2013年11月30日

春の恋に

恋の終わりは 枯葉のように 
はらりはらりと こぼれる涙 

枯れ果てるまで 流したなら 
悔やまないで 振り向かないで 

心をそっと 抱きしめながら 
夢見よう 春の夢を  


恋のはざまは 子供のように 
ゆるりゆるりと 過ぎゆく時間 

降り積もる雪 踏みしめたら 
嘆かないで 考えないで 

心をそっと 抱きしめながら 
ゆっくりと 春の準備  


恋のはじめは 朝日のように 
きらりきらりと こぼれる日差し 

輝きに満ち ときめいたら 
迷わないで ためらわないで 

心をそっと 抱きしめながら 
目覚めよう 春の恋に  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

ゆずりあい

確かに道は細いよ 細かった 
自転車だったら 無理だけど 
両側には田んぼと 用水路 
踏み外せば 落ちるけど 

確かに僕は重いよ 太ってる 
向こうもそうなら 無理だけど 
ほっそりした人だし 道幅も 
余裕がほら あったよね 

通り過ぎるのを 待たなくても 
すれ違うくらいは 大丈夫さ 
そう言う僕を 君は見つめて 
楽しそうに 笑った  


確かに僕はくどいよ くどかった 
耳にもしっかり タコだけど 
いい加減にできない たちだから 
イライラして しまうんだ 

通り抜けるまで 待たれたのが 
納得がいかない おかしいだろ 
そう言う僕を 君は見つめて 
楽しそうに 笑った  


通り過ぎるのを 待たなくても 
ゆずりあいできたら よかったよね 
そう言う僕を 君は見つめて 
楽しそうに 笑った  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:17| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

雨音響かせて♪

静かに降る 雪よりも 
雨のほうが 優しいね 

寂しさ募る 心にも 
雨音響かせて くれるから 

何も考えないで いられるわ 
雨音に かき消されて  


静かに来る 別れでも 
胸の奥が 辛いのよ 

いつかと怯え 震えてる 
心に終止符 刻むまで 

何も考えないで いられたら 
雨だって 好きになれる  


静かにゆく 季節(とき)よりも 
雨のほうが 優しいね 

雪解け水の 流れにも 
安らぎ感じるの 心から 

何も考えないで いたいから 
雨音を 響かせてよ  


朗読はこちら

ゴダンさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:59| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

嘆き

いつからふたり すれ違い 
いつから心 離れたの 
何も言わなくても 信じられた 
あの日々はどこに 消えたの  


眠れない夜になぜか あなたからの電話 
優しい声にぽろぽろ 零れ落ちた涙 

うれしくてうれしくて 胸がいっぱいになった 
いつまでもいつまでも 一緒だと思ってた  


いつからふたり 空回り 
いつから心 閉ざしたの 
何も言わなくても 分かり合えた 
あの日々はどこに 消えたの  


寂しさに名前呼べば 想い出せる笑顔 
あなたの夢にゆらゆら 今も揺れる心 

哀しくて哀しくて 胸がからっぽになった 
いつまでもいつまでも 忘れられそうにない  


いつからふたり すれ違い 
いつから心 離れたの 
何も言わなくても 信じられた 
あの日々はどこに 消えたの  


いつからふたり 空回り 
いつから心 閉ざしたの 
何も言わなくても 分かり合えた 
あの日々はどこに 消えたの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:29| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

相合い傘で

傘を忘れた 帰り道 
迎え待ってる 雨宿り 

まだかなまだかな あの角から 
ニッコリ笑って くれるかな 

お母さん お母さん 
相合い傘で 帰ろう  


ケンカ別れの 戻り道 
不意に降りだす 通り雨 

どうしてどうして いやだわもう 
名前を呼ぶ声 空耳か 

ごめんねの ごめんねの 
相合い傘で 帰ろう  


傘を忘れた あわてんぼ 
迎え行こうか 夕暮れに 

どこかなどこかな 泣いてるかな 
しっかり飛び込む 腕の中 

大丈夫 大丈夫 
相合い傘で 帰ろう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:54| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

出会った頃に

夢を見てたの 泡のように 
すぐにも消える 夢だから 

さめてしまえば 嘘のように 
ときめきなんて 感じない 

あなたの声が 聞こえても 
泣いたりしない もう二度と 

さよならじゃなく こんにちは 
出会った頃に 戻るだけ  


夢に焦がれる 子供みたい 
おかしいくらい 幼くて 

あきてしまえば それで終わり 
せつなさなんて 残らない 

あなたの顔が 浮かんでも 
泣いたりしない もう二度と 

さよならじゃなく こんにちは 
出会った頃に 戻るだけ  


あなたの声が 聞こえても 
泣いたりしない もう二度と 

さよならじゃなく こんにちは 
出会った頃に 戻るだけ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

待ち人来たらず

君は黄色の 自転車に乗って 
バス停まで 毎日出かける 

ベンチに腰かけて 誰を待つのか 
降り立つ人の 影さえ見えない 

木枯らし奏でる 嘆きのメロディー 
君には聞こえて いるのだろうか 

いくら待っても 待ち人来たらず 
君の笑顔は またあした  


君はいつから 来ているのだろう 
気が付いたら 日課になってた 

陽気な春の日も 暑い夏にも 
降り立つ人は ほとんどないのに 

木枯らし奏でる 嘆きのメロディー 
心に響けば 泣くのだろうか 

いくら待っても 待ち人来たらず 
君の涙は いつ落ちる  


木枯らし奏でる 嘆きのメロディー 
一緒に歌って いるのだろうか 

いくら待っても 待ち人来たらず 
君のあしたは まだ来ない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:05| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月23日

聞いてないよ

やっとこぎつけた デートだから 
あれこれ色々 考えて 

連れ出したのは いいけれど 
雲行きどこか おかしいよ 

青空半分 雨雲半分 
風が強く 吹き抜ける 

雨だよ雨だよ よりにもよって 
今日降るなんて 聞いてないよ  


やっと雨宿り 震えながら 
これからどうする どうしよう 

ご機嫌斜め 僕のせい 
しかたがないね だいなしさ 

青空半分 雨雲半分 
風が強く 吹き抜ける 

雨だよ雨だよ 心の中も 
今日降るなんて 聞いてないよ  


青空半分 雨雲半分 
風が強く 吹き抜ける 

雨だよ雨だよ よりにもよって 
今日降るなんて 聞いてないよ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:30| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月22日

忘れましょう

降り注ぐ光に やわらかな風に 
夢ではなくあなたを 感じられたら 
いいよねいいよね いいのにね 

これからもっと 寂しくなる季節 
色づく頃を過ぎたら みんなみんな 
眠るの眠るの 春が来るまで 

忘れましょう 忘れましょう 
冷たいあなたは 落ち葉の中に 
忘れましょう 忘れましょう 
叶わない夢は 白い雪の中に  


あまやかな香りに 澄み切った空に 
夢ではなくあなたを 感じられたら 
いいよねいいよね いいのにね 

あれからずっと 哀しみ尽きなくて 
元には戻れないなら 今は今は 
眠るの眠るの 春が来るまで 

忘れましょう 忘れましょう 
愛しいあなたは 枯れ葉のように 
忘れましょう 忘れましょう 
募らせる夢は 春の雪のように  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

恋多きひと

恋するたびに 思ってる 
これが最後の 恋だから 
もう二度と 恋なんて 
できないと できないと 

心のままに ただまっすぐに 
想いを募らせ 燃え尽きた 
からっぽな 心だから 
新しい恋が 迷い込む  


恋しい人は あなただけ 
これが最後の 恋だから 
もう誰も 好きになど 
ならないと ならないと 

心をひらき ただまっすぐに 
すべてを捧げて 裏切られ 
傷ついた 心だから 
あまやかな恋を 引き寄せる  


恋多きひとと 呼ばれても 
遊びの恋なんて できないわ 
落ちてしまえば それが最後の恋 
ほかには何も 見えなくなる  


心のままに ただまっすぐに 
想いを募らせ 燃え尽きた 
からっぽな 心だから 
新しい恋が 迷い込む  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

僕の横には♪

雪を見るのが 好きだった 
君は冬を 待ちきれずに 

飛んで行った タンポポのように 
風に乗って 行ってしまった 

二人分の 長いマフラー 
ひとりでは できないよ 

僕の横には 君がいて 
ほしかった いつまでも  


あいつだったら 大丈夫 
君と冬を 楽しめるさ 

いつか君に 逢えたなら笑顔 
見せてほしい 今も好きだよ 

心変わり 責める気はない 
幸せを 願うから 

僕の横には 君がいて 
ほしかった けれどもね  


長い冬も ふたりだったら 
温かい 春だよね 

僕の横には ただ風が 
吹いてるよ いつまでも  


朗読はこちら


Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:07| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

天使の笑顔

夢の中でずっと さまよっていたから 
君が来てくれたことも わからなくて 
気づいた時は 手遅れだった 
君はどこかへ 消えてしまってた 

けがれのない 天使の笑顔 
見つめるだけで 優しくなれた 
あの日々はもう 戻らないのか 
救いを求めていたのは 僕だった  


重い荷物かかえ とまどっていたから 
君を思いやることも できないまま 
流れた時は 駆け足だった 
君はいつしか 僕を忘れてく 

けがれのない 天使の笑顔 
見つめるだけで 優しくなれた 
あの日々はもう あせていったか 
安らぎもらっていたのは 僕だった  


すべての罪を すべての罰を 
みんなみんな 引き受けるから 
どうか君は 変わらずにいて 
悪い夢は 見ないでおくれ  


けがれのない 天使の笑顔 
見つめるだけで 優しくなれた 
あの日々はもう 戻らないのか 
救いを求めていたのは 僕だった  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:20| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

愛の花♪

冬になっても 枯れない花 
窓ガラスに 咲いた花 
私の好きな 春の花 
あなたが残して くれた花 

夢は夢は 遠く遠く 
離れ離れの ふたり 
待ちわびて 揺れるときは 
想いだすのよ 見つめて  


雪が降っても 消えない花 
窓ガラスに 咲いた花 
あなたの想い 満ちる花 
私を守って くれる花 

愛は愛は 強く強く 
惹かれあってる ふたり 
待ちわびて 募るときは 
想い飛ばすよ あなたへ  


冬になっても 枯れない花 
窓ガラスに 咲いた花 
私の好きな 春の花 
あなたが残して くれた花  


雪が降っても 消えない花 
窓ガラスに 咲いた花 
あなたの想い 満ちる花 
私を守って くれる花  


朗読はこちら

ゴダンさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:27| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

inspiration

何かないかと 探しても 
頭はからっぽ 何も出てこない 

煮詰まって 焦げ付いて 
いらいらするよ どうすればいい 

散歩の時や 入浴中 
たまにあるある inspiration 

困ったときの 君頼みさ 
逢えばいつでも inspiration  


頭絞って 首ひねり 
うなってみたって 何も出てこない 

投げ出して 逃げ出して 
しまえば楽に なるわけじゃない 

音楽聞いて 本を読んで 
たまにあるある inspiration 

困ったときの 君頼みさ 
逢えばいつでも inspiration  


ぼんやり空を ながめてたら 
たまにあるある inspiration 

困ったときの 君頼みさ 
逢えばいつでも inspiration  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:08| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

奴らが消えた夜

闇にまぎれて 貨物列車 
それとも夜汽車に 揺られながら 
とどまることなく あてのない旅 
奴らが消えた 夜が泣いてる 

愛された 記憶はない 
愛なんて わからない 
同じ痛みだけが つなぐ糸 
奴らに愛の 恵みを  


誰の罪だと いうのだろう 
生まれてきただけ ただそれだけ 
待っても待っても 得られないさと 
奴らが消えた 夜が泣いてる 

望んでも 報われない 
愛なんて 嘘ばかり 
欠けた心だけが 見える糸 
奴らに愛の 恵みを  


窓の明かりを 見つめながら 
凍えるからだを 抱きしめてた 
温もりいつから なくしてたのか 
奴らが消えた 夜が泣いてる 

喜びに 満ち溢れた 
愛なんて どこにある 
募る渇きだけが 結ぶ糸 
奴らに愛の 恵みを  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:17| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

季節外れの

季節外れの 花が咲く 
春でもないのに ふくらんで 
胸が躍るの 歌いだす 
春でもないのに 色づいて  


誰にも優しい ひとだから 
誰にも好かれる ひとだから 
遠くで見つめる だけでいい 
恋する気分 だけでいい 

いつから気づいて いたのかな 
いつから私を 見ていたの 
あなたに感じる 温もりに 
夢ならどうか さめないで  


季節外れの 花が咲く 
春でもないのに ふくらんで 
胸が躍るの 歌いだす 
春でもないのに 色づいて  


春なら明るい 花かしら 
夏なら輝く 花でしょう 
秋なら清らな 花がいい 
冬なら夢を 見る花に 

冷たい風なら 受け流し 
冷たい雨なら 受け止めて 
あなたが心を 強くする 
あしたの夢も 見たくなる  


季節外れの 花が咲く 
春でもないのに ふくらんで 
胸が躍るの 歌いだす 
春でもないのに 色づいて  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:06| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

昨日にさよなら

やけつく痛み いつまで 
抱きしめたら 気が済むの 

あの人は 戻らない 
わかりきって いるくせに 

もう自由だと 心に告げて 
昨日にさよなら できたなら 

青い空 見つめても 
眩しさに 泣きはしない  


哀しい夢を いつまで 
追いかけたら あきらめる 

ひとりでは つかめない 
あしただって こないのに 

もう現実と 向き合うことで 
あらたな希望に あえたなら 

白い雲 見つめても 
寂しさに 泣きはしない  


もう心から すべてを流し 
優しい笑顔に なれたなら 

想い出を 見つめても 
せつなさに 泣きはしない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:19| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

知らない間に

車の窓から 見る景色は 
風のように 流れていくから 

空も雲も鳥も 山も木々も花も 
ゆっくり歩いて 見たかったんだ 

知らない間に 季節が変われば 
大事なものまで 見落としてしまう 

そんな気がして そんな気がして 
ねえ君も 一緒にどうかな  


心をなくして いる毎日 
風のように 残ってないから 

月も星も虹も 夢も恋もあすも 
じっくり探して みたかったんだ 

知らない間に 季節が変われば 
抜け殻みたいに やるせないだろう 

そんな気がして そんな気がして 
ねえ君も 一緒にどうかな  


知らない間に 季節が変われば 
大事なものまで 見落としてしまう 

そんな気がして そんな気がして 
ねえ君も 一緒にどうかな  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:42| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

空気みたいに

あなたが何を していても 
気にしない 気にしない 
誰よりも 心から 
深くつながってる 二人だから 

空気みたいに なりたくて 
空気みたいに なりたくて 
本当に 安らぐ場所は 
私だけ そう信じてる  


あなたがそばに いなくても 
大丈夫 大丈夫 
大空を 飛び回り 
夢を追いかけてる あなただから 

空気みたいに なれたかな 
空気みたいに なれたかな 
本当に 愛する場所は 
私だけ そう信じてる  


空気みたいに なれたよね 
空気みたいに なれたよね 
本当に 最後の場所は 
私だけ そう信じてる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

小春日和♪

たまにあるよね 穏やかな日が 
風はなくて 日差しが気持ちいい 

外に出てみなくちゃ わからない 
君とならもっと うれしくなるよ 

小春日和って こういう日のこと 
君といる日の 僕の心  


風の冷たさ わかってるけど 
ずっとなんて 耐えられないからさ 

ホッとできる時が ありがたい 
君とならもっと 安らげるんだ 

小春日和って こういう感じさ 
僕といる日の 君の笑顔  


春のままでは いられないけど 
春のような ときならもてるよね 

ケンカする日もある あるけれど 
君とならもっと わかりあえるよ 

小春日和って 優しい日なんだ 
君といる日は 小春日和  


朗読はこちら

とまと 作曲・石澤健 編曲・歌
posted by to_ma_to at 06:31| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする