2016年10月31日

あと一歩♪

家事の合間に ぼんやりと 
窓の外ばかり 見つめてる 

庭でくつろぐ 野良猫に 
見つめ返されて 目をそらす 

何もない 何もない 私には 
好きなこと したいこと 何もない 

虚ろな時間の 繰り返し 
心がざわつく あと一歩  


家族団らん 取り戻し 
穏やかな日々に うもれてる 

風に揺れてる コスモスに 
どこか懐かしい 夢を見る 

何もない 何もない 私には 
好きなこと したいこと 何もない 

あふれてきそうな 言の葉に 
心がざわつく あと一歩  


何もない 何もない 私には 
好きなこと したいこと 何もない 

ときめくメロディー 聞きたくて 
心がざわつく あと一歩  

posted by to_ma_to at 10:32| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

素直じゃない君

気紛れなのは いつものことさ 
ここぞという時を 逃さなければいい 

思うがままに 操ることも 
難しくはないよ 僕ならね 

戦闘態勢の あの猫だって 
虫を捕まえ 遊びたいだけ 

強気な言葉は 甘えたいの裏返し 
素直じゃない君 だから好きなのさ  


気のない素振り みたいに見える 
ほんとは気になって しかたないくせにさ 

落ち込む素振り 見せたら急に 
不安そうな顔を してるよね 

のんびり眠ってる あの猫だって 
気配感じて 飛び起きるだろ 

冷たい態度は 気になってる証拠だし 
不意に見せる笑み とても好きなのさ  


戦闘態勢の あの猫だって 
虫を捕まえ 遊びたいだけ 

強気な言葉は 甘えたいの裏返し 
素直じゃない君 だから好きなのさ  

posted by to_ma_to at 10:00| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

旅立ちの朝は

旅立ちの朝は 澄み渡る 青空がいい 
遠くどこまでも ひとり 歩いて行ける 

優しさに満ちた 風が頬 すり抜けるのさ 
背中押すように 鳥が 歌ってくれる 

たとえ雨が降っても 心まで濡らさない 
たとえ雪が降っても 温もりを忘れない 

辿ってきた 昨日までが あしたへつながる 
踏みしめる 一歩ずつが あしたを切り開く  


旅立ちの朝は 沁みとおる 微笑みがいい 
胸にいつまでも 残り 抱きしめられる 

愛しさに満ちた 日々が今 駆け巡るのさ 
何も言わないで みんな わかっているよ 

たとえ雨が降っても 心まで濡らさない 
たとえ雪が降っても 温もりを忘れない 

ありがとうの 言葉だけじゃ 物足りないけど 
ありがとう 何度だって 心で繰り返す  


たとえ雨が降っても 心まで濡らさない 
たとえ雪が降っても 温もりを忘れない 

辿ってきた 昨日までが あしたへつながる 
踏みしめる 一歩ずつが あしたを切り開く  

posted by to_ma_to at 10:23| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

叫んでみようか♪

風の音が 気になって 
眠れない 眠れないのよ 

部屋の明かり つけたって 
変わらない 変わらないのよ 

月も星も 見えない夜 
狼だって 出てこない 

あなたの名前 叫んでみようか 
冷たい人と 叫んでみようか  


雨の音が 混ざり合い 
騒がしい 騒がしいのよ 

誰の曲を かけたって 
聞こえない 聞こえないのよ 

夢のかけら なくした夜 
狼だって 探せない 

あなたの電話 鳴らしてみようか 
一回限り 鳴らしてみようか  


月も星も 見えない夜 
狼だって 出てこない 

あなたの名前 叫んでみようか 
冷たい人と 叫んでみようか  

posted by to_ma_to at 09:31| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

夜はこれから♪

笑い話を しようか 
聞いてくれたら おごるよ 

帰りたくない気分さ 
つきあってくれるだろう 

今夜は 飲んで歌おう 
夜はこれから はじまる  


ばかなやつらの 話さ 
あきれかえって しまうよ 

すべてをなくして どん底 
明かりさえ見えないのに 

あしたの 風がふくのを 
信じてるって 笑える 


泣きわめいても 悔やんでみても 
ただ一度の 人生だから  


好きな歌でも 歌って 
笑いとばして 乾杯 

こんな出逢いも縁から 
語り明かしてもいいさ 

今夜は 飲んで歌おう 
夜はこれから はじまる  


泣いても泣いても泣いても わめいても
悔やんでみても ただ一度の 人生だから  

泣いてもわめいても 悔やんでみても 
ただ一度の 人生 ただ一度の 人生だから  

posted by to_ma_to at 09:58| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

それでも春は♪

秋の寂しさ わからないでしょう 
風の音さえ 心に沁みる 

はらりはらりと 落ちて行く枯葉 
あの日のように 心が濡れる 

山彦みたいに 呼んでも戻らない 
季節は移ろい 心まで変えた 

それでもそれでも 春は来るよね 
こんな私にも 春は来るよね  


冬の冷たさ わからないでしょう 
空の色さえ 凍えてしまう 

音もないまま 降り積もる雪に 
埋め尽くされて 心が染まる 

流れる星でも 願いは届かない 
ため息つくのが 癖になるなんて 

それでもそれでも 春は来るよね 
こんな私にも 春は来るよね  


山彦みたいに 呼んでも戻らない 
季節は移ろい 心まで変えた 

それでもそれでも 春は来るよね 
こんな私にも 春は来るよね  

posted by to_ma_to at 09:54| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

休息

もうすぐ吐息も 白くなる 
秋なんて束の間 憩いの時 

色づく山々 おいしそう 
あれこれと浮かんでは 笑顔になる 

いつまで 寂しがっているのさ 
恋する乙女に しばしの休息 

なくした恋より もっともっと 
素敵な恋を 見つけるために  


今だけ限定 味わおう 
秋だから心も 潤う時 

せつない想いが 醸し出す 
これからの毎日が 魅力になる 

いつまで 寂しがっているのさ 
恋する乙女に しばしの休息 

哀しい今より もっともっと 
素敵なあすを 楽しむために  


いつまで 寂しがっているのさ 
恋する乙女に しばしの休息 

昨日の君より もっともっと 
素敵な君を はぐくむために  

posted by to_ma_to at 09:50| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

あれれ♪

忘れん坊の 誰かさん 
今日も忘れて あわててる 

メモしてるのに 見てないし 
記憶のかけらも 残ってない 

あれれあれれ あらららら 
うそうそうそそ どうしよう 

リンゴよりも まっかっか 
トマトよりも まっかっか  


忘れん坊の 誰かさん 
何か忘れて 困ってる 

プンスカプンと 怒られて 
謝る理由も チンプンカン 

あれれあれれ あらららら 
うそうそうそそ どうしよう 

バナナよりも まっきっき 
レモンよりも まっきっき  


あれれあれれ あらららら 
うそうそうそそ どうしよう 

リンゴよりも まっかっか 
トマトよりも まっかっか  

posted by to_ma_to at 09:52| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

幸せ気分♪

どんなに小さな 花だって 
見つけてこぼれる 君の笑顔 

見るたびトキメク 僕だって 
思わず笑顔に なっているよ 

どこにでもある 幸せはある 
哀しみの向こうにも きっとある 

空が青いから 海が青いから 
幸せ気分 上昇中  


ひとりじゃ寂しい 夜だって 
心に浮かんだ 君の笑顔 

あふれる温もり 抱きしめて 
優しいあしたの 夢を見るよ 

どこにでもある 幸せはある 
哀しみの向こうにも きっとある 

星が輝いて 月が輝いて 
幸せ気分 上昇中  


どこにでもある 幸せはある 
哀しみの向こうにも きっとある 

君がくれるから 僕にくれるから 
幸せ気分 上昇中  

posted by to_ma_to at 10:50| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

愛がある♪

さよならと 舞い散る花を 
見つめてた 青い空 

花色に 重ねた想い 
寂しさが こみ上げる 

どこにいるの 君は 
ここにいるよ 僕は 

忘れられない 愛がある 
今も消えない 愛がある  


運命に 逆らうすべを 
探してた 流れ星 

暗闇に ほのかな灯り 
せつなさが よみがえる 

どこにいるの 君は 
ここにいるよ 僕は 

壊したくない 夢がある 
今もあせない 夢がある  


どこにいるの 君は 
ここにいるよ 僕は 

君に捧げる 愛がある 
今も変わらぬ 愛がある  

posted by to_ma_to at 11:40| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする