2016年08月25日

告げるなら♪

優しいから 黙っているのね 
それが一番 残酷なのに 

心の中 隠していてもね 
なぜかわかるの 愛してるから 

さよならは いつがいい 
ふいにあなたに 告げるなら 

さよならを 私には 
言えぬあなたに 告げるなら 

雨音で 聞こえないふり 
あなたの言葉 聞こえないふり 

足早に 飛び出すのよ 
振り返らずに 扉を閉めるの  


大事な人 いるのにどうして 
そんなあなたに すがってしまう 

私のせい だったらもういい 
青い炎は 燃やしたくない 

さよならは いつがいい 
ふいにあなたに 告げるなら 

さよならを 私には 
言えぬあなたに 告げるなら 

雨粒で 濡れているだけ 
私の頬が 濡れているだけ 

傘もなく 歩いてれば 
自然なことよ 心も隠せる  

posted by to_ma_to at 12:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

風の微笑み♪

どこへ 行こう 

風さえ 冷たい 

この街に 未練はない 

この身ひとつ あればいいのさ 

雲は流れて ゆく  


夢は どこに 

忘れて しまった 

あの街に あるのだろうか 

かわききった 心潤せ 

空は果てなく 続いてる  


どこへ 行けば 

終わりは あるのか 

どの街も 似たようなもの 

強い想い だけでいいのさ 

夢の扉は ひらく  


風もやさしく 微笑む 

風もやさしく 微笑む  

posted by to_ma_to at 14:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする