2016年08月12日

風の微笑み♪

どこへ 行こう 

風さえ 冷たい 

この街に 未練はない 

この身ひとつ あればいいのさ 

雲は流れて ゆく  


夢は どこに 

忘れて しまった 

あの街に あるのだろうか 

かわききった 心潤せ 

空は果てなく 続いてる  


どこへ 行けば 

終わりは あるのか 

どの街も 似たようなもの 

強い想い だけでいいのさ 

夢の扉は ひらく  


風もやさしく 微笑む 

風もやさしく 微笑む  

posted by to_ma_to at 14:37| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

どうしてかな♪

空が明るくなって 止みそうだった雨が 
また降ってきたよ どうしてかな 

青い空だけ見たい 我儘言ってみても 
ほら零れ落ちる この雫 

逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて 
子猫のように 震えてる 

からっぽな からっぽな からっぽな 
心に風が 吹き抜ける  


雲が流れるように 薄らぐはずの記憶 
鮮やかなままよ どうしてかな 

忘れ去られたはずの 紫陽花だって咲いて 
また想い出すの あなただけ 

苦しくて 苦しくて 苦しくて 
あしたを見ずに 立ち止まる 

寂しさが 寂しさが 寂しさが 
いつでも胸を しめつける  


逢いたくて 逢いたくて 逢いたくて 
子猫のように 震えてる 

からっぽな からっぽな からっぽな 
心に風が 吹き抜ける  
posted by to_ma_to at 09:43| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

まだ見ぬ夢♪

夢の雫なら たくさん集めて 
あなたのもとへと 運んであげるわ 

あふれる想いと 一緒にほら 
その手でその手で 受け止めてよ 

あ〜星さえ かすむような 
か〜がや く あしたみせて 

まだ見ぬ夢 あなたに抱かれて 
おどりたい 

目と目があったら 心かさねて 
手と手があったら 確かめあって  


時の雫なら こわがらないでね 
あなたとふたりで 飛び越えられるわ 

変わらぬ想いを 信じるだけ 
愛して愛して 愛しぬくの 

あ〜時さえ 止まるような 
や〜けつ く 炎みせて 

まだ見ぬ夢 あなたに抱かれて 
おどりたい 

こぼれる吐息を 空へ帰して 
夢見るあしたに とけあうふたり  


目と目があったら 心かさねて 
手と手があったら 確かめあって  

こぼれる吐息を 空へ帰して 
夢見るあしたに とけあうふたり  


MILKHOUSEさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 09:09| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

月のように♪

夕暮れの丘の上 佇む君 
紅く 紅く 

迫る闇かき分けて 駆けだしても 
遠く 遠く 

消えてゆく 君の姿探し 
さまよい歩く 悪夢さ 

こんな悲しい夢なんて 見たくない 
君をこの手で抱きしめて 離さない離さない 

微笑んで 僕のために 
あの月のように 月のように  


どんな試練があろうとも くじけない 
何があっても君だけは 渡さない渡さない 

微笑んで 僕のために 
あの月のように 月のように  


mckeeさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 11:38| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

ほしいのは今♪

降り止まない雨に 溺れそうな心 
どうかどうか 抱きしめてください 

止まない雨はないと 誰もが言うけれど 
いつかなんて 救いにはならない 

優しさを 温もりを 
ほしいのは今 今この瞬間 

何も言わなくても いいのです 
あなたのその手で いいのです  


まとわりつく闇に 染まりそうな心 
どうかどうか 引き留めてください 

明けない夜はないと 誰もが言うけれど 
いつかなんて 待ちきれるはずない 

優しさを 温もりを 
ほしいのは今 今この瞬間 

何も言わなくても いいのです 
ほのかな灯りで いいのです  


優しさを 温もりを 
ほしいのは今 今この瞬間 

何も言わなくても いいのです 
あなたのその手で いいのです  

posted by to_ma_to at 09:51| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

憶えているのに♪

瞳はいつも さまよって 
あなたの姿 探してる 

私のそばで 笑ってた 
優しい声で 話してた 

昨日のように 憶えているのに 
温もりまでも 憶えているのに 

ひとりぼっちの あしたは 
寂しくて 寂しくて  


心はいつも からっぽで 
勝手に時が 過ぎて行く 

哀しい夢で あったなら 
いつかは覚めて くれるなら 

昨日のように 憶えているのに 
温もりまでも 憶えているのに 

いくら呼んでも あなたは 
遠すぎて 遠すぎて  


昨日のように 憶えているのに 
温もりまでも 憶えているのに 

ひとりぼっちの あしたは 
寂しくて 寂しくて  

posted by to_ma_to at 08:34| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

ピンクロード

二人で歩く ピンクロード 
舞い落ちる花びらが せつなくて 

二人で過ごす メモリアルを 
この胸に抱きしめて 忘れない 

あしたという日が 来ることに 
ありがとうと 伝えよう 

どんな日々にも 終わりがあるなら 
笑顔のままで 覚えていて  


儚く消える ピンクロード 
風が吹くそれだけで 哀しくて 

二人で紡ぐ 夢の虹を 
あの空に架けるまで 守りたい 

あしたという日が 来ることに 
ありがとうと 伝えよう 

何があっても 信じることから 
はだかの心 映し出して  


あしたという日が 来ることに 
ありがとうと 伝えよう 

どんな日々にも 終わりがあるなら 
笑顔のままで 覚えていて  

posted by to_ma_to at 15:56| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月09日

寂しい夜に出会ったら♪

恋は遊びの エッセンス 
誰も本気と 気付かない 

赤いくちびる アクセント 
誰の名前を 呼ぶのやら 

寂しい夜に 出会ったら 
何も言わずに 抱きしめて 

甘い吐息が 聞こえたら 
そっとキスして 離さないで  


愛は刹那の エッセンス 
興味ないわと ウソばかり 

あいた胸元 アクセント 
誰を誘って いるのやら 

寂しい夜に 出会ったら 
何も言わずに 抱きしめて 

胸の高鳴り 感じたら 
時を忘れて 帰らないで  


寂しい夜に 出会ったら 
何も言わずに 抱きしめて 

濡れたまつ毛に 気付いたら 
夢を見させて 胸の中で  

posted by to_ma_to at 12:49| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

遠い夢♪

忙しいから またあとで 
口癖みたいに 言うけれど 

いくら待っても あとはなく 
ため息つくのも くせになる 

瞳に降る降る 花時雨 
心に散る散る 花吹雪 

二人で見たのは いつのこと 
遠い遠い 夢のようね  


見る人もなく 咲く花の 
せつなさわかって ほしいのに 

いくら呼んでも こたえなく 
寂しさ抱きしめ 揺れ惑う 

瞳に降る降る 花時雨 
心に散る散る 花吹雪 

も一度見たいと 願っても 
遠い遠い 夢のようね  


瞳に降る降る 花時雨 
心に散る散る 花吹雪 

優しいあなたを 探しても 
遠い遠い 夢のようね  

posted by to_ma_to at 09:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

君は見たか♪

君は見たか 空のかなた 
海のかなた 風に吹かれ行こう 

忘れた夢なら 想い出せばいい 
心の片隅に 残っているはず 

壊れた夢でも やり直せるさ 
あきらめないで 強く強く願え  


君は見たか 空のかなた 
海のかなた 風に吹かれ行こう 

哀しい夜なら 朝を待てばいい 
光に包まれて 笑顔が浮かぶよ 

激しい雨でも 降りやむものさ 
輝く虹に きっときっと逢える  


君は見たか 空のかなた 
海のかなた 風に吹かれ行こう  


mckeeさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 20:20| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

永遠なんて♪

逢えば別れの 足音が 
密やかに 近づいて 

愛を誓った ふたりにも 
暗い影が 忍び込む 

永遠なんて どこにもないと 
わかっているから 夢を見る 

信じることが あしたの希望 
消えないようにと 抱きしめる  


嘘とまことの 境目が 
ひび割れて くるたびに 

光求めて もがいても 
闇にとけて しまいそう 

永遠なんて どこにもないと 
わかっているから 夢を見る 

愛しき日々に 積もったかけら 
壊れぬようにと 抱きしめる  


永遠なんて どこにもないと 
わかっているから 夢を見る 

信じることが あしたの希望 
消えないようにと 抱きしめる  

posted by to_ma_to at 08:57| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

春色のメロディー♪

どんより曇った 昼下がり 
ただすれ違った 君なのに 

聞こえてきたのは 軽やかな 
春色のメロディー 春の声 

頭の中を ぐるぐると 
オルゴールのように 鳴り響く 

忘れられない ときめきに 
気づけば僕も 歌ってた  


ぽたぽた雨降る 夕暮れに 
ふと立ち止まった 交差点 

重なり合うのは 風の音(ね)か 
春色のメロディー 君の声 

頭の中を ぐるぐると 
オルゴールのように 鳴り響く 

奇跡みたいな 偶然に 
想わず君を 呼び止めた  


頭の中を ぐるぐると 
オルゴールのように 鳴り響く 

君のメロディー 春色の 
あしたを僕に くれたんだ  

posted by to_ma_to at 10:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

眠れない夜のファンタジィ♪

寂しがり屋の 狼が 
月に向かって 吠えた夜 

ひとりぼっちの あのこには 
届いていたと 星がささやく 

眠れない夜の ファンタジィ 
ひとしずくの涙も 流さないで 

いつか逢える その日まで 
あしたを信じて 夜明けを待って  


臆病者の 狼が 
月に向かって 飛んだ夜 

笑顔忘れた あのこにも 
希望の光 見えていたんだ 

眠れない夜の ファンタジィ 
ひとしずくの涙も 流さないで 

逢いに行くよ 今すぐに 
あしたを信じて 夜明けを待って  


眠れない夜の ファンタジィ 
ひとしずくの涙も 流さないで 

夢の扉 ひらくまで 
あしたを信じて 夜明けを待って  

posted by to_ma_to at 10:01| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

笑顔に逢いたくて

君の笑顔が 見たいんだ 
輝く笑顔に 逢いたいよ 

君の笑顔が 壊れたら 
僕の心も こなごなさ 

願いはいつも ただひとつだけ 
他には何も 何もいらない 

君の笑顔に つつまれて 
僕は夢を 夢を見たいのさ  


君の笑顔が 消えたんだ 
つぶらな瞳に 影が差す 

君の笑顔が 戻るなら 
僕は何でも 耐えられる 

願いはいつも ただひとつだけ 
他には何も 何もいらない 

君の笑顔を 映しだす 
僕が笑顔 笑顔忘れてた  


願いはいつも ただひとつだけ 
他には何も 何もいらない 

君の笑顔に 逢いたくて 
僕は愛を 愛を降り注ぐ  

posted by to_ma_to at 10:14| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

春よ こんにちは♪

遠ざかる 冬の足音 
忍ばせて 雨が降る 

どこか寂しくて だけどうれしそうな 
いつかの君の 笑顔のように 

冬よ さようなら 
春よ こんにちは 

こんなつぶやき 聞こえたら 
君はどんな顔 するのだろう  


感じてる 春の息吹 
あまやかな 風が吹く 

どこかせつなくて だけど待ち焦がれた 
あふれる僕の ときめきみたい  

冬よ ありがとう 
春よ よろしくね 

そっと抱きしめ キスしたら 
君はどんな顔 するのだろう  


冬よ ありがとう 
春よ よろしくね 

そっと抱きしめ キスしたら 
君はどんな顔 するのだろう  

posted by to_ma_to at 09:15| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

巡り会う時♪

それは哀しみの歌か 昨日の夢か 
それは偽りの言葉 それとも祈り 

もう逢えないと 見送った背中 
ひとりたたずむ丘に 吹きぬける風 

ひとひらの 花びらが 
静かに こぼれ落ちた  


それは新たなる旅か あしたの希望 
それは想い出の色に 染まったあかし 

もう泣かないと 振り切った想い 
ひとり見上げる空に 弧を描く鳥 

降り注ぐ 温もりが 
すべてを 包みこんだ  


それは愛しさの炎 消えないままに 
それは懐かしい響き ふたりのメロディ 

もう止まらない とけあった未来 
誰が描いた奇跡 巡り会う時 

舞い落ちる 花吹雪 
ふたりを 祝うように  

posted by to_ma_to at 21:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

桜咲いたら

最後の春は 窓の外 
ながめることも できないまま 

涙のように 花は散り 
あなたは遥か 空の上 

ウグイスが 鳴くのです 
春が来たと 鳴くのです 

桜咲いたら 見に行きましょうか 
想い出の公園に でかけましょうか  


季節は巡り 春の雨 
雨音だって 飛び跳ねてる 

寂しさ胸に 募らせて 
私は今も 冬のよう 

ウグイスが鳴くのです 
春が来たと鳴くのです 

桜咲いたら 変われるのかしら 
想い出に泣かないで いられるかしら  


ウグイスが 鳴くのです 
春が来たと 鳴くのです 

桜咲いたら 見に行きましょうか 
想い出の公園に でかけましょうか  

posted by to_ma_to at 12:05| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

嘘つきな優しさ

あなたといるより ひとりのほうが 
寂しくないのよ おかしいでしょう 

抱きしめられても 心は寒く 
震えてしまうの どうしてかしら 

あなただけを 見つめているのに 
あなただけを 望んでいるのに 

嘘つきな優しさは 残酷なだけ 
未練地獄に 落としてるだけ  


あなたの心に 住みつく誰か 
わかっているのよ 隠していても 

囁く言葉に ときめくはずが 
哀しくなるのよ どうしてかしら 

あなただけを 見つめているのに 
あなただけを 望んでいるのに 

苦しみの連鎖から 解き放してよ 
愛がさめたと 突き放してよ  


あなただけを 見つめているのに 
あなただけを 望んでいるのに 

嘘つきな優しさは 残酷なだけ 
未練地獄に 落としてるだけ  

posted by to_ma_to at 09:26| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

春の心♪

風が優しく 感じるなんて 
冬はどこへ 行ったのだろう 

雲の白さが 際立つなんて 
春がそこに 見えてるみたい 

哀しみにくれてた 季節が巡り 
穏やかな日々に 心を戻す 

あなたのいない 春だけど 
笑顔で迎えても いいですか  


桜咲くのを 待ってるなんて 
冬の心 とけたのだろう 

空の青さに ときめくなんて 
春の心 戻ったみたい 

寂しさにうもれた 闇夜が明けて 
爽やかな日差し 心を照らす 

あなたのいない 春だけど 
あしたを抱きしめて いいですか  


哀しみにくれてた 季節が巡り 
穏やかな日々に 心を戻す 

あなたのいない 春だけど 
笑顔で迎えても いいですか  

posted by to_ma_to at 08:52| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

雨だから♪

雨だからって がっかりしないで 
雨だからこそ 君のそばにいられる 

雨だからって 楽しみ見つけて 
雨だからねえ 君に甘えたくなる 

今日の空は お休みモード 
たまにはいいじゃない ゆっくりしてもらって 

あしたの青空 期待しよう 
僕は君の笑顔だけ あればいい  


雨だからって 退屈させない 
雨だからこそ 夢の話しようよ 

雨だからって くつろぎまどろみ 
雨だからねえ 君を独り占めする 

月と星は どこかでデート 
たまにはいいじゃない 仲良くしてもらって 

あしたの夜空を 期待しよう 
僕は君の温もりが あればいい  


今日の空は お休みモード 
たまにはいいじゃない ゆっくりしてもらって 

あしたの青空 期待しよう 
僕は君の笑顔だけ あればいい  

posted by to_ma_to at 11:42| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする