰れば あきらめ感漂う 
それでもおいらにゃ なくてはならない 
音楽と一緒さ 勘弁してくれ 
我が家でゆっくりと 酔わせてくれ  

マイマイバースディー ハピハピバースディー 
プレゼントだと思って 許してくれないか 
マイマイバースディー ハピハピバースディー 
憩(いこい)のひと時 許してくれないか  

マイマイバースディー ハピハピバースディー 
プレゼントだと思って 大目に見てくれよ 
マイマイバースディー ハピハピバースディー 
憩のひと時 感謝しているよ  


朗読はこちら

ナオさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:57| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

熱い夏に

うちわ片手に 縁側で 
道行く人を 眺めても 
あなたは今日も 通らない 
蝉の声が 耳につく 
熱い夏に 燃える恋 
なんてなんて 嘘つきね  

風がお休み してるから 
風鈴いくら あおいでも 
リンとも鳴らず 揺れるだけ 
汗と涙 滲むだけ  
熱い夏に 濡れる恋 
なんてなんて せつないね  

庭のヒマワリ 背伸びして 
焦がれているの お日様に 
私はいつも 待ちぼうけ 
青い海が 見たくなる 
熱い夏に 揺れる恋 
なんてなんて 寂しいね  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月18日

あなただけ

たとえば小さな 木の下で 
眠ってるのが 私なら 
冷たい風や 強い日差し 
そっとそっと さえぎって 
優しい眠りを くれるのは 
きっときっと あなただけ  

小さな小さな 夢だって 
笑わずにいて くれるのも 
悲しい時や 辛い時に 
そっとそっと 寄り添って 
優しく涙を ぬぐうのも 
きっときっと あなただけ  

気づいてしまった 優しさに 
溢れ出すのが 涙なら 
うれしい時も 零れ落ちる 
そっとそっと 心から 
私が愛して しまうのも 
きっときっと あなただけ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:16| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

アイスバー

暑い暑いと うちわ扇風機 
脱水予防に 水分とって 
なんだかシャキッと しないのよ 
いっそ冷蔵庫に 入りたい 

節電節電 エコエコエコ 
エアコンなんて 最後の切り札 
さっぱりと ひんやりと 
アイスバー 一本一本  

甘い甘いと ほっぺ落ちそうよ 
フルーツ味なら なんでもオッケ 
なんだかシャキッと してきたよ 
もっと食べれば元気 回復ね 

節電節電 エコエコエコ 
徳用アイス 買っててよかった 
さっぱりと ひんやりと 
アイスバー 一本一本  

節電節電 エコエコエコ 
食べすぎ注意 それでも食べたい 
さっぱりと ひんやりと 
アイスバー 一本一本  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月16日

あさがお

おはようと 咲く花に 
日差しは優しく ふりそそぎ 
揺れ惑う 朝露が 
真珠のように 輝く 
心濡らした 通り雨 
気にしない 気にしない  

おはようと のびてゆく 
緑のカーテン 涼やかに 
気まぐれな 鳥たちが 
夢見るように さえずる 
心震えた 通り雨 
怖くない 怖くない  

おはようと 笑ったら 
雨雲どこかへ 逃げだして 
紅色の あさがおが 
何度もそっと うなづく 
心揺らした 通り雨 
大丈夫 大丈夫  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

始まる夏♪

ささやく波の音 光が踊ってる 
はぐれた海藻が のどかに揺れている 
潮風に誘われ 見つめてきた景色 
あなたとふたりで今 始まる夏 

砂浜に名前を 並べて書くの 
打ち寄せる波が 洗い流しても 
何度でも消えない 思い出になるまで 
あなたとこうして ずっといたいの  

眩しい空の青 海まで染めている 
小さな島々が ぽっかり浮かんでる 
運命に結ばれ みちびかれた出逢い 
あなたとふたりで今 迎える夏 

砂浜に足跡 並んでいるの 
打ち寄せる波が 覆い隠しても 
何度でも消えない 思い出を増やして 
あなたとこうして ずっといたいの  

砂浜に日が落ち 並んで花火 
打ち寄せる波が 闇にとけようと 
何度でも消えない 思い出を抱きしめ 
あなたとこうして ずっといたいの  


ナオさん作曲・歌

朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:07| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

これからだよ

血液型は たったの四種類 
大雑把に書けば 誰でもあてはまる 
自分で思うのと 人から見るのとじゃ 
大きな違いが あるものよ 
なりたい自分に なればいい 
どんなことも はね返せる  

星座は十二 もしくは十三かな 
ロマンチックだけど 納得いかないね 
ついてるついてない 根拠はなんなのよ 
考えひとつで 変わるでしょ 
いつでも笑顔で いればいい 
どんなことも なんとかなる  

生まれたときに すべてが決まってる 
なんてことは誰も 信じていないよね 
自分で切り開く 未来がなかったら 
希望も持てずに くじけちゃう 
自由に選んで 行けばいい 
どんなことも これからだよ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:26| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

うれし泣き

時が流れる さらさらと 
心に降り積もる 砂時計 

いつかあなたと 触れ合って 
いつか私は 歌ってた  

時が流れる さらさらと 
心に降り積もる 砂時計 

いつかあなたを 見失い 
いつか私は うもれてた  

止まってしまった 砂時計 
くるりと回せば 動き出す  

時が流れる さらさらと 
心に降り積もる 砂時計 

いつかあなたと もう一度 
いつか私は うれし泣き  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

男と女

何の事だかさっぱりと 
あなたは思ってる 
女心がわからなくても 
男だから仕方ないね 

ふとした言葉で 
浮いたり沈んだり 
あなたがつかまえて 
くれなきゃ止まらない  

何も教えてくれないと 
私は思ってる 
男心がわからなくても 
女だから仕方ないね 

ふとした仕草で 
疑い信じたり 
あなたがはっきりと 
してなきゃ歩けない  

ふとした出会いで 
泣いたり笑ったり 
ドキドキする日々が 
もうなきゃつまらない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:16| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする