2013年02月28日

消えるのだろうか♪

いい加減なことばかり 聞き飽きた 
心は遠く離れて 乾いてる 
できない約束なんて 寝言と同じ 
言ったことさえ 忘れてる 

それでもわずかな 望みにかけてしまう 
切っても切れない 胸の疼き 
うつろな色をした 夜更けの海に 
深く沈めたら 消えるのだろうか  

いい加減なやつだよと つぶやいた 
心はどこをさまよい 歩いてる 
あてなどしてないなんて 背中を向けて 
言ってやれたら 笑えるね 

それでもわずかな 明かりが見せる夢に 
振り向きたくなる 胸の疼き 
すべてを呑み尽くす 真っ暗闇に 
とけてしまえたら 消えるのだろうか  

それでもわずかな 希望の風が吹くと 
あきらめられない 胸の疼き 
かってにやってくる 夜明けの空に 
心閉ざしたら 消えるのだろうか  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

青空が見えない朝

青空が見えない朝 
雨音が歌ってる 
あなたにはどんな歌に 
聞こえているのでしょう 

泣いてしまうなら 
一緒にハミングしよう 
あなたが笑顔に 
なれるように  

青空が見えない朝 
どんよりと曇ってる 
あなたにはどんな色に 
映っているのでしょう 

せつなすぎるなら 
虹色クレヨンあげる 
あなたが笑顔に 
なれるように  

青空が見えない朝 
風音が響いてる 
あなたにはどんな音に 
感じられるのでしょう 

震えているのなら 
緑のざわめきさがそ 
あなたが笑顔に 
なれるように  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

心残り♪

淡く色づいてた空が 
いつのまにか白くなってる 
天気予報では晴れると 
言っていたのにね 

あなたのところはまた 
雪が降るみたい 
ここから遠く遠く 
離れているものね 

気にしてもしかたないのに 
いつまでも忘れられない 
あなたが好きだから 
今も変わらず好きだから  


淡く色づいてた心 
いつのまにか赤くなってた 
気分次第では焼けつき 
困らせてたよね 

私のところもまだ 
春はきていない 
あれから何もかもが 
変わってしまっても 

気にしても戻れないのに 
いつまでも悔やみきれない 
あなたが恋しくて 
今も変わらず恋しくて  


気にしてもしかたないのに 
いつまでも忘れられない 
あなたが好きだから 
今も変わらず好きだから  


朗読はこちら

石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

素敵な笑顔に♪

八つ当たりされてもね 
困ってしまうよ 
言いたいことがあるなら 
直接言えばいいのに 

消化不良なものばかり 
お腹にため込むから 
笑えなくなったんだね 
いつから見てないんだろう 

バースディーでもヴァレンタインでも 
記念日でもないけれど 
君の好きなお菓子をどうぞ 
甘く甘く心とろけるように 

食欲なくてもダイエット中でも 
誘惑には勝てないでしょう 
お腹いっぱいになったなら 
素敵な笑顔になれるよ  


僕にだけ強気だね 
困ったものだよ 
泣きだしそうな顔して 
ぐちってくれていいのに 

消極的な君のこと 
吐き出せないままでは 
辛くないわけがないね 
いつから我慢してたんだ 

クリスマスでもハロウィーンでも 
記念日でもないけれど 
君のために作ってあげる 
甘く甘く心ときめくように 

泣きたいときでもリバウンドしてても 
気にしないで食べちゃいましょう 
お腹いっぱいになったなら 
素敵な笑顔になれるよ  


朗読はこちら

ALTVENRYさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:03| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

ブラックコーヒー

ブラックコーヒー 君の言葉は 
苦みまで まっすぐで 
当たって砕ける 波しぶき 
僕だけが 泣き顔知ってる 

せめてせめて クリーム少し 
くるくると かき混ぜて 
柔らかな 柔らかな 
優しさで君を 包んであげる  

ブラックコーヒー 君の心は 
染まらない かたくなさ 
触れたら壊れる シャボン玉 
僕だけが きずあと知ってる 

せめてせめて シュガーを少し 
くるくると かき混ぜて 
あまやかな あまやかな 
温もりで君を 包んであげる  

せめてせめて お酒を少し 
くるくると かき混ぜて 
おだやかな おだやかな 
安らぎで君を 包んであげる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

なくした恋は

なくした恋は たくさんある 
あなたもその ひとつになるの 
季節が変わって ゆくように 
誰の心も 変わるから 
笑いかけて 話しかけて 
それ以上 望んだことはないのに  

なくした恋は たくさんある 
いつでもそう 壊れてしまう 
曇った日もある 雨の日も 
誰の心も 変わるから 
顔を見せて 何か言って 
そんなこと 望んでみたくなるけど  

なくした恋は たくさんある 
泣きぬれては ひとりに戻る 
きれいな花でも 散って行く 
誰の心も 変わるから 
夢を見るの 夢でいいの 
それくらい 望んでみてもいいでしょ  


朗読はこちら

コタローさん作曲・とまと歌
posted by to_ma_to at 07:29| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

想い花♪

冷たく厳しい 季節(とき)を過ぎ 
やっと咲かせた 花だから 
ひとひらの 花びらにも 
想いの彩り ちりばめて 
たおやかに なれますように 
うららかに なれますように  

夢見た温もり 季節(とき)を待ち 
やっと叶えた 花だから 
喜びに 打ち震える 
想いの輝き 解き放ち 
かろやかに なれますように 
はれやかに なれますように  

散りゆく覚悟に 季節(とき)をゆき 
やっとつかんだ 花だから 
あふれでる ひとしずくも 
想いの熱さに 満ち足りて 
なごやかに なれますように 
おだやかに なれますように  


朗読はこちら

Godinさん作曲・歌


たんぽぽしゃん歌
posted by to_ma_to at 06:48| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

愛咲かせます♪

ぽつりぽつりと 小さな蕾 
色づいて色づいて 咲くのですね 
あなたが残した ときめきが 
夢見る明日を 待っています 

たとえば桜の 花のように 
儚くても かまわない 
この胸の中に 抱きしめて 
私の愛 咲かせます  

ゆらりゆらりと とろける香り 
漂わせ漂わせ 咲くのですね 
あなたが残した 温もりが 
輝く明日を 待っています 

たとえば桜の 花のように 
儚くても かまわない 
この胸の中に かぐわしい 
私の愛 咲かせます  

ふわりふわりと 優しい日差し 
浴びながら浴びながら 咲くのですね 
あなたが残した 愛しさが 
せつなく明日を 待っています 

たとえば桜の 花のように 
儚くても かまわない 
この胸の中に えいえんの 
私の愛 咲かせます  


朗読はこちら

北極星さん作曲・とまと歌
posted by to_ma_to at 07:05| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

笑ってもいいわよ♪

ひとりなんて 慣れてるはずだったのに 
甘い空気吸った後じゃ 辛くて戻れない 
優しすぎたの すがりつきたくなるほどに 
私だけじゃないなら 突き放してよ 
思い違い勘違い ひとりで浮かれて 
ばかみたいね 笑ってもいいわよ  

ひとりよりも 寂しいことあるなんて 
甘い夢を知った後で わかってしまったの 
夢を見てたの いつか止められないほどに 
私だけじゃないなら 冷たくしてよ 
思い込んで募らせて ひとりで騒いで 
ばかみたいね 笑ってもいいわよ  

ひとりだって 涙が止まらないけど 
甘い罠にかかるよりも 失うものはない 
ゆれる心は いつも満たされないままに 
私だけじゃないなら 終わりにしてよ 
壊れながら空回り ひとりで踊って 
ばかみたいね 笑ってもいいわよ  


朗読はこちら


石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:07| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

忘れたの♪

気付かなかったメール 
返事を出すには遅すぎる 
どうして来ないのと 
気にしてた頃もあったのに 
忘れたの 忘れたの 
眩しい空に みんなみんな  

読み返しても何も 
心に入ってこないのよ 
ときめき揺れながら 
読んでいた頃もあったのに 
忘れたの 忘れたの 
せつない夜に みんなみんな  

味気ないほど言葉 
少なくすぐにも読み終わる 
あれこれ長々と 
書いてきた頃もあったのに 
忘れたの 忘れたの 
目覚めた朝に みんなみんな  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:02| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

つまんない♪

いつもならここで 会えるのに 
どうしてかな 待ちぼうけ 
つまんない つまんない 
道端の石ころに 八つ当たり 
君の好きな タンポポが 
日差しの中に 咲いていた  

いつもならここに 座るのに 
どうしてかな 素通りさ 
つまんない つまんない 
窓の外ぼんやりと 見つめてた 
君の好きな 青空が 
心の中に 広がった  

いつもならここで また明日 
どうしてかな 帰れない 
つまんない つまんない 
夕暮れの鐘の音(ね)が やかましい 
君の好きな 夕焼けが 
すべてを赤く 染めていた  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:04| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

ジャンプアップ♪

やるだけやったら すっきりして 
結果はどうでも よくなってくる 
今できること 全力で 
頑張ったって 思えれば 
ダメでもくよくよ しなくてもいい 
報われたなら ステップアップ  

あれこれ悩んで どうなるのよ 
終わったことなら 悔やまないのよ 
今できるのは リフレッシュ 
明日のために 切り替えて 
ダメなら涙で 洗い流して 
できることなら スマイルアップ  

結果がすべてじゃ ないことなど 
あなたはわかって いるはずよねえ 
今できること こつこつと 
積み重ねてた 日々がある 
ダメでも無駄とは 言わせないから 
明日は飛べる ジャンプアップ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:07| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

ギター弾きながら♪

ギター弾きながら 歌えればいい 
ブルースハープ 好き勝手に響かせて 
書き綴った言葉は 心のメモリー 
パンク寸前の 嘆きのメモリー 
今夜はひとりで 聞いてくれ 
かみしめるように 聞いてくれ  

ギター弾きながら 思いだすのは 
儚く散った あの子のことだっていい 
消しきれない傷あと 心のメモリー 
涙色してる 嘆きのメモリー 
今夜は一緒に 聞いてくれ 
抱きしめるように 聞いてくれ  

ギター弾きながら 忘れてもいい 
逃げ切ることは できなくても今だけは 
輝いてた昨日は 心のメモリー 
二度と戻らない 嘆きのメモリー 
今夜は笑って 聞いてくれ 
懐かしむように 聞いてくれ  


朗読はこちら

石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

恋に染まるの♪

何がいいのと 聞いてみたい 
自分で自分が 好きじゃないのに 
何をわかって いるのかしら 
自分の心も わからないのに 

どこで鳴らした 胸の音を 
何を見てるの その瞳で 
春が来たよと 風が歌うの 
春が来たよと 鳥が歌うの  

通りすがりで 消えるはずが 
物好きすぎるわ 見つめないでよ 
何を望んで いるのかしら 
あなたの心が わからないのよ 

どこで落ちたの 恋の海に 
何を言いたい そのくちびる 
春が来たよと 蕾開くの 
春が来たよと 扉開くの  

どこで認める 熱い想い 
何を信じる この世界で 
春が来たよと 夢に染まるの 
春が来たよと 恋に染まるの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

心のままに♪

募る想いに 揺れる小舟 
あなたの海に 漂いながら 
沈んでしまうなら それもさだめ 
涙の海に 変えてしまうだけ 
後悔するより 心のままに 
ついて行きます どこにだって  

春は来ないと 風のうわさ 
儚い夢を あざけりながら 
愛されないのなら 覚悟決めて 
やさしいウソに 紛れさせないで 
重荷というなら 心のままに 
捨ててください すぐにだって  

誰も消せない 灯りひとつ 
両手でそっと 抱きしめながら 
信じてくれるなら 命かけて 
ふたりの花を 咲かせ続けたい 
燃え尽きはてても 心のままに 
愛をささげる あなただけに  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:41| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

輝こう

ガタガタ窓を 揺らすのは 
冷たい風じゃ ありません 
春はもうすぐ もうすぐですよと 
教えてくれる 優しい風だから 

空を見れば わかるでしょ 
雲の色まで 違うでしょ 
うつむかないで 涙を拭いて 
哀しみ色に 染まらないで  

ポタポタ屋根を 濡らすのは 
冷たい雨じゃ ありません 
春はそこまで そこまできてると 
教えてくれる 優しい雨だから 

花を見れば わかるでしょ 
木々の色まで 違うでしょ 
立ち止まらずに 寄り道しても 
うつろな色に 染まらないで  

夢を見れば わかるでしょ 
虹の色まで 違うでしょ 

あきらめないで つまづいたって 
お日さま色に 輝こう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:46| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

君の朝

君の影が 伸びてゆく 
夕暮れ時は 短くて 
うつむいてたら 迷子になるよ 
それでなくても 方向音痴だろ 

涙でぼろぼろの 顔だから 
見られたく ないんだね 
優しく優しく 拭ってあげるよ 
だからねえ 顔を上げて  

君の夢が 消えてゆく 
最後の時は 儚くて 
立ち止まったら 闇夜になるよ 
それでなくても 怖がり屋さんだろ 

傷つきよれよれの 心では 
強がれも しないよね 
優しく優しく 照らしてあげるよ 
だからねえ 歩きだして  

君の朝が やってくる 
目覚めの時は 健やかに 
どんなときでも 夜明けは来るよ 
それでなくても 新たなスタートさ 

想い出またひとつ 増えたから 
大切に しまってね 
優しく優しく 飾ってあげるよ 
だからねえ 笑顔見せて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:07| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

愛するだけ♪

あの人が 笑顔でいるなら 
あの人が 優しくなるなら 
たとえそれが 見せかけだけの 
愛だとしても かまわない 

嘘ばかり つかないで済むように 
嘆いたり しないでもいいように 
海よりも深く 空よりも広く 
私はただ 愛するだけ  

あの人が 離れずいるなら 
あの人が あたたかいのなら 
他の誰を 心の中に 
隠していても かまわない 

後悔を させないで済むように 
壊れたり することのないように 
誰よりも熱く 誰よりも強く 
私はただ 愛するだけ  

愛してくれなくても 愛してる 
嫌われてたとしても 愛してる  

海よりも深く 空よりも広く 
誰よりも熱く 誰よりも強く 
私はただ 愛するだけ  


朗読はこちら

ととろうさん作曲・歌

コタローさん作曲・とまと歌
posted by to_ma_to at 07:31| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月10日

好きなのはあなた

恋をするたび 心配して 
あれこれと 世話を焼く 
私のこと 気にならないの 
少しは辛そうな 顔をしてよ 

いつまでも 優しい幼なじみ 
時は止まって いないのに 
私だけが 空回り 
振り向いて くれないの  

恋をなくして 泣いてるのも 
あきらめが 悪いせい 
私のこと どう思ってる 
少しはときめいて ほしいのにね 

いつまでも 優しい幼なじみ 
時を動かし 気付いてよ 
私だけの 恋心 
どうしたら わかりあう  

いつまでも 優しい幼なじみ 
時のはざまに 落ちたまま 
私だけを 見つめてよ 
好きなのは あなたなの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:27| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

マシュマロな心に♪

また傷ついて 壊れてゆく 
脆くて儚い 心はゼリー 
透き通った ときめきは 
星屑のように こぼれ落ちる 

誰が悪い わけでもなく 
誰も憎みたく ないのなら 
あしたはあしたは しなやかな 
マシュマロな 心になろう  

また閉じこもり 閉ざしてゆく 
脆くて儚い 心はゼリー 
けがれのない きらめきは 
哀しみの中に 崩れ落ちる 

誰が怖い わけでもなく 
誰も嫌いたく ないのなら 
あしたはあしたは しなやかな 
マシュマロな 心になろう  

また揺れ惑い おぼれてゆく 
脆くて儚い 心はゼリー 
とめられない ゆらめきは 
切なさを連れて あふれ落ちる 

誰がいった わけでもなく 
誰もなくしたく ないのなら 
あしたはあしたは しなやかな 
マシュマロな 心になろう  


朗読はこちら

石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 08:20| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする