2014年06月30日

笑顔くれるから♪

なんでもかんでも 驚いて 
いつでも悲鳴 あげるのさ 

何事なんだと 駆けつけて 
肩すかしでも ほっとする 

狼少年みたいで 困ってしまうけど 
狼少年みたいに 突き放さないよ 

なんでもないのと にっこりと 
いつでも笑顔 くれるから  


なんでもかんでも 喜んで 
いつでもはしゃぎ すぎなんだ 

何事なんだと 聞きつけて 
他愛なくても あたたまる 

狼少年みたいで 困ってしまうけど 
狼少年みたいに 突き放さないよ 

なんでもなくても 幸せと 
いつでも笑顔 くれるから  


狼少年みたいで 困ってしまうけど 
狼少年みたいに 突き放さないよ 

なんでもないのと にっこりと 
いつでも笑顔 くれるから  


朗読はこちら

石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:03| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

未練の雨に

今年で最後と 決めました 
逢えないなら それもさだめ 

雨に濡れる 傘の音 
聞きながら 帰りましょう 

あれから何年 過ぎたのか 
街の景色も 変わりました 

忘れられた 約束は 
未練の雨に 流しましょう  


七夕短冊 願い事 
叶わぬなら それもさだめ 

風に揺れる 胸の内 
耐えながら 帰りましょう 

今更逢えても 驚くわ 
花の盛りは 短すぎて 

忘れられる いつの日か 
未練の雨に 流しましょう  


あれから何年 過ぎたのか 
街の景色も 変わりました 

忘れられた 約束は 
未練の雨に 流しましょう  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:01| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

夏のように

すっかり伸びたね 君の髪 
ポニーテールが 決まってる 

可愛い笑顔 元通り 
時が優しく 過ぎたから 

背中までの 黒髪を 
切り捨てたのは いつのこと 

風がささやく 恋の予感 
夏のように 燃え上がれ  


真っ赤なリボンが 花のよう 
ポニーテールが 踊ってる 

あふれる涙 振り切って 
夢が心を 満たすから 

遠く揺らぐ 陽炎に 
哀しみの影 いまはなく 

風がささやく 恋の予感 
夏のように 燃え上がれ  


ポニーテール ときめきに 
駆けだして行く いますぐに 

風がささやく 恋の予感 
夏のように 燃え上がれ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月27日

疲れました

曇り空に星が 見えますか 
闇が深くなれば 見えますか 

どこまで歩いて きたのでしょう 
傷つき荒れ果て 疲れました 

悪いのはきっと 私です 
自分勝手な 私です 

どうしようもない バカなやつだと 
投げてください 石ころのように  


雨になると月が 見えますか 
闇にとけた心 見えますか 

どこまで歩けば いいのでしょう 
さまようことにも 疲れました 

悔いるのはきっと 私です 
想いあふれた 私です 

どうしようもない バカなやつだと 
捨ててください ゴミ屑のように  


悪いのはきっと 私です 
愛に背いた 私です 

どうしようもない バカなやつだと 
消してください 落書きのように  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

恋はラビリンス

追えば追うほど 見えなくなる 
恋という名の ラビリンス 
目指すのは ただひとつの愛 
目印は 信じる心  


揺れて揺られて 風任せの 
恋ならすぐに 壊してしまえ 

どこまで続くか わからない 
闇にのまれても 恐れるな 

いつかほのかでも 灯りが見える 
いつか照らし出す 灯りが見える  


追えば追うほど 見えなくなる 
恋という名の ラビリンス 
目指すのは ただひとつの愛 
目印は 信じる心  


募り募らせ 燃え尽きたら 
涙の海に 流してしまえ 

夢見るあしたが わからない 
闇にのまれても 立ち向かえ 

いつかほのかでも 灯りが見える 
いつか照らし出す 灯りが見える  


追えば追うほど 見えなくなる 
恋という名の ラビリンス 
目指すのは ただひとつの愛 
目印は 信じる心  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:28| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

あなただけの言葉♪

それは映画のモノローグ 
読んで浮かんだワンシーン 

哀しそうなメロディーが 
聞こえてくるようです 

さりげない言葉にも 
隠されたメッセージ 

真似したくてもできない 
あなただけの言葉 

やさしく包む歌に 
なれますように  


それは言葉のおもちゃ箱 
聞いて楽しくリズミック 

弾むようなメロディーが 
浮かんでくるようです 

ちりばめた言葉にも 
外せないアクセント 

真似したくてもできない 
あなただけの言葉 

心が踊る歌に 
なれますように  


それは焦がれるラブレター 
燃えてせつないラブシーン 

とろけそうなメロディーが 
流れてくるようです 

呼びかける言葉にも 
あふれでるアイラブユー 

真似したくてもできない 
あなただけの言葉 

変わらぬ愛の歌に 
なれますように  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

まさかの君

いくら好きでも まさかの恋 
許される はずもなく 

あいつをひどく 傷つけることが 
たまらなく 哀しくて 

遠いふるさと 北の街に 
ひとりで逃げて きたのさ 

君の涙は あいつが優しく 
受け止めて いる頃さ  


誰の悪戯 まさかの夢 
裏切れる はずもなく 

どちらか君に 選ばせることが 
どうしても できなくて 

帰るつもりの 北の街に 
ひとりで逃げて きたのさ 

君を泣かせる 僕には愛する 
資格など ないはずさ  


僕の目の前 まさかの君 
まぼろしの はずもなく 

あいつが何を 考えていたか 
ありがたく せつなくて 

愛を築こう 北の街で 
あいつの想い 抱きしめ 

君の笑顔は あいつの優しさ 
受け止めて 晴れやかさ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

あなたがいる

雨が降るたび 泣き濡れていたのは どうしてだろう 
わけもなく こぼれ落ちる涙が とても愛しくて 

ひとりぼっちの 寂しさはどうにも ならないのにね 
雨音が ひどく響きわたって 胸が苦しくて 

まるで遠い日の ことのように 想うのは 
今がきっと 違ってるからね そうでしょう 

だっていつも そばにいて くれる人がいる 
だっていつも 抱きしめて くれる人がいる  


空を映して 心まで泣いたり 笑ってみたり 
わけもなく 揺れてしまう心が とてもせつなくて 

夢を見るのも 現実を見たくは なかったからね 
空色に 何を重ねあわせて 逃げていたのかな 

やっと遠い日の ことのように 想うのは 
今をきっと 見つめてるからね そうでしょう 

だっていつも そばにいて くれる人がいる 
だっていつも 抱きしめて くれる人がいる  


まるで遠い日の ことのように 想うのは 
今がきっと 違ってるからね そうでしょう 

だっていつも そばにいて くれる人がいる 
だっていつも 抱きしめて くれる人がいる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

恋灯り

逢えばときめく その笑顔 
誰のものでも ないけれど 
どうせ無理だと 吹き消すような 
吐息に揺れる 夢灯り 

友達ならば それでよし 
恋の悩みは 聞きたくないが 
笑顔雲れば 雨になる 
傘を貸しましょ 晴れるまで  


酔えばあふれて しまいそう 
誰に気兼ねも いらないが 
どうせ遠くて 見えないような 
夜空にかすむ 星明かり 

友達ならば それでよし 
誰かいい人 紹介するわ 
笑顔弾けて 酔い気分 
肩を貸しましょ さめるまで  


想うはずない いつまでも 
誰といようと 上機嫌 
どうせ色気も 忘れたような 
素振りも見せぬ 恋灯り 

友達ならば それでよし 
きっといつでも 逢えるのだから 
笑顔見つめて 橋渡し 
彼を貸しましょ あしたまで  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

私のヒーロー

あの空を 飛べないけれど 
あの雲に 乗れないけれど 

あの海も 渡れはしない 
泳ぎだって 苦手だけれど 

何かあったら 頼れる人 
あなたは私の ヒーローだから 

そばにいると 思うだけで 
今日も元気 チャージできる  


マッチョとは いえないけれど 
好き嫌い ありすぎだけど 

走ったら 息切れするし 
たばこだって 吸ってるけれど 

何もなくても 優しい人 
あなたは私の ヒーローだから 

笑顔見せて くれるだけで 
あすも元気 キープできる  


いつもいつでも 愛しい人 
あなたは私の ヒーローだから 

そばにいると 思うだけで 
今日も元気 チャージできる  

笑顔見せて くれるだけで 
あすも元気 キープできる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

空は青く♪

照りつける日差しは あなたから 
心まで焦がして しまいそう 

燃え上がる想いが わかるでしょう 
夏色の花に なりました 

あなたを想う それだけでいい 
届かなくても 見つめるだけで 

ひまわり ひまわり ひまわり 
見上げる空は 青く青く  


誰よりも一途な 眼差しも 
報われることなく 散った恋 

燃え尽きた想いの 生まれ変わり 
夏色の花に なりました 

あなたを想う それだけでいい 
叶わなくても 満たされている 

ひまわり ひまわり ひまわり 
見上げる空は 青く青く  


あなたを想う それだけでいい 
花は咲くのよ 愛するだけで 

ひまわり ひまわり ひまわり 
見上げる空は 青く青く  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:30| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

何が見えますか

君の手のひらに そっとひとしずく 
見つめてみれば 何が見えますか 

それは灰色の 空の色ですか 
瞳に滲む 涙色ですか 

零れ落ちたら 大地に沁み込み 
消えてゆくの 流れてゆくの  


君の手のひらに 残るひとすじの 
しずくのあとに 何が見えますか 

それは散ってゆく 花の夢ですか 
花びら揺らす 風の夢ですか 

叶うことなく 空へと帰れば 
消えてゆくの 変わってゆくの  


君の手のひらに 触れた温もりの 
記憶の中に 何が見えますか 

それは喜びに 泣いた夜ですか 
ときめき弾む 胸の音ですか 

想い出したら あなたの笑顔は 
消えてゆくの 浮かんでくるの  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:35| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

雨と遊ぼう♪

晴れた日ばかりじゃないから 
たまには雨でも歩こうか 

青い空は見えないけれど 
白い雲は見えないけれど 

大地には水たまり水飛沫 
水面には水の輪が広がるよ 

雨と遊ぼう雨靴はいて 
描(えが)いてみよう君だけの雨の絵を  


冷たい雨ではないから 
少しは濡れても歩こうか 

これは風の音ではなくて 
あれは鳥の声ではなくて 

雨粒が奏であう雨の音 
雨粒のメロディーが聞こえるよ 

雨と遊ぼう雨傘差して 
歌ってみよう君だけの雨の歌  


雨と遊ぼう笑顔になって 
探してみよう君だけの雨の日を  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:50| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

雫♪

雨音の子守唄 聞きながら 
眠ったような 夢見たような 

目覚めれば光を 映した雫 
葉に花にやさしく デコレーション 

哀しい雲は どこにも見えません 
心の雨は 降りやんでいます 

おはようおはよう 輝くあした 
おはようおはよう 私の笑顔  


そよ風にゆらめいて 転がって 
駆けだすような 空飛ぶような 

飛び散れば光を 彩(いろど)る雫 
目に胸にやさしく グラデーション 

哀しい雲は どこにも見えません 
心の雨は 降りやんでいます 

さよならさよなら くすんだ昨日 
さよならさよなら 私の涙  


哀しい雲は どこにも見えません 
心の雨は 降りやんでいます 

おはようおはよう 輝くあした 
おはようおはよう 私の笑顔  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:48| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

雨が降っても♪

逢いたい時に 逢えない辛さ 
ミルキーウェイに 流して 

愛しあう 星たちのために 
青空のような 笑顔になろう 

約束の日に 雨が降っても 
心には翼 あるから 

悲しまないで 悲しまないで 
愛は 愛は 壊れない  


過ぎゆく日々に すり減る心 
ミルキーウェイに 浮かべて 

信じあう 道しるべ見つめ 
透き通るような 笑顔になろう 

大切なこと 雨が降っても 
揺るぎない想い あるから 

悲しまないで 悲しまないで 
愛は 愛は 変わらない  


あしたへの夢 雨が降っても 
青空が胸に あるから 

悲しまないで 悲しまないで 
愛は 愛は 終わらない  


朗読はこちら

ゴダンさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:33| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

空き地

近づけば バッタバッタと 
飛び出てくるから 追いかけたんだ 

葉っぱには テントウムシ 
小さな小さな アブラムシもいた 

そこに土があって 草むらがあって 
可愛い花が 咲いていた 

それだけでよかった 一日中 
遊べたんだ 真っ黒になりながら 


ひらひらと 花を探して 
蝶々がくるから 追いかけたんだ 

ミツバチが やってくると 
急いで離れて 隠れて見ていた 

そこに木々があって 木漏れ日があって 
涼しい風が 吹いていた 

それだけでよかった 一日中 
遊べたんだ 真っ暗になるまでは  


いつのまにか 草花は消え 
木々は切られ 家が立ち並ぶ 
一緒に遊んだ 虫たちは 
どこへどこに 消えてしまったの  


そこに土があって 草むらがあって 
可愛い花が 咲いていた 

それだけでよかった 一日中 
遊べたんだ 真っ黒になりながら  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:21| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

許してあげない

ひとりになりたい 気分だから 
何を言っても 聞こえないふり 

空想の翼 広げたら 
誰もたどり着けない 夢の中 

遊び疲れて 目覚めれば 
哀しい瞳の あなたがいる 

猫なで声 だしてもだめ 
許してなんて あげないから  


自分の心に 聞いてみれば 
何をしたのか わかるはずだわ 

ばれてないとでも 思ってる 
ひどいうぬぼれやさん だったのね 

想い悩んで 夜(よ)を明かし 
怒りに染まった 私がいる 

すり寄っても 暑苦しい 
許してなんて あげないから  


誰の心も 縛れない 
わかっているけど 私を見て 

信じさせて くれないなら 
許してなんて あげないから  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

四季のしらべ♪

ときには恋する 少女のように 
ときめき弾む 春のしらべ 

甘いキッスは ストロベリー 
白い花が 頬染めて 

待っているのは アゲハチョウ 
いえいえきっと あなた  


ときには焦がれる 少年みたい 
情熱燃やす 夏のしらべ 

夜空またたく アルタイル 
天の川を 渡る船 

待っているのは ベガですか 
いえいえきっと あなた  


ときには清らな 聖母のように 
哀しみ秘めた 秋のしらべ 

いつも優しい ムーンライト 
誰の夢も 見守って 

待っているのは 流れ星 
いえいえきっと あなた  


ときには無邪気な 幼子みたい 
寂しさ抱いた 冬のしらべ 

星をたどれば ダイヤモンド 
翼広げ 飛び出そう 

待っているのは ファンタジー 
いえいえきっと あなた  


朗読はこちら

Wハピ♪さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:45| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

束の間でも愛♪

やけつく日差し 心まで焦がし 
燃え尽きたら どうする 

くすぶり続けても せつないだけ 
消えない炎が 哀しいから 

あしたは破滅の 音がしても 
灰も残さずに 終わればいい 

恐れおののき たじろぐ時間は 
二人には ないのだから  


愛することが 罪ならばなぜに 
逢わせたのか 教えて 

さまよい続けても むなしいだけ 
ゆらめく炎が 愛しいから 

あしたが見えない 夢だけれど 
束の間でも愛 契ればいい 

憂い嘆いて 祈れる時間は 
二人には ないのだから  


あしたは破滅の 音がしても 
灰も残さずに 終わればいい 

恐れおののき たじろぐ時間は 
二人には ないのだから  


朗読はこちら

石澤健さん作曲・歌
posted by to_ma_to at 08:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

雨の歌

風のささやき 雨のにおい 
願い叶って 飛び跳ねて 

田んぼのスイマー 平泳ぎ 
一等賞は 誰かしら 

雨に歌う 雨の歌 
喜びの歌が 聞こえるかい  


夢の目覚まし 花のしずく 
寝ぼけまなこに 飛び散って 

紫陽花ランナー 持久走 
頑張り屋さん 誰かしら 

雨が歌う 雨の歌 
喜びの歌が 聞こえるかい  


雨に歌う 雨の歌 
喜びの歌が 聞こえるかい  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:36| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする