2014年08月31日

弱り目♪

もしかしたらなんて 思うたびに 
哀しくなるのは どうしてだろう 

すれ違っても 気付かない 
二人に戻って いるのにね 

弱り目祟り目 ついてない 
弱気になるのも しかたない 

強くなるのよ ひとりでも 
泣かないくらいは できるでしょう  


そばにいたらなんて 思うたびに
寂しさ募って しまうのだけど

もうあの頃の 気持ちさえ
忘れてしまった はずだから

弱り目祟り目 ついてない 
弱気になるのも しかたない 

甘えたくても ひとりなら 
我慢をするしか ないのでしょう  


弱り目祟り目 ついてない 
弱気になるのも しかたない 

優しすぎても せつなくて 
恋しくなるだけ 辛いでしょう  


朗読はこちら

ととろうさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

陽炎の夢

歩けば赤とんぼ せわしなく 
前に後ろに 飛び回る 

突然鳴きだす つくつくぼうし 
どこへ消えたの 蝉しぐれ 

追いかけても 追いかけても 
取り残されて さまよって 

夏の恋なら 陽炎の夢 
秋風冷たく 吹き抜ける  


黄金(こがね)に揺れる波 重く垂れ 
いつかいつかと 待ちわびる 

季節はめぐって 来るものなのに 
気付かないまま いたかった 

追いかけても 追いかけても 
取り残されて たたずんで 

夏の恋なら 陽炎の夢 
コスモス寂しく 揺れている  


追いかけても 追いかけても 
取り残されて あきらめて 

夏の恋なら 陽炎の夢 
秋空優しく 見つめてる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

何パーセント

逢いたいなら すぐにでも 
あなた行きに 乗ればいい 

あれこれと できないわけ 
並べていつも 逃げるのはなぜ 

つかず離れず 保ってる 
二人のバランス 崩れたら 

ハッピーエンドは 何パーセント 
限りなく ゼロに思える  


待つことにも 疲れてる 
私行きは いつ乗れる 

聞くことも できないわけ 
心の距離も 遠いのはなぜ 

気付かないふり 知らぬふり 
あやういバランス 崩れたら 

ハッピーエンドは 何パーセント 
望みなど ないに等しい  


つかず離れず 保ってる 
二人のバランス 崩れたら 

ハッピーエンドは 何パーセント 
限りなく ゼロに思える  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:05| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

不調♪

いつでもどこかが 不調不調 
たいしたことでは ないかもしれないが 

気になりだしたら 胃腸胃腸 
敏感すぎるわ びびりすぎでしょう 

なんでもかんでも 気の持ちようで 
済むならドクター いらないけれど 

自己判断より 適切なメンテナンス 
労わってあげよう まずは自分から  


いつでも何かが 故障故障 
些細なことだと 思っていたいけど 

気になりだしたら 符丁符丁 
こじつけすぎるわ 無理があるでしょう 

なんでもかんでも 気の持ちようで 
なおればひとりで いられるけれど 

自己修復など 望んでもナンセンス 
労わってあげよう まずは自分から  


なんでもかんでも 気の持ちようで 
済むならドクター いらないけれど 

自己判断より 適切なメンテナンス 
労わってあげよう まずは自分から  


朗読はこちら

MILKHOUSEさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:38| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

悪い夢なら

朝まだ遠く 夜のしじまに 
かすかに響く 寝息が愛しい 

寝返りうてば くっきり残る 
涙のあとに 胸が締め付けられる 

悪い夢なら 俺にくれ 
蹴散らしてやるさ 跡形もなく 

心までも 癒せるのなら 
抱きしめて抱きしめて 離さない  


夜まだ明けず 月の光に 
ぼんやり浮かぶ 景色が切ない 

温もりだけが 心をつなぐ 
鍵ならずっと 守り続けていくよ 

悪い夢なら 俺にくれ 
安らかな眠り お前にやろう 

心までも 癒せるのなら 
抱きしめて抱きしめて 離さない  


悪い夢なら 俺にくれ 
蹴散らしてやるさ 跡形もなく 

心までも 癒せるのなら 
抱きしめて抱きしめて 離さない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 08:03| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

雨のグラデーション♪

哀しい雨です 別れを悔やむ 
涙のように やみそうにない 

カーテンのように あなたの姿 
すぐに隠して しまいました 

雨のグラデーション あなたには 
どんな色に 映るのでしょう 

雨のグラデーション わたしには 
空と同じ 灰色です  


寂しい雨です ひとりを憂う 
心の音に 聞こえてしまう 

シーズンのように 降り続くので 
空の青さを 忘れました 

雨のグラデーション あなたには 
どんなあすが 見えるのでしょう 

雨のグラデーション わたしには 
昨日さえも かすんでます  


雨のグラデーション あなたには 
青い空を 映すのでしょう 

雨のグラデーション わたしには 
暗い闇に 変わって行く  


朗読はこちら

Godinさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:36| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

ドキドキしたい♪

ドキドキしたい ワクワクしたい 
胸が躍る 恋なんてどう 

忘れてしまった いつからか 
せつない想いも 懐かしい 

まだまだ気になって いるけれど 
もうふたりは ときめきなくしたの 

ドキドキしたい ワクワクしたい 
胸が躍る恋よ もう一度  


ドキドキしたい ハラハラしたい 
胸を濡らす 恋なんてどう 

抜け出したかった あの頃の 
焦がれる想いも 悪くない 

まだまだ気になって いるけれど 
もうふたりは 秋風吹いてるの 

ドキドキしたい ハラハラしたい 
胸が濡れる恋よ もう一度  


まだまだ気になって いるけれど 
もうふたりは 寄り添え合えないの 

ドキドキしたい ウキウキしたい 
胸が歌う恋よ もう一度  


朗読はこちら

かずほさん作曲・MEIKO(ボカロ)歌
posted by to_ma_to at 06:57| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

見ないから♪

いつか気づいて くれること 
期待していたの おばかさん 

潮の満ち引き みたいには 
うまくいくはずが ないじゃない 

あの日あの時 あれきりで 
糸はもう 切れていたの 

赤く赤く染めて 強く強く結び 
二人二人永遠(とわ)に 願い続けていた 

消えた夢よ夢よ 二度と見ない見ない 
見ないから 見ないから  


どんなときなら 優しさを 
くれたのかしらね かけらでも 

恋のかけひき その前に 
嫌われてたのね 笑えるわ 

待って待ちわび 疲れ果て 
糸はもう 朽ちていたの 

あすをあすを描(えが)き 高く高く飛んで 
二人二人空で 輝こうとしてた 

消えた夢よ夢よ 二度と見ない見ない 
見ないから 見ないから  


朗読はこちら

ゴダンさん作曲・とまと歌
posted by to_ma_to at 07:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

夏にさよなら♪

恋人たちが 戯れる 
白い砂浜 青い海 
どんなに あこがれても 
届かない 夢 

目が合う前に 横を向く 
見つめ続ける 勇気さえ 
ないまま せつなさだけ 
抱きしめて いた 

夏にさよなら 夢にさよなら 
空にはもう ひつじ雲 
夏にさよなら 君にさよなら 
風にはもう 秋の香り  


幸せそうな 笑顔だね 
肩を寄せ合う その男(ひと)も 
どんなに 哀しくても 
叶わない 恋 

過ぎゆく夏の ひとこまが 
忘れられない 痛みでも 
いつかは 懐かしさに 
微笑むの だろ 

夏にさよなら 恋にさよなら 
空にはもう 赤とんぼ 
夏にさよなら 君にさよなら 
風にはもう 秋のしらべ  


朗読はこちら

こおきさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:06| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

せわーない♪

テレビはいけん 読書もいけん 
言いよるけんのぉ どがぁーすんねぇ 

日がな一日 じっともしとれん 
寝てばぁーしょうても おられんが 

見なや言うけぇ 何聞くんかのぉ 
音楽やったら フォークソング 

懐かしいけぇ ついついのぉ 
口が動くんじゃぁ やすめんが  


しゃべるんみんな 苦手じゃけぇのぉ 
声聞きとうても だまっちょるんよ 

やかましいほど 鳴くんは蝉じゃが 
聞き飽ぐけぇのぉ もうええで 

見なや言うけぇ 聞くだけじゃったら 
ラジオがええのう RCC 

広島弁 ばりばりじゃぁ 
カープ勝ったんでぇ えかったのぉ  


見なや言うけぇ ぶちいたしいのぉ 
日にちが薬と がんばるんよ 

あと何日 もう何日 
はぁーええやろう せわーない  


朗読はこちら

訳すとこうなります♪
posted by to_ma_to at 07:09| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

プチプチサイボーグ♪

私プチプチ サイボーグ 
瞳プチプチ サイボーグ  


いつから見えなく なってたの 
気づいていたはず 本当は 

見たくはないもの 多すぎて 
騙していたのね 心まで 

光さえぎる 白い壁に 
阻まれて 見えない 
あなたの笑顔 取り戻す  


私プチプチ サイボーグ 
瞳プチプチ サイボーグ  


あきらめばかりの 人生は 
やる気も失せるわ 本当に 

見たくはなくても 向き合って 
乗り越え羽ばたけ あしたへと 

光あふれる 空は青く 
広がって 愛しい 
あなたの笑顔 目に沁みる  


私プチプチ サイボーグ 
瞳プチプチ サイボーグ  

私プチプチ サイボーグ 
瞳プチプチ サイボーグ  


朗読はこちら

春瞑さん作曲・Vocaloid3 Mew歌
posted by to_ma_to at 07:18| Comment(2) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

弱音

黙っていれば 誰にも知られず 
何もなかった ふりができるけど 
なぜだかいつも 涙のように 
あふれては 零れ落ちてゆく 

わかっているわ 心の弱さを 
誰も代わりに なれはしないけど 
わけなど聞かず 天使のような 
慰めが ほしい時もある 

ほんの少し 少しでいいの 
気にかけて くれるなら 
ほんの少し 少しでいいの 
優しさを わけてください  


曇ったガラス 見えない向こうに 
何があったか 想い出せなくて 
ひらけた世界 光のような 
輝きが あると教えてよ 

ほんの少し 少しでいいの 
受け止めて くれるなら 
ほんの少し 少しでいいの 
温もりを わけてください  

ほんの少し 少しでいいの 
優しさを わけてください  


朗読はこちら

少しお休みします♪
posted by to_ma_to at 07:02| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

ラストダンスに

別れのダンスは 何がいい 
スローなテンポじゃ 重くなる 
寂しく漂う はぐれ雲 
好きでなりたい わけじゃない 

別れの言葉は いらないと 
冷たい態度で 味気なく 
二人の想い出 走馬灯 
辛いばかりじゃ なかったね 

揺れて揺られて さまよって 
遠く離れて しまっても 
憎みたくない あなただけは 
ラストダンスに メッセージ  


ときめき感じた 夏の日に 
刻んだリズムは 軽やかで 
二人のあしたが 蜃気楼 
消えてしまうと 誰が知る 

泣いて笑って 寄り添って 
信じ合えたら 違ってた 
憎みたくない あなただけは 
ラストダンスに メッセージ  


揺れて揺られて さまよって 
遠く離れて しまっても 
憎みたくない あなただけは 
ラストダンスに メッセージ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:30| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

風がやさしくなるよ♪

聞こえるかしら 虫の音(ね)が 
蝉しぐれに うもれそうだけど 

ひまわりさえも うなだれる 
強い日差し 変わらないけれど 

時は流れて 流されて 
暑い夏には とどまらない 

君の頬を なでる風が 
やさしく やさしくなるよ  


聞こえるかしら さえずりが 
忙しさに 溺れそうだけど 

音楽さえも 遠ざける 
焦り不安 わきあがるけれど 

時は流れて 流されて 
辛い日々には とどまらない 

君の夢を 包む風が 
やさしく やさしくなるよ  


時は流れて 流されて 
暗い夜には とどまらない 

君のあすへ 続く風が 
やさしく やさしくなるよ  


朗読はこちら

ALTVENRYさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 06:58| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

代償

夕立ぐらいなら かわいいものさ 
たとえ雷が 鳴り響いても 

何もかもが見る間に 沈んでしまう 
こんな雨今まで 知らなかった 

何かがおかしい 狂っていると 
わかっているくせに 見ないふりして 

快適を求めた 代償に 
なくしたものは もう戻らない  


少しのあいだなら 我慢もするさ 
たとえ停電に なったとしても 

防ぐこともできずに 繰り返される 
天罰のようだね 試されてる 

何かがおかしい 狂っていると 
声さえ出ないなら おろかすぎるね 

欲望は果てなく 広がって 
なくしたものは もう戻らない  


何かがおかしい 狂っていると 
修正するときは 来るの来ないの 

かけがえのない地球(ほし) どうしたい 
なくしたものは もう戻らない  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

月のように

見ないふり 聞かないふり 
月のように 空の上で 

嘆かない 苦しくても 
満ちて欠けて 消える時も 

あなたが望むのは 月のような人 
私の望みなど 我儘でしかなく 

見ないふり 聞かないふり 
月のように 空の上で  


包み込み 沈めるのよ 
海のように 深く深く 

気にしない 哀しくても 
満ちて引いて かわく時も 

あなたが望むのは 海のような人 
私の望みなど 我儘でしかなく 

包み込み 沈めるのよ 
海のように 深く深く  


優しい言葉のひとつでもあれば 
心は広くも深くもなれるのに 

不安に押しつぶされていくだけの 
心は醜くゆがんで嫌われる  


あなたが望むのは 月のような人 
私の望みなど 我儘でしかなく 

見ないふり 聞かないふり 
月のように 空の上で  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:53| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

書いて♪

話し相手は いつだっていない 
胸の奥へと しまい込むだけで 

積もり積もって しまったらいつか 
弾け飛んで 壊れてしまう 

ぽろりぽろりと あふれてくる想い 
どうしようもなく とまらないのならば 

書いて書いて 言葉で埋め尽くして 
書いて書いて 想いのたけを叫ぶように 

書いて書いて 閉ざした心ひらき 
書いて書いて 空へとかえそう  


重い口では 説明ができず 
黙りこくれば 誰もが逃げてゆく 

たまりたまって しまったらきっと 
動けないよ つぶれてしまう 

ぽろりぽろりと あふれてくる想い 
どうしようもなく とまらないのならば 

書いて書いて 言葉を吐き出すんだ 
書いて書いて 少しは軽くなれるはずさ 

書いて書いて 見えない心探し 
書いて書いて 優しく愛そう  


書いて書いて 言葉で埋め尽くして 
書いて書いて 想いのたけを叫ぶように 

書いて書いて 閉ざした心ひらき 
書いて書いて 空へとかえそう  


朗読はこちら

ゴダンさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 07:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

カウントダウン

使い捨てたら もう終わり 
きれいに消えるなら 文句はないが 

あとの始末が 厄介さ 
すべてをむしばむ もとになる 

今だけ良ければ それでいい 
あとのことなど 知らないさ 

うそぶくやつの 足元で 
カウントダウンが はじまってる  


利益ばかりを 追い求め 
みんなが笑顔なら 文句はないが 

うまい話は ないものさ 
悲しみ生みだす もとになる 

自分が良ければ それでいい 
ほかのことなど 知らないさ 

うそぶくやつの 足元で 
おのれの未来も 崩れていく  


今だけ良ければ それでいい 
あとのことなど 知らないさ 

うそぶくやつの 足元で 
カウントダウンが はじまってる  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

狂った歯車

どこで狂った 知らないうちに 
お前と俺の 歯車が 

やることなすこと かみ合わず 
心ばかりを 突き刺して 

何も言わなくても 分かり合える 
それは幻想 世迷い言と 

もっと早く 気付いていたら 
お前は笑って そばにいたのか  


男なんだよ 情熱かける 
仕事と愛を 比べるな 

信じてくれると 思ってた 
心揺らして いたなんて 

何も言わなくても 分かり合える 
それは都合の いい言い訳と 

もっと早く 気付いていたら 
お前は泣かずに 待っていたのか  


何も言わなくても 分かり合える 
それは幻想 世迷い言と 

もっと早く 気付いていたら 
お前は笑って そばにいたのか  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 07:18| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

愛に変われ

何かいいこと あったのか 
素敵な夢を 見たのかな 

弾む会話 身振り手振りまで 
見てて飽きない おもちゃ箱みたい 

つられて僕も 遊んでしまう 
楽しい時間 ずっと続け  


何か誰かに されたのか 
落ち込むことが あるのかな 

重い空気 絡み付いてくる 
見てて苦しい 海の底みたい 

つられて僕も 沈んでしまう 
哀しい時間 はやく終われ  


何かいつもと 違うのは 
期待のし過ぎ 気のせいか 

空に浮かぶ 虹の輝きを 
見てて焦がれた 雨上がりみたい 

つられて僕も 見とれてしまう 
恋しい時間 愛に変われ  


朗読はこちら
posted by to_ma_to at 06:26| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする