2017年07月07日

きっと僕が♪

顔あげてみれば やさしさを 
見つけることが できるのに 

うつむいてしまう 悪い癖 
どうしてついて しまったの 

君の吐息が ひとしずく ひとしずく 
こぼれ落ちたら 受け止めて 抱きしめて 

君が忘れた笑顔 きっと僕が 
想い出させてあげる きっと僕が  


夜だって星の ささやきを 
感じることが できるのに 

閉ざされた心 かたくなに 
どうして守り 続けるの 

君の言の葉 ひとひらに ひとひらに 
やどる祈りを 受け止めて 抱きしめて 

君の哀しみすべて きっと僕が 
包み癒やしてあげる きっと僕が  


君の吐息が ひとしずく ひとしずく 
こぼれ落ちたら 受け止めて 抱きしめて 

君が忘れた笑顔 きっと僕が 
想い出させてあげる きっと僕が  



posted by to_ma_to at 11:26| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。