2016年04月03日

君は見たか♪

君は見たか 空のかなた 
海のかなた 風に吹かれ行こう 

忘れた夢なら 想い出せばいい 
心の片隅に 残っているはず 

壊れた夢でも やり直せるさ 
あきらめないで 強く強く願え  


君は見たか 空のかなた 
海のかなた 風に吹かれ行こう 

哀しい夜なら 朝を待てばいい 
光に包まれて 笑顔が浮かぶよ 

激しい雨でも 降りやむものさ 
輝く虹に きっときっと逢える  


君は見たか 空のかなた 
海のかなた 風に吹かれ行こう  


mckeeさん作曲・歌
posted by to_ma_to at 20:20| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

永遠なんて♪

逢えば別れの 足音が 
密やかに 近づいて 

愛を誓った ふたりにも 
暗い影が 忍び込む 

永遠なんて どこにもないと 
わかっているから 夢を見る 

信じることが あしたの希望 
消えないようにと 抱きしめる  


嘘とまことの 境目が 
ひび割れて くるたびに 

光求めて もがいても 
闇にとけて しまいそう 

永遠なんて どこにもないと 
わかっているから 夢を見る 

愛しき日々に 積もったかけら 
壊れぬようにと 抱きしめる  


永遠なんて どこにもないと 
わかっているから 夢を見る 

信じることが あしたの希望 
消えないようにと 抱きしめる  

posted by to_ma_to at 08:57| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

春色のメロディー♪

どんより曇った 昼下がり 
ただすれ違った 君なのに 

聞こえてきたのは 軽やかな 
春色のメロディー 春の声 

頭の中を ぐるぐると 
オルゴールのように 鳴り響く 

忘れられない ときめきに 
気づけば僕も 歌ってた  


ぽたぽた雨降る 夕暮れに 
ふと立ち止まった 交差点 

重なり合うのは 風の音(ね)か 
春色のメロディー 君の声 

頭の中を ぐるぐると 
オルゴールのように 鳴り響く 

奇跡みたいな 偶然に 
想わず君を 呼び止めた  


頭の中を ぐるぐると 
オルゴールのように 鳴り響く 

君のメロディー 春色の 
あしたを僕に くれたんだ  

posted by to_ma_to at 10:12| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

眠れない夜のファンタジィ♪

寂しがり屋の 狼が 
月に向かって 吠えた夜 

ひとりぼっちの あのこには 
届いていたと 星がささやく 

眠れない夜の ファンタジィ 
ひとしずくの涙も 流さないで 

いつか逢える その日まで 
あしたを信じて 夜明けを待って  


臆病者の 狼が 
月に向かって 飛んだ夜 

笑顔忘れた あのこにも 
希望の光 見えていたんだ 

眠れない夜の ファンタジィ 
ひとしずくの涙も 流さないで 

逢いに行くよ 今すぐに 
あしたを信じて 夜明けを待って  


眠れない夜の ファンタジィ 
ひとしずくの涙も 流さないで 

夢の扉 ひらくまで 
あしたを信じて 夜明けを待って  

posted by to_ma_to at 10:01| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

笑顔に逢いたくて

君の笑顔が 見たいんだ 
輝く笑顔に 逢いたいよ 

君の笑顔が 壊れたら 
僕の心も こなごなさ 

願いはいつも ただひとつだけ 
他には何も 何もいらない 

君の笑顔に つつまれて 
僕は夢を 夢を見たいのさ  


君の笑顔が 消えたんだ 
つぶらな瞳に 影が差す 

君の笑顔が 戻るなら 
僕は何でも 耐えられる 

願いはいつも ただひとつだけ 
他には何も 何もいらない 

君の笑顔を 映しだす 
僕が笑顔 笑顔忘れてた  


願いはいつも ただひとつだけ 
他には何も 何もいらない 

君の笑顔に 逢いたくて 
僕は愛を 愛を降り注ぐ  

posted by to_ma_to at 10:14| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

春よ こんにちは♪

遠ざかる 冬の足音 
忍ばせて 雨が降る 

どこか寂しくて だけどうれしそうな 
いつかの君の 笑顔のように 

冬よ さようなら 
春よ こんにちは 

こんなつぶやき 聞こえたら 
君はどんな顔 するのだろう  


感じてる 春の息吹 
あまやかな 風が吹く 

どこかせつなくて だけど待ち焦がれた 
あふれる僕の ときめきみたい  

冬よ ありがとう 
春よ よろしくね 

そっと抱きしめ キスしたら 
君はどんな顔 するのだろう  


冬よ ありがとう 
春よ よろしくね 

そっと抱きしめ キスしたら 
君はどんな顔 するのだろう  

posted by to_ma_to at 09:15| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

巡り会う時♪

それは哀しみの歌か 昨日の夢か 
それは偽りの言葉 それとも祈り 

もう逢えないと 見送った背中 
ひとりたたずむ丘に 吹きぬける風 

ひとひらの 花びらが 
静かに こぼれ落ちた  


それは新たなる旅か あしたの希望 
それは想い出の色に 染まったあかし 

もう泣かないと 振り切った想い 
ひとり見上げる空に 弧を描く鳥 

降り注ぐ 温もりが 
すべてを 包みこんだ  


それは愛しさの炎 消えないままに 
それは懐かしい響き ふたりのメロディ 

もう止まらない とけあった未来 
誰が描いた奇跡 巡り会う時 

舞い落ちる 花吹雪 
ふたりを 祝うように  

posted by to_ma_to at 21:11| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

桜咲いたら

最後の春は 窓の外 
ながめることも できないまま 

涙のように 花は散り 
あなたは遥か 空の上 

ウグイスが 鳴くのです 
春が来たと 鳴くのです 

桜咲いたら 見に行きましょうか 
想い出の公園に でかけましょうか  


季節は巡り 春の雨 
雨音だって 飛び跳ねてる 

寂しさ胸に 募らせて 
私は今も 冬のよう 

ウグイスが鳴くのです 
春が来たと鳴くのです 

桜咲いたら 変われるのかしら 
想い出に泣かないで いられるかしら  


ウグイスが 鳴くのです 
春が来たと 鳴くのです 

桜咲いたら 見に行きましょうか 
想い出の公園に でかけましょうか  

posted by to_ma_to at 12:05| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

嘘つきな優しさ

あなたといるより ひとりのほうが 
寂しくないのよ おかしいでしょう 

抱きしめられても 心は寒く 
震えてしまうの どうしてかしら 

あなただけを 見つめているのに 
あなただけを 望んでいるのに 

嘘つきな優しさは 残酷なだけ 
未練地獄に 落としてるだけ  


あなたの心に 住みつく誰か 
わかっているのよ 隠していても 

囁く言葉に ときめくはずが 
哀しくなるのよ どうしてかしら 

あなただけを 見つめているのに 
あなただけを 望んでいるのに 

苦しみの連鎖から 解き放してよ 
愛がさめたと 突き放してよ  


あなただけを 見つめているのに 
あなただけを 望んでいるのに 

嘘つきな優しさは 残酷なだけ 
未練地獄に 落としてるだけ  

posted by to_ma_to at 09:26| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

春の心♪

風が優しく 感じるなんて 
冬はどこへ 行ったのだろう 

雲の白さが 際立つなんて 
春がそこに 見えてるみたい 

哀しみにくれてた 季節が巡り 
穏やかな日々に 心を戻す 

あなたのいない 春だけど 
笑顔で迎えても いいですか  


桜咲くのを 待ってるなんて 
冬の心 とけたのだろう 

空の青さに ときめくなんて 
春の心 戻ったみたい 

寂しさにうもれた 闇夜が明けて 
爽やかな日差し 心を照らす 

あなたのいない 春だけど 
あしたを抱きしめて いいですか  


哀しみにくれてた 季節が巡り 
穏やかな日々に 心を戻す 

あなたのいない 春だけど 
笑顔で迎えても いいですか  

posted by to_ma_to at 08:52| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

雨だから♪

雨だからって がっかりしないで 
雨だからこそ 君のそばにいられる 

雨だからって 楽しみ見つけて 
雨だからねえ 君に甘えたくなる 

今日の空は お休みモード 
たまにはいいじゃない ゆっくりしてもらって 

あしたの青空 期待しよう 
僕は君の笑顔だけ あればいい  


雨だからって 退屈させない 
雨だからこそ 夢の話しようよ 

雨だからって くつろぎまどろみ 
雨だからねえ 君を独り占めする 

月と星は どこかでデート 
たまにはいいじゃない 仲良くしてもらって 

あしたの夜空を 期待しよう 
僕は君の温もりが あればいい  


今日の空は お休みモード 
たまにはいいじゃない ゆっくりしてもらって 

あしたの青空 期待しよう 
僕は君の笑顔だけ あればいい  

posted by to_ma_to at 11:42| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

気づいて♪

片想いだって 恋は恋でしょう 
切なく星を 見つめる日もある 

口にするだけで 壊れそうだから 
小さな胸に しまっているのよ 

見つめて見つめて 私だけを 
気づいて気づいて この気持ち 

つれない瞳にどうか 映してください 
飛び切りの笑顔で 魅せるから  


両想いにって 夢は夢でしょう 
あなたの好きな タイプじゃないもの 

奇跡でも起きて ふたりきりなんて 
チャンスはきっと 来るはずないのよ 

見つめて見つめて 私だけを 
気づいて気づいて この気持ち 

挨拶でもいいどうか ひと言ください 
一日中元気に なれるから  


見つめて見つめて 私だけを 
気づいて気づいて この気持ち 

あふれる想いにどうか 優しさください 
幸せのかけらが 増えるから  

posted by to_ma_to at 09:58| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

壊れたハート♪

壊れたハートは どこに捨てよう 
見つめることさえ 哀しくなる 

想いはあなたも 同じはずだと 
信じていたのが  間違いだった   

熱に浮かされ 見えてなかった 
恋する瞳は 曇りガラス 

優しい言葉 かけてくれたよね 
優しい笑顔で 見つめてくれたよね  


ときめくハートの 夢が消えたの 
痛みに涙が あふれてくる 

笑顔のあなたに 逢えずじまいね 
困らすつもりは なかったのにね 

熱に浮かされ 見えてなかった 
恋する瞳は 曇りガラス 

優しく頭 なでてくれたよね 
優しくこの手を 握ってくれたよね  


熱に浮かされ 見えてなかった 
恋する瞳は 曇りガラス 

優しい言葉 かけてくれたよね 
優しい笑顔で 見つめてくれたよね  

posted by to_ma_to at 09:55| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

ドキドキバレンタイン

所狭しと並ぶ チョコレート 
どれにしようか 迷うのも楽しい 

あなた好みと決めて ラッピング 
想い届ける 準備は完了 

ドキドキバレンタイン 高鳴る胸の音 
ドキドキバレンタイン せつなく過ぎる時 

お願いどうか 笑顔で受け止めて 
小さな勇気 甘い口づけで  


どこであなたに渡す チョコレート 
どこか待ち伏せ 駆け引きも必要 

それとなく聞く予定 サプライズ 
きっと伝わる 信じて決行 

ドキドキバレンタイン 高鳴る胸の音 
ドキドキバレンタイン せつなく過ぎる時 

お願いどうか つれなくしないでね 
膨らむ夢を そっと抱きしめて  


ドキドキバレンタイン 高鳴る胸の音 
ドキドキバレンタイン せつなく過ぎる時 

お願いどうか 笑顔で受け止めて 
小さな勇気 甘い口づけで  

posted by to_ma_to at 09:43| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

嘘つき♪

今さっき 困った顔 してたでしょう 
普通なら 見逃すレベルの くもり顔 

早変わり 笑顔でなら ごまかせると 
甘いわね 作り笑いが バレバレよ 

あなたにまとわりつく 甘い香り 
気付かない人なんて どこにもいない 

心変わりは 仕方がないけれど 
嘘つきなあなたなんて 見たくなかった  


ついさっき 頼んだのに うわの空ね 
想い出し 笑いだなんてさ よそでして 

ぬけがらの 心見せて 平気なんだ 
哀しみに 溺れそうだと わかってよ 

あなたを信じたくて バカな私 
気付かないふりしても 取り戻せない 

心変わりは 仕方がないけれど 
嘘つきなあなたなんて 見たくなかった  


あなたにまとわりつく 甘い香り 
気付かない人なんて どこにもいない 

心変わりは 仕方がないけれど 
嘘つきなあなたなんて 見たくなかった  

posted by to_ma_to at 09:47| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

愛する力

晴れのち急な 雨が降る 
どんより空が 暗くなる 

あれこれわけを 探しても 
正解には たどり着けない 

新幹線でも 飛行機でも 
君の気分に 追いつけない 

透視能力や 千里眼 
いますぐにでも ほしくなる  


気付いた時は 遅すぎる 
真っ暗闇に ただひとり 

わずかな時を 見逃して 
遥かなミス やっちまってる 

ジェット機だろうと ロケットでも 
君を知るには 間に合わない 

予知能力や テレパシー 
なんだっていい わかるなら  


息つく暇さえ どこにもない 
君の心を 抱きしめたい 

愛する力 振り絞り 
先回りして つかまえる  

posted by to_ma_to at 12:27| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

見届けるまで♪

そばにいてくれるだけで いいよ いいんだ 
何も望んだり しない しないよ 

たとえ泣き濡れていても いいよ いいんだ 
涙受け止めて あげる あげるよ 

どんなときでも 君を守ると 
約束した 遠い日の 小指の温もり 

忘れない 忘れない いつまでも 
君の幸せ 見届けるまで  


心から笑顔ならば いいよ いいんだ 
曇らないように 祈る 祈るよ 

いつか抱きしめてくれる 人が できたら 
胸に飛び込んで 行きな 行きなよ 

何があっても 君のためなら 
受け入れるよ 空よりも 両手を広げて 

変わらない 変わらない いつまでも 
君の幸せ 見届けるまで  


どんなときでも 君を守ると 
約束した 遠い日の 小指の温もり 

忘れない 忘れない いつまでも 
君の幸せ 見届けるまで  

posted by to_ma_to at 10:36| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

想い出だけを抱きしめて♪

ひとりぼっちの 涙はいつか 
白い雪になって 降り積もる 

あふれそうな 泉はいつか 
凍てつく寒さに 時を止める 

喜び哀しみ 駆け巡った季節が 
今はもう 遠い昔のようです 

このまま眠りについても いいですか 
想い出だけを 抱きしめて  


夢を見ていた 心はいつか 
青い空にそっと 恋をした 

風に揺れる 想いはいつか 
扉を閉ざして 闇に沈む 

ときめききらめき 恋い焦がれた季節が 
今はもう 胸をせつなくするだけ 

このまま眠りについても いいですか 
想い出だけを 抱きしめて  


喜び哀しみ 駆け巡った季節が 
今はもう 遠い昔のようです 

このまま眠りについても いいですか 
想い出だけを 抱きしめて  

posted by to_ma_to at 13:08| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

色づく街♪

なにもかもが 白い朝 
この街は 凍えてる 

突き刺す風に 顔をしかめて 
うつむき歩く 人の波 

おはようの声に 振り向けば 
朝の日差しと 春色の笑顔 

赤いくちびる 悩ましい 
君は無邪気に 話しかける  


すべて隠す 白い雪 
この街は 怯えてる 

かじかむ指に 口をとがらせ 
スマフォに見入る 人ばかり 

遅れるとこの手 握りしめ 
駆けて行く君 胸元が揺れる 

白い吐息も 愛おしい 
君はひだまり 感じさせる 


間に合ったなんて ブイサイン 
だして喜ぶ 飾らない素顔 

白い街さえ 色づいて 
君はいつでも 魅せてくれる  

posted by to_ma_to at 20:25| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

つかまえてください♪

糸の切れた凧みたいに さまようばかり 
行く着く先なんて どこにもない 

日が昇れば朝がきて 沈めば夜になる 
繰り返す日々に 何が残る 

あしたの夢は 霧のかなた 
昨日の夢は 涙雨 

つかまえてください 露と消え去る前に 
導いてください 光の中へと  


帰る場所があるからこそ はばたく想い 
揺らいだ足もとに 広がる闇 

振り返れば花もなく 冷たい風が吹く 
空しさを抱いて 時が巡る 

あしたの夢は 霧のかなた 
昨日の夢は 涙雨 

つかまえてください 目覚めなくなる前に 
連れ出してください 孤独の中から  


あしたの夢は 霧のかなた 
昨日の夢は 涙雨 

つかまえてください 露と消え去る前に 
導いてください 光の中へと  

posted by to_ma_to at 20:24| Comment(0) | ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする