2015年10月01日

それから

飲んで歌って 酔ってしまって 
あとは何をしたか 覚えていない 

花の香り 長い髪から 
誰か笑顔見つめ それから… 

目覚めの悪さ 重い頭 
どんより曇った 空のようで 

想い出せない何か 大切なこと 
それより仕事 行かなくちゃ  


逢えばおはよう なぜか君から 
今日はどこか違う 笑顔が違う 

風に揺れて 髪の香りが 
もしかしたら君に キスした… 

気付いたときの 僕の胸は 
ときめき高鳴り 止まらなくて 

仕事どころじゃないと 君の手を取り 
記憶のかけら 探してた  


それからあとの 君と僕は 
ケンカもするけど 熱く燃えて 

鐘を鳴らすよいつか プロポーズして 
飲み過ぎだけは 要注意  

朗読はこちら


posted by to_ma_to at 09:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。